6190件中 71 - 80件表示
  • 土屋文明

    土屋文明から見た群馬県群馬県

    群馬県群馬郡群馬町上郊村(現・高崎市)の農家に生まれる。幼少期に伯父に俳句を教わり、旧制高崎中学(現・群馬県立高崎高等学校)在学中から蛇床子の筆名で俳句や短歌を『ホトトギス』に投稿。卒業後に恩師・村上成之の紹介により伊藤左千夫を頼って上京し、短歌の指導を受け『アララギ』に参加。更に左千夫の好意により、第一高等学校文科を経て東京帝国大学(現・東京大学)に進学。東大在学中には芥川龍之介・久米正雄らと第三次『新思潮』の同人に加わり、井出説太郎の筆名で小説・戯曲を書いた。1916年(大正5年)に文学部哲学科(心理学専攻)卒業。土屋文明 フレッシュアイペディアより)

  • 上武

    上武から見た群馬県群馬県

    上野国(群馬県)と武蔵国(埼玉県、東京都、神奈川県の一部)の総称。上武 フレッシュアイペディアより)

  • わたらせ渓谷鐵道わたらせ渓谷線

    わたらせ渓谷鐵道わたらせ渓谷線から見た群馬県群馬県

    わたらせ渓谷線(わたらせけいこくせん)とは、群馬県桐生市の桐生駅から栃木県日光市の間藤駅に至るわたらせ渓谷鐵道が運営する鉄道路線。旧国鉄特定地方交通線の東日本旅客鉄道(JR東日本)足尾線を引き継いだ路線である。通称は「わた渓(わたけい)」、「わてつ」(呼称も参照)。わたらせ渓谷鐵道わたらせ渓谷線 フレッシュアイペディアより)

  • 小渕光平

    小渕光平から見た群馬県群馬県

    群馬県吾妻郡中之条町に小渕信平・きち夫妻の下に生まれる。生家は極貧を極め、小渕は小学校を出てすぐに働き始めた。19歳で小渕製糸所を創業。たゆまぬ経営努力で群馬県随一の製糸会社に成長させる。1933年(昭和8年)に社名を光山社と改名(1925年(大正14年)に碓氷社東村工場を買収、1928年(昭和3年)に光山社小渕製糸所と改称した、という説もある)。光山倉庫・光山電気工業などの他業種にも進出。現在に続く光山社グループを一代で築き上げた。小渕光平 フレッシュアイペディアより)

  • 小渕光平 (2代目)

    小渕光平 (2代目)から見た群馬県群馬県

    父のあとを継ぎ、群馬県の企業グループ・光山社の総帥を務める。その傍らで群馬県中之条町長を務めた。小渕光平 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 東日本旅客鉄道

    東日本旅客鉄道から見た群馬県群馬県

    所在地:群馬県高崎市栄町6番26号(高崎駅)東日本旅客鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 福田康夫

    福田康夫から見た群馬県群馬県

    群馬県高崎市出身。大学卒業後、石油会社で17年余りサラリーマン生活を送っていたが、40歳で退社し、政界入りする。父である福田赳夫の秘書を14年間務めた後、1990年(平成2年)の第39回衆議院議員総選挙において群馬県第4区から出馬し初当選を果たす。福田康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 上田市

    上田市から見た群馬県群馬県

    国道18号(群馬県高崎市?新潟県上越市)(国道141号と重複する区間がある)(上田バイパス・上田坂城バイパスを建設中)上田市 フレッシュアイペディアより)

  • 下野国

    下野国から見た群馬県群馬県

    領域は現在の栃木県とほぼ同じだが、群馬県(旧上野国)桐生市のうち桐生川以東を含む。かつては栃木県は下野国と完全に同一の範囲であったが、昭和34年(1959年)に栃木県足利郡菱村が、昭和43年(1968年)に安蘇郡田沼町の入飛駒地区がいずれも桐生市へ越境合併。また、昭和35年(1960年)に群馬県山田郡矢場川村の一部が栃木県足利市に編入され、旧上野国との境界が変更されている。そのため、栃木県の方が下野国より僅かに狭くなっている。下野国 フレッシュアイペディアより)

  • 中山道

    中山道から見た群馬県群馬県

    草津宿で東海道に合流する。江戸から草津までは129里あり、67箇所の宿場が置かれた。現在の都府県では、東京都・埼玉県・群馬県・長野県・岐阜県・滋賀県にあたる。中山道 フレッシュアイペディアより)

6190件中 71 - 80件表示

「群馬のできごと」のニューストピックワード