98件中 11 - 20件表示
  • 纒向遺跡

    纒向遺跡から見た森浩一

    森浩一編 『日本の古代 5 前方後円墳の世紀』 中央公論社、1986年8月。ISBN 4-12-402538-6纒向遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 纒向遺跡

    纒向遺跡から見た欽明天皇

    周囲には5世紀の雄略天皇の長谷(泊瀬)朝倉宮、6世紀の欽明天皇の師木(磯城)島大宮(金刺宮)などの宮もみられる。纒向遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 纒向遺跡

    纒向遺跡から見た肥後和男

    肥後和男 「邪馬台国は大和である」 秋田書店『歴史と旅』平成8年8月号。纒向遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 纒向遺跡

    纒向遺跡から見た倭迹迹日百襲姫命

    遺跡内に箸墓古墳があり、倭迹迹日百襲姫命(モモソヒメ)の墓との伝承を持つが、これは墳丘長280mにおよぶ巨大前方後円墳である。それに先駆けて築造された墳丘長90m前後の「纒向型前方後円墳」も3世紀においては日本列島最大の墳丘規模を持っており、ヤマト王権最初の大王墓である。纒向型前方後円墳は各地にも築造されており、政治的関係で結ばれていたとも考えられている。纒向遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 纒向遺跡

    纒向遺跡から見た白石太一郎

    この説に対しては懐疑的な意見も多いが、考古学者のなかには最古の巨大前方後円墳が箸墓古墳であることから箸墓は卑弥呼の墓であっても不自然はないとの白石太一郎らの見解がある。ちなみに箸墓古墳の後円部の大きさは直径約160mであり、『魏志』倭人伝の「卑彌呼死去 卑彌呼以死 大作冢 徑百余歩」の記述に一致している。纒向遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 纒向遺跡

    纒向遺跡から見た寺沢薫

    寺沢薫 「ヤマト王権の誕生-王都・纒向遺跡とその古墳」 奈良文化財研究所編 / 佐原真+ウェルナー・シュタインハウス監修『日本の考古学 下』学生社、2005年12月。ISBN 4-311-75035-8纒向遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 纒向遺跡

    纒向遺跡から見た佐原真

    寺沢薫 「ヤマト王権の誕生-王都・纒向遺跡とその古墳」 奈良文化財研究所編 / 佐原真+ウェルナー・シュタインハウス監修『日本の考古学 下』学生社、2005年12月。ISBN 4-311-75035-8纒向遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 纒向遺跡

    纒向遺跡から見た和田萃

    和田萃 『大系 日本の歴史2 古墳の時代』 小学館、1999年4月。ISBN 4-166-60036-2纒向遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 纒向遺跡

    纒向遺跡から見た泊瀬朝倉宮

    周囲には5世紀の雄略天皇の長谷(泊瀬)朝倉宮、6世紀の欽明天皇の師木(磯城)島大宮(金刺宮)などの宮もみられる。纒向遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 纒向遺跡

    纒向遺跡から見たイノシシ

    纒向遺跡発掘に携わった奈良県桜井市教育委員会は、遺跡の3世紀に掘られた穴「土坑」から桃のタネ約2,000個が見つかったと2010年(平成22年)に発表した。桃の実は古代祭祀においては供物として使われており、1ヶ所で出土したタネ数としては国内最多である。また2011年(平成23年)には、この遺跡からマダイ、アジ、サバ、コイなど6種類以上の魚の骨やウロコを確認した。動物もイノシシやシカ、カモの骨など千数百点が見つかったと発表した。これらは食料ではなく、供物であったと考えられている。纒向遺跡 フレッシュアイペディアより)

98件中 11 - 20件表示

「纒向遺跡」のニューストピックワード