118件中 81 - 90件表示
  • 2009年の音楽

    2009年の音楽から見た羞恥心 (ユニット)羞恥心 (ユニット)

    1月2日 - 羞恥心が音楽ユニットとしての活動を終了。2009年の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • アイドル

    アイドルから見た羞恥心 (ユニット)羞恥心 (ユニット)

    2000年以降、ヴォーカル&ダンス・ユニットとして培った実力に加え新メンバー加入や多方面活動によりアイドル性を備えたEXILE、国際的人気で二大潮流を巻き起こしている韓国出身の東方神起、BIGBANGなど、バラエティーからでなく、音楽方面から人気を博すアイドルが再び台頭した。2000年代後半、親近感が特徴的な嵐が、音楽方面と個人活動から人気を博しバラエティー分野でも台頭した。近年では、クイズ番組で「おバカ」アイドルとして新たなアイドルの個性を見出した羞恥心、ヴィジョンファクトリー系に加え、新たな勢力の台頭もみられている。ドラマや舞台に特化し従来の男性アイドルグループとは一線を画したイケメン俳優ブームが起こっている。その中でも水嶋ヒロ・佐藤健などの「平成仮面ライダーシリーズ」出身組はブレイクした。D-BOYSメンバー、そして「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリを受賞しデビューした小池徹平・溝端淳平などが活躍している。アイドル フレッシュアイペディアより)

  • ひまわり (遊助の曲)

    ひまわり (遊助の曲)から見た羞恥心 (ユニット)羞恥心 (ユニット)

    2009年3月23日付オリコン週間シングルチャートで2位を獲得し、初動売上は20万枚を突破した。週間2位での20万枚突破は遊助も参加していたユニット羞恥心「泣かないで」以来である。また、ソロアーティストとしての初動20万枚突破は宇多田ヒカル「Flavor Of Life」以来(男性ソロとしては堂本光一「Deep in your heart/+MILLION but -LOVE」以来)である。ひまわり (遊助の曲) フレッシュアイペディアより)

  • たんぽぽ/海賊船/其の拳

    たんぽぽ/海賊船/其の拳から見た羞恥心 (ユニット)羞恥心 (ユニット)

    「海賊船」のPVでは、かつて『セレブと貧乏太郎』で上地の娘役を演じた北村燦來や羞恥心の振り付けを担当した振付師の三浦亨が出演している。たんぽぽ/海賊船/其の拳 フレッシュアイペディアより)

  • 嬰ト短調

    嬰ト短調から見た羞恥心 (ユニット)羞恥心 (ユニット)

    羞恥心の「羞恥心」(ただし最後サビの部分はイ短調、運動会バージョン(ポップ・ヒット・マーチに収録)はイ短調で最後サビの部分は変ロ短調)嬰ト短調 フレッシュアイペディアより)

  • ミュージックステーションスーパーライブ

    ミュージックステーションスーパーライブから見た羞恥心 (ユニット)羞恥心 (ユニット)

    出演者は基本的に年内のレギュラー放送に出演したアーティストが選出されるケースが多いが、globe(1995年)、倖田來未・BoA(2001年)、羞恥心(2008年)、凛として時雨(2012年)はスーパーライブの出演がMステ初出演となっている。ミュージックステーションスーパーライブ フレッシュアイペディアより)

  • AIR BAND

    AIR BANDから見た羞恥心 (ユニット)羞恥心 (ユニット)

    ヘキサゴンユニットとして他に、「羞恥心」・「アラジン」に参加。AIR BAND フレッシュアイペディアより)

  • 里田まい with 合田兄妹

    里田まい with 合田兄妹から見た羞恥心 (ユニット)羞恥心 (ユニット)

    2008年、『クイズ!ヘキサゴンII』内での南紀白浜合宿企画の宴会で、里田まい・misono・藤本敏史(FUJIWARA)の3人がモーニング娘。の「恋愛レボリューション21」を歌って踊ったのをきっかけに結成された。同番組発のユニットで、シングルCDが発売されたのはPabo、羞恥心、アラジンに続き4組目となる。里田まい with 合田兄妹 フレッシュアイペディアより)

  • サーターアンダギー (ユニット)

    サーターアンダギー (ユニット)から見た羞恥心 (ユニット)羞恥心 (ユニット)

    同年10月、「ヘキサゴンで歌いたい人オーディション2009」で当時は歌手志望のフリーターであった松岡卓弥がグランプリを獲得。さらに紳助が他番組で進めていた男性アイドルプロジェクト「新選組リアン」のリーダー(当時)で、『ヘキサゴンII』の常連出演者となっていた森公平が加えられ、「羞恥心に続く新たなイケメン三銃士」と、かつて同番組内で結成され、2008年に活躍した男性3人組・羞恥心の後続的グループとして2010年2月10日にシングル「ヤンバルクイナが飛んだ」でデビュー。羞恥心とは「3人ともおバカキャラ」、「所属事務所が一緒ではない」等の共通点がある。紳助はこのユニット以降のプロデュースはそれ以前から使用していた「カシアス島田」ではなく「広小路亨」という変名を使用していた(作詞は「カシアス島田」名義である)。サーターアンダギー (ユニット) フレッシュアイペディアより)

  • クイズ番組

    クイズ番組から見た羞恥心 (ユニット)羞恥心 (ユニット)

    2007年以降、スザンヌ・上地雄輔などの珍解答が受け、クイズ番組自体はもちろんのこと、本人の知名度を大きく広めた芸能人の「おバカタレント」(『クイズ!ヘキサゴンII』からPaboや「羞恥心」という音楽ユニットまで結成された)と、「雑学王」と呼ばれたり「高学歴」である知性派タレント、さらに平均的な成績の3タイプのタレントがおり番組によって需要が違う。知識系番組には知性派タレントが多く、『ヘキサゴンII』のような珍解答が期待される番組ではおバカタレントが大活躍する傾向が強い。勝負に関係の無いクイズ番組では平均的な知識のタレントが多く出演する。クイズ番組 フレッシュアイペディアより)

118件中 81 - 90件表示

「羞恥心」のニューストピックワード