111件中 11 - 20件表示
  • 羞恥心 (ユニット)

    羞恥心 (ユニット)から見た木下優樹菜木下 優樹菜

    2007年7月11日の放送でこの3人は揃ってアンカーとなり、それ以降から同番組でCDデビューした里田まい、スザンヌ、木下優樹菜の「おバカ」アイドルトリオ・『Pabo』と同様に、天然ボケによる珍解答が受けて準レギュラーとなる。そのうち、「おバカ3人衆」「ヘキサゴン三銃士」「究極のおバカイケメントリオ」などと呼ばれるようになった。羞恥心 (ユニット) フレッシュアイペディアより)

  • 羞恥心 (ユニット)

    羞恥心 (ユニット)から見た崎本大海崎本 大海

    7月25日・26日 「FNSの日26時間テレビ2009」プレゼンツ 「泣いてもいいですか」をみんなで歌おう! フレンズ(つるの剛士&崎本大海)・上地雄輔・野久保直樹 全国弾丸イベント(お台場合衆国2009会場内 合衆国HAPPYスタジアム(2回公演)、札幌ドーム、長居陸上競技場)羞恥心 (ユニット) フレッシュアイペディアより)

  • 羞恥心 (ユニット)

    羞恥心 (ユニット)から見た山田親太朗山田 親太朗

    2009年10月31日に行われたヘキサゴンファミリーコンサート2009での羞恥心メドレーでは、芸能活動休止中の野久保に代わり紳助が代役を務めた『スペシャル羞恥心』として出演した。また、辻希美・山田親太朗・元木大介による『おバカ羞恥心』、品川祐・ラサール石井・渡辺正行による『おやじ羞恥心』も出演した。この日の出演者紹介では、全員紹介された後、出演していない野久保の紹介をしている。羞恥心 (ユニット) フレッシュアイペディアより)

  • 羞恥心 (ユニット)

    羞恥心 (ユニット)から見たPabo

    同番組から生まれた女性アイドルグループ“Pabo”と同様、メンバー内での位置付けは、つるのが長男、上地が次男、野久保が末っ子。Paboと同様3人とも所属事務所は異なるが、本職は共通して俳優である。また2008年1月30日の放送では「クイズ番組で覚えた」ことから戦国三大武将に準え「鳴かぬなら…ホトトギス、○です」というキャッチフレーズも発表された。アニメキャラクターは赤い服を着た「羞」、青い服を着た「恥」、黄色の服の「心」の3人で、メガネをかけており、また本人に似せて書かれているのが特徴。また、彼らのキャッチフレーズは「地球の平和を守るために戦う、ちょっとおバカだけど愛すべき3兄弟」である。但し、『陽は、また昇る』のDVDアニメの描写から服は全身タイツである事が解る。羞恥心 (ユニット) フレッシュアイペディアより)

  • 羞恥心 (ユニット)

    羞恥心 (ユニット)から見た品川庄司

    2007年7月25日に初めて6人が揃い踏みした回でPaboが曲を出すことを発表した際、品川祐(品川庄司)が「ついでに、男3人でアルフィーみたいなもの作ったらどうですか?」と発言。司会の島田紳助も「女子3人(Pabo)で調子よかったら出してみる」と返した。その後、Paboが好評だったことから、2008年1月2日の放送でPaboの2曲目発売と共に歌手デビューが決まった。2007年8月1日の放送において、紳助がイメージは少年隊であると述べた。同年4月9日、そのイメージでデビュー曲「羞恥心」がポニーキャニオンのFLIGHT MASTERレーベルより発売された。リーダーは最年長でバンド経験もあるつるの。羞恥心 (ユニット) フレッシュアイペディアより)

  • 羞恥心 (ユニット)

    羞恥心 (ユニット)から見た元木大介元木 大介

    2009年10月31日に行われたヘキサゴンファミリーコンサート2009での羞恥心メドレーでは、芸能活動休止中の野久保に代わり紳助が代役を務めた『スペシャル羞恥心』として出演した。また、辻希美・山田親太朗・元木大介による『おバカ羞恥心』、品川祐・ラサール石井・渡辺正行による『おやじ羞恥心』も出演した。この日の出演者紹介では、全員紹介された後、出演していない野久保の紹介をしている。羞恥心 (ユニット) フレッシュアイペディアより)

  • 羞恥心 (ユニット)

    羞恥心 (ユニット)から見た岡田圭右岡田 圭右

    10月24日、『羞恥心のオールナイトニッポン』第2弾放送。ゲストとして、岡田圭右(AIR BAND)、神原孝P、Pabo(神原P以降は電話出演)が出演した。但し、上地は自身のスケジュール上の都合から「弱虫サンタ」のレコーディングと重なったため、ラスト5分での電話出演となった。羞恥心 (ユニット) フレッシュアイペディアより)

  • 羞恥心 (ユニット)

    羞恥心 (ユニット)から見た渡辺正行渡辺 正行

    2009年10月31日に行われたヘキサゴンファミリーコンサート2009での羞恥心メドレーでは、芸能活動休止中の野久保に代わり紳助が代役を務めた『スペシャル羞恥心』として出演した。また、辻希美・山田親太朗・元木大介による『おバカ羞恥心』、品川祐・ラサール石井・渡辺正行による『おやじ羞恥心』も出演した。この日の出演者紹介では、全員紹介された後、出演していない野久保の紹介をしている。羞恥心 (ユニット) フレッシュアイペディアより)

  • 羞恥心 (ユニット)

    羞恥心 (ユニット)から見た香田晋

    2006年11月29日の放送で出演した野久保直樹は、16位になり珍解答を連発、「第2の香田晋」として注目される存在になり、その後2007年1月10日に出演した際には17位になってしまい、その地位にまたしても近づく事になる。羞恥心 (ユニット) フレッシュアイペディアより)

  • 羞恥心 (ユニット)

    羞恥心 (ユニット)から見た明石家さんま

    7月26日、『FNS27時間テレビ!! みんな笑顔のひょうきん夢列島!!』の午後9時からクイズ!ヘキサゴンIIに生出演しオープニングに、「泣かないで」を披露したが、明石家さんまの着替えが終わらず、急遽デビューシングルの「羞恥心」を歌う事になった。そして、「仲間を救え!底抜けドボンクイズ」の後にアラジンが、陽は、また昇るを披露した。羞恥心 (ユニット) フレッシュアイペディアより)

111件中 11 - 20件表示

「羞恥心」のニューストピックワード