113件中 11 - 20件表示
  • ヘキサゴンファミリーコンサート2009

    ヘキサゴンファミリーコンサート2009から見た羞恥心 (ユニット)羞恥心 (ユニット)

    羞恥心メドレー(羞恥心、弱虫サンタ、泣かないで、羞恥心)/おバカ羞恥心・おやじ羞恥心・スペシャル羞恥心ヘキサゴンファミリーコンサート2009 フレッシュアイペディアより)

  • 中村仁美

    中村仁美から見た羞恥心 (ユニット)羞恥心 (ユニット)

    2008年12月31日、『第59回NHK紅白歌合戦』の裏番組である『FNS2008年クイズ!!』で、NHK近くのスタジオやNHK内通路から、『クイズ!ヘキサゴンII』で共演している羞恥心 with Paboのレポーターとして中継を行うとともに、同紅白にも、応援ゲストとして、ヘキサゴンマークの旗を持ちながら、フジテレビの目玉マークと「代表」の文字がプリントされたTシャツを着て出演した。民放の現職アナウンサーが『NHK紅白歌合戦』に出演するのはこれが初めての出来事であった。中村仁美 フレッシュアイペディアより)

  • 高原兄

    高原兄から見た羞恥心 (ユニット)羞恥心 (ユニット)

    富山県富山市出身。名古屋商科大学卒業。バンド「アラジン」の元ボーカル。同バンドで自作自演した「完全無欠のロックンローラー」のヒットで知られたが、2007年に入って以降、Pabo、羞恥心、この両者を統合したユニット・アラジンなどに提供した一連の楽曲が次々にヒットし、作曲家として遅咲きの花を咲かせた。高原兄 フレッシュアイペディアより)

  • 羞恥心 (曲)

    羞恥心 (曲)から見た羞恥心 (ユニット)羞恥心 (ユニット)

    「羞恥心」(しゅうちしん)は、羞恥心の1枚目のシングル。2008年4月9日にポニーキャニオンのレーベル・FLIGHT MASTERから発売された。羞恥心 (曲) フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た羞恥心 (ユニット)羞恥心 (ユニット)

    女性メインボーカルのグループでも、はしだのりひことクライマックスおよび青い三角定規は他の出場歌手との兼ね合いからそれぞれ白組から出場。Paboは全員女性だが同系列の羞恥心とセットで白組から出場。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • つるの剛士

    つるの剛士から見た羞恥心 (ユニット)羞恥心 (ユニット)

    高校時代よりエキストラとして芸能活動をはじめ、1997年に『ウルトラマンダイナ』の主演で知名度を得る。その後ラジオパーソナリティやレポーターなどのタレント業を経て、2007年に『クイズ!ヘキサゴンII』の「おバカタレント」としてブレイク。同番組発のユニット・羞恥心のリーダーを務めた。つるの剛士 フレッシュアイペディアより)

  • 2008 FNS歌謡祭

    2008 FNS歌謡祭から見た羞恥心 (ユニット)羞恥心 (ユニット)

    番組前半には、同局のバラエティ番組『クイズ!ヘキサゴンII』から誕生した音楽ユニット・アラジン(羞恥心・Pabo)が『FNS歌謡祭』初出演。「弱虫サンタ」「陽は、また昇る」「羞恥心」の3曲を「ヘキサゴンメドレー」として披露。また、彼らのプロデュースを務めるカシアス島田がVTR出演し、2009年1月2日放送の『クイズ!ヘキサゴンII』の3時間SPを以って羞恥心の歌手としての活動を「羞恥心ファーストステージ」と銘打って終了することを発表した。2008 FNS歌謡祭 フレッシュアイペディアより)

  • 羞恥心 (歌手グループ)

    羞恥心 (歌手グループ)から見た羞恥心 (ユニット) 羞恥心 (ユニット)

    羞恥心 (歌手グループ) フレッシュアイペディアより)

  • ヘキサゴンドリル

    ヘキサゴンドリルから見た羞恥心 (ユニット)羞恥心 (ユニット)

    そのほかに参加者が書いた珍解答(主に羞恥心、Paboといったおバカタレントによるものであるが、中には山根良顕(アンガールズ)のような成績上位者によるものもある)やテスト結果の様々な分析結果なども掲載されている。ヘキサゴンドリル フレッシュアイペディアより)

  • ヘキサな二人

    ヘキサな二人から見た羞恥心 (ユニット)羞恥心 (ユニット)

    羞恥心の曲が舞台開始前に流されており、テレビよりも早く聞くことができた。ヘキサな二人 フレッシュアイペディアより)

113件中 11 - 20件表示