前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
113件中 1 - 10件表示
  • 上地雄輔

    上地雄輔から見た羞恥心 (ユニット)羞恥心 (ユニット)

    1999年に俳優として芸能界デビュー。2007年に「おバカタレント」としてブレイクし、2008年に音楽ユニット羞恥心・アラジンのメンバーとしても活動。2009年3月11日に遊助名義で自らが作詞した「ひまわり」でソロデビュー。父は元横須賀市議会議員(4期)で横須賀市長(2017年7月10日就任、現職)の上地克明。上地雄輔 フレッシュアイペディアより)

  • Pabo

    Paboから見た羞恥心 (ユニット)羞恥心 (ユニット)

    後発の男性3人組ユニット・羞恥心とは違い、『クイズ!ヘキサゴンII』を離れた場で個々が単独の活動する場合に「Paboの○○」と扱われることは当初からあまりなかった(各メンバーの恋愛や結婚に関する芸能ニュースが続いた頃に「同じPaboのメンバーの…」と引き合いに出される機会があった程度である)。Pabo フレッシュアイペディアより)

  • 第60回NHK紅白歌合戦

    第60回NHK紅白歌合戦から見た羞恥心 (ユニット)羞恥心 (ユニット)

    FUNKY MONKEY BABYSの歌唱前には応援ゲストとして歌唱曲「ヒーロー」のPVに出演した当時日本テレビアナウンサーの羽鳥慎一が紹介テロップ付で出演、応援メッセージを述べたほか、仲間・中居とのトークも行われた(中居に「民放の方じゃないですか」と言われていた)。民放の現職アナウンサーの紅白出演は前回当時フジテレビ所属の中村仁美が『クイズ!ヘキサゴンII』で共演する羞恥心 With Paboの応援でヘキサゴンオールスターズと評される番組出演者と一緒にバックダンサーとして出演して以来2人目だが、男性アナウンサーでは初めてであり、さらに紹介テロップ付でコメントも出した上の出演は今回の羽鳥が初めて(中村はバックダンサーのみの出演で、コメント出しはなく、他のヘキサゴンオールスターズのメンバーと違い紹介テロップはなかった)。第60回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • フレンズ (ユニット)

    フレンズ (ユニット)から見た羞恥心 (ユニット)羞恥心 (ユニット)

    2009年、島田紳助が当年度の『FNSの日』の総合司会を担当することとなり、番組のテーマソングも『クイズ!ヘキサゴンII』発のユニットが担当する発表された。前2008年に「羞恥心」のリーダーとして活躍したつるの剛士と2009年から番組常連となった俳優の崎本大海による男性ユニットが結成され、『FNSの日26時間テレビ2009 超笑顔パレード 爆笑!お台場合宿!!』のテーマソング「泣いてもいいですか」でデビュー。フレンズ (ユニット) フレッシュアイペディアより)

  • 二人三脚 (misonoの曲)

    二人三脚 (misonoの曲)から見た羞恥心 (ユニット)羞恥心 (ユニット)

    『クイズ!ヘキサゴンII』で共演する羞恥心のセカンドシングル「泣かないで」と同じ日のリリースであり、同番組において紹介された。二人三脚 (misonoの曲) フレッシュアイペディアより)

  • 三浦亨

    三浦亨から見た羞恥心 (ユニット)羞恥心 (ユニット)

    2008年、『クイズ!ヘキサゴンII』から生まれたユニット羞恥心の「羞恥心」の振り付けを担当。この曲以後、ヘキサゴン関係の曲の振り付けのほとんどを担当している。同年の『第59回NHK紅白歌合戦』で羞恥心 with Pabo「羞恥心〜陽は、また昇る 紅白スペシャル」の振り付けを担当、バックダンサーとして出演もした。2009年には遊助(上地雄輔)の楽曲「海賊船」のPVに出演している。三浦亨 フレッシュアイペディアより)

  • WE LOVE ヘキサゴン 2011

    WE LOVE ヘキサゴン 2011から見た羞恥心 (ユニット)羞恥心 (ユニット)

    ジャケット写真では初めて集合写真スタイルのものが使われた。参加者全員の写真に加えて、前作と同様にアルバム参加のない羞恥心の野久保直樹に相当するアニメキャラクター「恥(ち)」と、番組キャラクター「ヘキサくん」「ゴンちゃん」がジャケットに記載されている。WE LOVE ヘキサゴン 2011 フレッシュアイペディアより)

  • つるのうた

    つるのうたから見た羞恥心 (ユニット)羞恥心 (ユニット)

    フジテレビ系『第11回お笑い芸人歌がうまい王座決定戦スペシャル』内で「M」を歌った時にくりぃむしちゅー有田哲平に「つるのくん、カバーアルバム出せば」と言われ、つるのは「今は羞恥心があるので」と冗談交じりで返したが、2008年12月13日の羞恥心のイベントで上地雄輔とともにソロでのCD発売を発表した。また、羞恥心のプロデューサーである島田紳助からは「人の歌を歌うのは難しい」と反対されていたと、雑誌で語っている。つるのうた フレッシュアイペディアより)

  • 陽は、また昇る

    陽は、また昇るから見た羞恥心 (ユニット)羞恥心 (ユニット)

    「陽は、また昇る」(ひは、またのぼる)は、『クイズ!ヘキサゴンII』から生まれたユニット・アラジンのシングル。または、羞恥心とPaboのコラボレーションシングル。2008年7月30日によしもとアール・アンド・シーから発売された。陽は、また昇る フレッシュアイペディアより)

  • クイズ!ヘキサゴンII

    クイズ!ヘキサゴンIIから見た羞恥心 (ユニット)羞恥心 (ユニット)

    最後は卒業式として6年間出題し続けた牧原がこれまでの最高得点順に名前を読み上げ各々感謝の言葉を述べ、最後にPaboの3人と羞恥心の2人が感謝の言葉を述べた後、『陽は、また昇る』の大合唱、最終回でおバカーマンに選ばれたつるの・上地が羞恥心の衣装をまとい、「ヘキサゴンは永久に不滅です」と宣言した。また、提供クレジットでは出演者のクイズ合宿やスペシャル放送などでの場面をバックに「ヘキサゴンを応援していただいた皆様 本当にありがとうございました」のテロップが流れ、野久保を含めた羞恥心のシーンで番組は終了した。クイズ!ヘキサゴンII フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
113件中 1 - 10件表示