118件中 31 - 40件表示
  • 社歌

    社歌から見た羞恥心 (ユニット)羞恥心 (ユニット)

    RYOEI以外に、羞恥心がカバーしている。社歌 フレッシュアイペディアより)

  • 一発勝負〜カヴァーズ

    一発勝負〜カヴァーズから見た羞恥心 (ユニット)羞恥心 (ユニット)

    原曲の歌手は羞恥心一発勝負〜カヴァーズ フレッシュアイペディアより)

  • Ai-kata

    Ai-kataから見た羞恥心 (ユニット)羞恥心 (ユニット)

    野久保直樹(1981年生、静岡県出身)_2007年におバカタレントとしてバラエティ番組で知名度を上げ、ユニット「羞恥心」でブレイク。2010年6月以降の活動の中心となっている。Ai-kata フレッシュアイペディアより)

  • 卒業 (サーターアンダギーの曲)

    卒業 (サーターアンダギーの曲)から見た羞恥心 (ユニット)羞恥心 (ユニット)

    今回のシングルが4枚目となり、羞恥心の3枚を超えて、シングル枚数が『クイズ!ヘキサゴンII』発のユニットで最多枚数となった。卒業 (サーターアンダギーの曲) フレッシュアイペディアより)

  • アスナル金山

    アスナル金山から見た羞恥心 (ユニット)羞恥心 (ユニット)

    現在、最多動員を記録しているのは2008年8月26日の「羞恥心」の2ndシングル『泣かないで』発売キャンペーンイベントで、6,000人の動員を記録した。アスナル金山 フレッシュアイペディアより)

  • ミュージックステーション1000回記念スペシャル

    ミュージックステーション1000回記念スペシャルから見た羞恥心 (ユニット)羞恥心 (ユニット)

    423. 羞恥心「羞恥心」2008年12月26日放送ミュージックステーション1000回記念スペシャル フレッシュアイペディアより)

  • アナ☆ログ

    アナ☆ログから見た羞恥心 (ユニット)羞恥心 (ユニット)

    中村光&番組AD「羞恥心:羞恥心」アナ☆ログ フレッシュアイペディアより)

  • 悲愴感 (曲)

    悲愴感 (曲)から見た羞恥心 (ユニット)羞恥心 (ユニット)

    2008年6月11日放送のはねるのトびら内のぬるま湯温泉での会話から生まれた羞恥心のパロディユニットによるパロディ曲。悲愴感 (曲) フレッシュアイペディアより)

  • 2009 FNS歌謡祭

    2009 FNS歌謡祭から見た羞恥心 (ユニット)羞恥心 (ユニット)

    前回のアラジン(羞恥心・Pabo)に続き、『クイズ!ヘキサゴンII』からつるの剛士とヘキサゴンオールスターズが出演。しかし、上地雄輔(ソロ歌手としての名義は「遊助」)は出演しなかった。同じくヘキサゴンオールスターズのメンバーとして『泣いてもいいですか』(歌唱曲)のレコーディングに参加した島田紳助、野久保直樹、misono、アンガールズ、中村仁美、牧原俊幸も出演しなかったが、『泣いてもいいですか』のレコーディングには非参加ながら『ヘキサゴンII』の常連出演者の渡辺正行、ラサール石井、辻希美、RYOEI(同曲の作曲者で、レコーディングには指揮者として参加)が出演した。また、ヘキサゴンオールスターズのメンバーは歌唱時、この年7月に同番組を主体に放送された『FNS26時間テレビ』で用いられたTシャツを着用していた。2009 FNS歌謡祭 フレッシュアイペディアより)

  • 恋のヘキサゴン

    恋のヘキサゴンから見た羞恥心 (ユニット)羞恥心 (ユニット)

    発売当時から一定のセールスを記録したのに加え、羞恥心のブレイクもあり2008年春に入ってチャートを再上昇し、アイドル系の楽曲としては珍しいロングヒットとなった。同年6月にCD売上が5万枚を突破した。恋のヘキサゴン フレッシュアイペディアより)

118件中 31 - 40件表示

「羞恥心」のニューストピックワード