前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
110件中 1 - 10件表示
  • 羞恥心 (ユニット)

    羞恥心 (ユニット)から見たつるの剛士

    同番組に出演して誤答・珍解答を連発し、“おバカタレント”と呼ばれたつるの剛士・野久保直樹・上地雄輔の、本業は俳優である3人によって結成。デビューシングル「羞恥心」は2008年オリコン年間シングルチャート5位となるヒットを記録し、同年末の日本レコード大賞特別賞受賞や紅白歌合戦出場など、番組およびテレビ局の枠を超えて活動した。羞恥心 (ユニット) フレッシュアイペディアより)

  • 羞恥心 (ユニット)

    羞恥心 (ユニット)から見た島田紳助

    羞恥心(しゅうちしん)は、フジテレビ系列で放送されていたクイズバラエティ番組『クイズ!ヘキサゴンII』から生まれた男性3人組の企画ユニット、アイドルグループである。CDデビューは2008年、発売レーベルはFLIGHT MASTER。プロデュースは『ヘキサゴンII』司会者であった島田紳助が担っていた。羞恥心 (ユニット) フレッシュアイペディアより)

  • 羞恥心 (ユニット)

    羞恥心 (ユニット)から見たオリコン

    1980年代アイドル風の楽曲「羞恥心」でCDデビュー。同曲のヒットをフジパシフィック音楽出版は「社会現象的な大ヒット」と表現した。発売したシングル3作は全てオリコン年間シングルチャートの20位以内にランクインし、2008年のオリコン年間ランキング新人部門作品別/アーティスト別売上ランキングで1位を獲得。オリコンスタイルは羞恥心を「国民的人気キャラクター」「2008年を代表するキャラクター」などと評した。羞恥心 (ユニット) フレッシュアイペディアより)

  • 羞恥心 (ユニット)

    羞恥心 (ユニット)から見たフジテレビジョン

    羞恥心(しゅうちしん)は、フジテレビ系列で放送されていたクイズバラエティ番組『クイズ!ヘキサゴンII』から生まれた男性3人組の企画ユニット、アイドルグループである。CDデビューは2008年、発売レーベルはFLIGHT MASTER。プロデュースは『ヘキサゴンII』司会者であった島田紳助が担っていた。羞恥心 (ユニット) フレッシュアイペディアより)

  • 羞恥心 (ユニット)

    羞恥心 (ユニット)から見た讀賣テレビ放送

    2008年末は読売テレビ『ベストヒット歌謡祭』、テレビ朝日『ミュージックステーションスーパーライブ』など、フジテレビ以外の音楽特番に出演した。12月30日に『第50回日本レコード大賞』にてカシアス島田とともに「特別賞」を受賞。12月31日に『第59回NHK紅白歌合戦』に出演、同日はフジテレビ『FNS2008年クイズ!!』に掛け持ちで出演している。ヘキサゴンファミリーとともに「羞恥心〜陽は、また昇る 紅白スペシャル」を披露、同放送での歌手別視聴率において最高記録となった。羞恥心 (ユニット) フレッシュアイペディアより)

  • 羞恥心 (ユニット)

    羞恥心 (ユニット)から見たテレビ朝日

    2008年末は読売テレビ『ベストヒット歌謡祭』、テレビ朝日『ミュージックステーションスーパーライブ』など、フジテレビ以外の音楽特番に出演した。12月30日に『第50回日本レコード大賞』にてカシアス島田とともに「特別賞」を受賞。12月31日に『第59回NHK紅白歌合戦』に出演、同日はフジテレビ『FNS2008年クイズ!!』に掛け持ちで出演している。ヘキサゴンファミリーとともに「羞恥心〜陽は、また昇る 紅白スペシャル」を披露、同放送での歌手別視聴率において最高記録となった。羞恥心 (ユニット) フレッシュアイペディアより)

  • 羞恥心 (ユニット)

    羞恥心 (ユニット)から見た少年隊

    2007年7月11日の『クイズ!ヘキサゴンII』で初めてつるの・野久保・上地の3人(以下、文中の「3人」はつるの・野久保・上地のことを表す)が揃って出演し、番組冒頭ナレーションで「“イケメンおバカ三銃士”が登場」と紹介された。その後7月25日の放送で共演者の品川祐(品川庄司)が「(Paboに続いて)ついでに男3人でアルフィーみたいなの作ればいい」と提案。8月1日の放送で紳助がユニット名を『羞恥心』と決定。「イメージは少年隊」とし、さらにリーダーをつるの、それぞれを『羞』『恥』『心』と決定するやり取りが行われた。その後しばらくの間は特に動きはなく、「羞恥心」は単なる番組内での3人の呼び名であった。また9月以降は3人が番組に揃わないことも増えた。上地はこの時期を「羞恥心はあるようでない感じでフワフワ〜っと存在し続けた」としている。羞恥心 (ユニット) フレッシュアイペディアより)

  • 羞恥心 (ユニット)

    羞恥心 (ユニット)から見た上地雄輔

    同番組に出演して誤答・珍解答を連発し、“おバカタレント”と呼ばれたつるの剛士・野久保直樹・上地雄輔の、本業は俳優である3人によって結成。デビューシングル「羞恥心」は2008年オリコン年間シングルチャート5位となるヒットを記録し、同年末の日本レコード大賞特別賞受賞や紅白歌合戦出場など、番組およびテレビ局の枠を超えて活動した。羞恥心 (ユニット) フレッシュアイペディアより)

  • 羞恥心 (ユニット)

    羞恥心 (ユニット)から見たキャンディーズ

    2009年1月1日、午前に神戸、午後より東京で、ファーストステージ最後のライブイベント『謹賀新年!羞恥心新春歌謡ショー』を開催。「僕たちは普通のおバカに戻ります」と、キャンディーズ風の宣言で締められた。羞恥心単体のイベントはこれが最後となった。翌1月2日放送の『ヘキサゴンII』を「ファーストステージ最終章」とし、歌手活動を終了。同放送内で紳助より「解散ではないし、3人はこれからもヘキサゴンに出続ける」と改めて明言された。羞恥心 (ユニット) フレッシュアイペディアより)

  • 羞恥心 (ユニット)

    羞恥心 (ユニット)から見た里田まい

    里田まい・スザンヌ・木下優樹菜の女性3人組おバカユニットPaboに続く、島田紳助プロデュースによる2組目の『ヘキサゴンII』発ユニットである。ユニット名は同番組内で上地が「羞恥心(しゅうちしん)」を「さじしん」と読み間違えたことに由来している。CDデビュー時に「ちょっと勉強ができなくても好きなことを貫いて、夢と希望を与えられるユニットになりたい」と宣言していた。この後『ヘキサゴンII』から20組以上のユニットが生まれているが、“おバカキャラによるグループ”を明言して結成されたのはPaboと羞恥心、両者の合体ユニットのアラジンだけである。羞恥心 (ユニット) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
110件中 1 - 10件表示