前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
118件中 1 - 10件表示
  • 上地 雄輔

    上地雄輔から見た羞恥心 (ユニット)羞恥心 (ユニット)

    上地 雄輔(かみじ ゆうすけ、1979年4月18日 - )は、日本の俳優、タレント、歌手、作詞家。音楽ユニット「羞恥心」の「心」・アラジンのメンバー。神奈川県横須賀市出身。身長178cm、体重70kg。所属事務所はジャパン・ミュージックエンターテインメント。愛称は「ゆうちゃん」「ゆうにい」「心君」など。アーティスト名は「遊助」、企画や原案を担当した作品や特別・友情出演の際に「神児遊助」名義で出演することがある。上地雄輔 フレッシュアイペディアより)

  • 第60回NHK紅白歌合戦

    第60回NHK紅白歌合戦から見た羞恥心 (ユニット)羞恥心 (ユニット)

    FUNKY MONKEY BABYSの歌唱前には応援ゲストとして歌唱曲「ヒーロー」のPVに出演した当時日本テレビアナウンサーの羽鳥慎一が紹介テロップ付で出演、応援メッセージを述べたほか、仲間・中居とのトークも行われた(中居に「民放の方じゃないですか」と言われていた)。民放の現役アナウンサーの紅白出演は前回フジテレビアナウンサーの中村仁美が『クイズ!ヘキサゴンII』で共演する羞恥心 With Paboの応援でヘキサゴンオールスターズと評される番組出演者と一緒にバックダンサーとして出演して以来2人目だが、男性アナウンサーでは初めてであり、さらに紹介テロップ付でコメントも出した上の出演は今回の羽鳥が初めて(中村はバックダンサーのみの出演で、コメント出しはなく、他のヘキサゴンオールスターズのメンバーと違い紹介テロップはなかった)。この出演に関して、FUNKY MОNKEY BABYSの初出場にあたり、彼らを密着する企画で羽鳥がついて行ったところ、NHKスタッフから「羽鳥さんも出ちゃえば?」との厚意により出演に至ったことを羽鳥本人が語っている。第60回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • Pabo

    Paboから見た羞恥心 (ユニット)羞恥心 (ユニット)

    後発の男性3人組ユニット・羞恥心とは違い、『クイズ!ヘキサゴンII』を離れた場で個々が単独の活動する場合に「Paboの○○」と扱われることは当初からあまりなかった(各メンバーの恋愛や結婚に関する芸能ニュースが続いた頃に「同じPaboのメンバーの…」と引き合いに出される機会があった程度である)。Pabo フレッシュアイペディアより)

  • 2008 FNS歌謡祭

    2008 FNS歌謡祭から見た羞恥心 (ユニット)羞恥心 (ユニット)

    『クイズ!ヘキサゴンII』からアラジン(羞恥心・Pabo)が出演。また、彼らのプロデュースを務めるカシアス島田がVTR出演し、2009年1月2日放送の『ヘキサゴンII』の3時間SPを以って羞恥心の歌手としての活動を「羞恥心ファーストステージ」と銘打って終了することを発表した。2008 FNS歌謡祭 フレッシュアイペディアより)

  • 二人三脚 (misonoの曲)

    二人三脚 (misonoの曲)から見た羞恥心 (ユニット)羞恥心 (ユニット)

    『クイズ!ヘキサゴンII』で共演する羞恥心のセカンドシングル「泣かないで」と同じ日のリリースであり、同番組において紹介された。二人三脚 (misonoの曲) フレッシュアイペディアより)

  • 羞恥心 (曲)

    羞恥心 (曲)から見た羞恥心 (ユニット)羞恥心 (ユニット)

    「羞恥心」(しゅうちしん)は、羞恥心の1枚目のシングル。2008年4月9日にポニーキャニオンのレーベル・FLIGHT MASTERから発売された。羞恥心 (曲) フレッシュアイペディアより)

  • 中村仁美

    中村仁美から見た羞恥心 (ユニット)羞恥心 (ユニット)

    2008年12月31日、『第59回NHK紅白歌合戦』の裏番組である『FNS2008年クイズ!!』で、NHK近くのスタジオやNHK内通路から、『クイズ!ヘキサゴンII』で共演している羞恥心 with Paboのレポーターとして中継を行うとともに、紅白歌合戦にも、応援ゲストとして、ヘキサゴンマークの旗を持ちながら、フジテレビの目玉マークと「代表」の文字がプリントされたTシャツを着て出演した(ただし、他の応援ゲストと異なり、紹介テロップは出なかった)。民放の現役アナウンサーがNHK紅白歌合戦に出演するのはこれが初めての出来事であった。中村仁美 フレッシュアイペディアより)

  • つるのうた

    つるのうたから見た羞恥心 (ユニット)羞恥心 (ユニット)

    フジテレビ系『第11回お笑い芸人歌がうまい王座決定戦スペシャル』内で「M」を歌った時にくりぃむしちゅー有田哲平に「つるのくん、カバーアルバム出せば」と言われ、つるのは「今は羞恥心があるので」と冗談交じりで返したが、2008年12月13日の羞恥心のイベントで上地雄輔とともにソロでのCD発売を発表した。また、羞恥心のプロデューサーである島田紳助からは「人の歌を歌うのは難しい」と反対されていたと、雑誌で語っている。つるのうた フレッシュアイペディアより)

  • 悲愴感

    悲愴感から見た羞恥心 (ユニット)羞恥心 (ユニット)

    本家の羞恥心との共通点は、悲愴感 フレッシュアイペディアより)

  • 三浦亨

    三浦亨から見た羞恥心 (ユニット)羞恥心 (ユニット)

    2008年、『クイズ!ヘキサゴンII』から生まれたユニット羞恥心の「羞恥心」の振り付けを担当。この曲以後、ヘキサゴン関係の曲の振り付けのほとんどを担当している。同年の『第59回NHK紅白歌合戦』で羞恥心 with Pabo「羞恥心〜陽は、また昇る 紅白スペシャル」の振り付けを担当、バックダンサーとして出演もした。2009年には遊助(上地雄輔)の楽曲「海賊船」のPVに出演している。三浦亨 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
118件中 1 - 10件表示

「羞恥心」のニューストピックワード