前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
8197件中 1 - 10件表示
  • 星野長太郎

    星野長太郎から見た群馬県群馬県

    上野国(現群馬県)勢多郡水沼村(後の黒保根村、現桐生市黒保根町)の農民であったが、明治初期に製糸業と生糸貿易の将来性に着目して、群馬県初の日本人の手による民間洋式器械製糸所を開設。実弟をニューヨークへ派遣し、市場開拓・販路を確保するなどして日本初の日本人による生糸直(じか)輸出を実現した。星野長太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 市町村合併 (2000年代後半)

    市町村合併 (2000年代後半)から見た群馬県群馬県

    群馬県伊勢崎市+佐波郡赤堀町+東村+境町=伊勢崎市(新設)市町村合併 (2000年代後半) フレッシュアイペディアより)

  • ぐんまのやぼう

    ぐんまのやぼうから見た群馬県群馬県

    端末のタッチパネル上で群馬県の特産品を収穫し、貯めた得点で他の都道府県や世界、さらには太陽系の惑星を制圧して、それら全てを「群馬県」にしてしまうシミュレーションゲームである。ぐんまのやぼう フレッシュアイペディアより)

  • 1960年-1989年の市町村合併

    1960年-1989年の市町村合併から見た群馬県群馬県

    群馬県富岡市+甘楽郡丹生村=富岡市(編入)1960年-1989年の市町村合併 フレッシュアイペディアより)

  • 栃木県

    栃木県から見た群馬県群馬県

    隣接県: 茨城県 - 埼玉県 - 群馬県 - 福島県栃木県 フレッシュアイペディアより)

  • アイリス (ボタン製造)

    アイリス (ボタン製造)から見た群馬県群馬県

    1946年(昭和21年)11月26日に群馬県太田市で創業し、1948年(昭和23年)に服飾用ボタンを開始し、金型まで自社で生産する技術力で様々な材質の服飾用ボタンを次々と発売すると共に、東京、名古屋、関西、岡山など服飾産業の盛んな地域に営業拠点を構えてシェアを拡大し、国内最大手の地位を築いた。アイリス (ボタン製造) フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の市町村合併

    2006年の市町村合併から見た群馬県群馬県

    群馬県藤岡市+多野郡鬼石町=藤岡市(編入)2006年の市町村合併 フレッシュアイペディアより)

  • 日本ビルド

    日本ビルドから見た群馬県群馬県

    1984年8月に群馬県高崎市に設立され、その後、1986年に群馬県前橋市に本社を移転、さらに2016年に東京都千代田区丸の内のパシフィックセンチュリープレイス丸の内に本社を移転している。2012年5月にIT事業・金融事業・不動産事業・カーシェアリング事業・ホテル事業・発電事業等を営む各子会社を傘下におさめる株式会社ISホールディングスの100%子会社となった。日本ビルド フレッシュアイペディアより)

  • 新井領一郎

    新井領一郎から見た群馬県群馬県

    上野国勢多郡(現群馬県桐生市)の農民であったが、明治初期に製糸業と生糸貿易の将来性に着目した兄星野長太郎と連携し、日本製生糸の市場開拓のためニューヨークに渡った。直ちに顧客獲得に取り組み、日本初の生糸直輸出を実現した。有力絹織物業者などとの取引を通して生糸輸出量の飛躍的拡大を図った。絶えず高い品質維持を目指し品質向上にも努め、市場からの高い評価と信頼を勝ち取った。『ニューヨーク・タイムズ』紙は「日米生糸貿易の創始者」"A Founder of Silk Trade With Japan"と評した。生前は「生きたる生糸貿易の歴史」とも称された。佐藤百太郎、森村豊と共に日米貿易の先駆者といわれている。在米日本人とアメリカ人との社会交流を図った日本クラブ(The Nippon Club)と日本文化の発信拠点となった ジャパン・ソサエティ(Japan Society)の創設者の一人。日本ゴルフ協会の年鑑によると、日本にゴルフを広めた日本人初のゴルフ・プレーヤーの一人。名前の英文表記はRyoichiro Arai、Ryosuke Arai、もしくは本人が日頃使用したRioichiro Arai、他人からの呼び名はRyichir Arai。新井領一郎 フレッシュアイペディアより)

  • うどん

    うどんから見た群馬県群馬県

    江戸時代前期の江戸の市中においては、まだ麺類としての蕎麦(蕎麦切り)が普及しておらず、蕎麦がきなどの形で食べられていたことから、江戸でも麺類としては人気があったようである。蕎麦きりの元祖は信州そばであり(蕎麦切りの最古の記録は、天正2年(1574年)に木曽の定勝寺で落成祝いに蕎麦切りを振る舞ったというもの)、これが信州から甲州街道や中山道を通して江戸に伝えられたものとされる。蕎麦きりが普及すると、蕎麦と蕎麦屋が独自の文化を育む母体となっていったこと、脚気防止のために冷害にも強い蕎麦が好まれたことなどの理由により、確かに、蕎麦が広がったことは事実であるが、現在の関東地方でも、武蔵野や群馬県を中心として、「武蔵野うどん」や「水沢うどん」をはじめとするうどん専門店も多い。実際、2004年(平成16年)度のうどんの生産量でも1位は日本全国に向けて宣伝をしている讃岐うどんの香川県だが、2位は埼玉県であり、群馬県もベスト5に入っている。これらの地域では二毛作による小麦栽培が盛んで、日常的な食事であり、かけうどんや付け麺(もりうどん)にして食べられることが多い。うどん フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
8197件中 1 - 10件表示

「群馬のできごと」のニューストピックワード