113件中 81 - 90件表示
  • アンガールズ

    アンガールズから見た羞恥心 (ユニット)羞恥心 (ユニット)

    2009年1月2日に熊本県八代市のイオン八代ショッピングセンターでの営業にスザンヌが母、妹マーガリンと一緒に観客として来場していた。山根はスザンヌからのメールで三人が来場することを事前に知っていたが、知らなかった田中は舞台上から三人を発見し「あっ!」と指差したことで、客席がパニック状態となった(『ライオンのごきげんよう』出演時に発言)。この日はヘキサゴンファミリーである羞恥心の音楽活動休止の日でもあり、この日より羞恥心の楽曲は引き続きアンガールズが唄うことになる(島田紳助の冗談)。アンガールズ フレッシュアイペディアより)

  • FNS2008年クイズ!!

    FNS2008年クイズ!!から見た羞恥心 (ユニット)羞恥心 (ユニット)

    裏番組『第59回NHK紅白歌合戦』(NHK)に出場する羞恥心とPaboをその会場であるNHKホール内から中継したり、番組に出演していたメンバーが同紅白に行ったり、番組中にスタジオにテレビを持ってきて、NHK総合テレビを映し(フジテレビの放送でもカメラ越しに同紅白が一部映された)、スタジオ出演者が羞恥心とPaboを応援する場面があった。なお、同紅白での関東地区における最高視聴率はこの場面であり、47.8%を獲得した 。FNS2008年クイズ!! フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本

    2007年の日本から見た羞恥心 (ユニット)羞恥心 (ユニット)

    『クイズ!ヘキサゴンII』に出演していたPabo(里田まい、スザンヌ、木下優樹菜)や羞恥心(つるの剛士、上地雄輔、野久保直樹)など「おバカキャラ」がブレーク。2007年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 島田紳助

    島田紳助から見た羞恥心 (ユニット)羞恥心 (ユニット)

    2005年10月からのフジテレビ『クイズ!ヘキサゴンII』ではPaboや羞恥心といったユニットをプロデュースし、ブームを巻き起こす。これをきっかけにカシアス島田名義で作詞活動を行なうようになる。島田紳助 フレッシュアイペディアより)

  • ヤッターマン (2008年のテレビアニメ)

    ヤッターマン (2008年のテレビアニメ)から見た羞恥心 (ユニット)羞恥心 (ユニット)

    ドロンボーメカが攻撃する際に、デスティニーズ・チャイルド風のダンスを踊りながら「いいぞ、いいぞ、ボヤッキー!」「ボヤちゃん最近ヤバくなーい?!」などとボヤッキーを励ます3体の女性型メカ。デザインが現代の女子高生(コギャルを彷彿させる)を意識したものとなっている。第28話では羞恥心の格好で登場した(当時、羞恥心が「羞恥心 with Pabo」として『第59回NHK紅白歌合戦』に出場した為)。ヤッターマン (2008年のテレビアニメ) フレッシュアイペディアより)

  • 野久保直樹

    野久保直樹から見た羞恥心 (ユニット)羞恥心 (ユニット)

    2006年11月29日、クイズバラエティ番組『クイズ!ヘキサゴンII』に初出演。珍解答を連発し司会の島田紳助に「香田晋の後継者が現れたよう」、「さわやかバカ」と言われる。2007年夏頃から常連出演者となり、「おバカタレント」としてブレイク。さらに番組上で共演者のつるの剛士、上地雄輔とともにおバカユニット・羞恥心を結成することとなり、2008年4月に「羞恥心」でCDデビュー。CDはヒットを記録し、個人としても映画や連続ドラマ出演、単独でのバラエティ番組出演など活動の場を拡げた。野久保直樹 フレッシュアイペディアより)

  • 2009 FNS歌謡祭

    2009 FNS歌謡祭から見た羞恥心 (ユニット)羞恥心 (ユニット)

    前回のアラジン(羞恥心・Pabo)に続き、『クイズ!ヘキサゴンII』からつるの剛士とヘキサゴンオールスターズが出演。しかし、上地雄輔(ソロ歌手としての名義は「遊助」)は出演しなかった。同じくヘキサゴンオールスターズのメンバーとして「泣いてもいいですか」(披露曲)のレコーディングに参加した島田紳助、野久保直樹、misono、アンガールズ、中村仁美、牧原俊幸も出演しなかったが、「泣いてもいいですか」のレコーディングには非参加ながら『クイズ!ヘキサゴンII』の常連出演者の渡辺正行、ラサール石井、辻希美、RYOEI(同曲の作曲者で、レコーディングには指揮者として参加)が出演した。また、ヘキサゴンオールスターズのメンバーは歌唱時、この年7月に同番組を主体に放送された『FNS26時間テレビ』で用いられたTシャツを着用していた。2009 FNS歌謡祭 フレッシュアイペディアより)

  • プラチナムプロダクション

    プラチナムプロダクションから見た羞恥心 (ユニット)羞恥心 (ユニット)

    2008年、『第59回NHK紅白歌合戦』に、木下優樹菜が「羞恥心 with Pabo」の一員として所属タレント初の紅白出場を果たした。プラチナムプロダクション フレッシュアイペディアより)

  • ハロー!プロジェクト

    ハロー!プロジェクトから見た羞恥心 (ユニット)羞恥心 (ユニット)

    かつてフジテレビ系列で放送されていたクイズ番組『クイズ!ヘキサゴンII』のレギュラー解答者から生まれたアイドル集団である。2007年9月にPabo(里田まいら3名による女性アイドルグループ)を結成。また、2008年7月には羞恥心と共にアラジンを結成し、里田は同年11月に里田まい with 合田兄妹(後に里田まい with 合田家族)を結成している。その後、2009年12月9日には矢口真里が矢口真里とストローハットを結成し、2010年6月には里田がツバサを結成している。ハロー!プロジェクト フレッシュアイペディアより)

  • アイドル

    アイドルから見た羞恥心 (ユニット)羞恥心 (ユニット)

    女性アイドルと同じく『クイズ!ヘキサゴンII』などのクイズ番組から無知を逆手に売りにする羞恥心のメンバーや、あくまでも「俳優集団」を称するD-BOYSのメンバー、或いは、「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリを獲得してデビューした小池徹平や溝端淳平ら、また、ウルトラシリーズ出身の杉浦太陽、仮面ライダーシリーズ出身のオダギリジョーや要潤、水嶋ヒロや佐藤健、スーパー戦隊シリーズ出身の松坂桃李がブレイクする。かつて1990年代に一世を風靡したZOOのメンバーだったHIROを中心に結成されたEXILE、或いは女性アイドルと同じくK-POP組など、バラエティーからでなく音楽の方面から人気を博す事例も再び見られた。また、男女混合グループではavexからAAAも活躍する。ジャニーズは、2000年代半ばから後半に入って活力が低下した。アイドル フレッシュアイペディアより)

113件中 81 - 90件表示

「羞恥心」のニューストピックワード