1094件中 11 - 20件表示
  • 群馬県

    群馬県から見た伊香保温泉

    県域西部から北部にかけて関東山地・三国山脈などの山地が連なり、長野県との県境にある浅間山を始め、新潟県との県境に近い谷川岳、赤城山・榛名山・妙義山の上毛三山がある。県域北部の北毛地域にあたる標高の高い山岳地帯では豪雪地帯に指定されることが多く、スキー場も多い。浅間山や草津白根山は活動度が高い活火山であり、草津温泉を始め伊香保温泉・水上温泉・四万温泉・万座温泉など温泉地が豊富である。群馬県 フレッシュアイペディアより)

  • 群馬県

    群馬県から見た富岡製糸場

    からっ風と雷に次いで、「かかあ天下」が上州名物として知られる。かかあ天下の由来としては、養蚕・製糸・織物といった絹産業による女性の経済力の高さがあったと考えられる。2014年(平成26年)に、富岡市の富岡製糸場など4件が「富岡製糸場と絹産業遺産群」として世界遺産に登録。2015年(平成27年)には、桐生市の桐生織物会館旧館など12件が「かかあ天下 ―ぐんまの絹物語―」の名で日本遺産に認定された。また、群馬県は一世帯当たりの自動車保有台数、女性の運転免許保有数が日本一多い。群馬県 フレッシュアイペディアより)

  • 群馬県

    群馬県から見た北毛

    県域西部から北部にかけて関東山地・三国山脈などの山地が連なり、長野県との県境にある浅間山を始め、新潟県との県境に近い谷川岳、赤城山・榛名山・妙義山の上毛三山がある。県域北部の北毛地域にあたる標高の高い山岳地帯では豪雪地帯に指定されることが多く、スキー場も多い。浅間山や草津白根山は活動度が高い活火山であり、草津温泉を始め伊香保温泉・水上温泉・四万温泉・万座温泉など温泉地が豊富である。群馬県 フレッシュアイペディアより)

  • 群馬県

    群馬県から見たヤオコー

    ヤオコー高崎飯塚店(高崎市)群馬県 フレッシュアイペディアより)

  • 群馬県

    群馬県から見たマンナンライフ

    県西南部の市。世界遺産に登録された富岡製糸場でその名が知られる。コンニャクの産地で、こんにゃくゼリーを製造販売するマンナンライフの本社がある。市街地は鏑川北岸の上信電鉄上州富岡駅付近に広がる。市内西部に上野国一宮の貫前神社が、西北部に妙義山・妙義神社が、南部に上信越自動車道富岡IC、群馬サファリパークがある。人口は人。1954年(昭和29年)4月1日、甘楽郡富岡町が黒岩村・一ノ宮町・高瀬村・額部村・小野村を編入して市制施行。2006年(平成18年)3月27日、甘楽郡妙義町と合併。群馬県 フレッシュアイペディアより)

  • 群馬県

    群馬県から見た三洋電機

    邑楽郡西部の町。邑楽地区西部の中心地。自動車・電気機器製造が盛んな工業の町で、ブラジルやペルー出身の日系人労働者が多く、外国人比率が県内の市町村で最も高い。中心市街は休泊川の沿岸、東武小泉線西小泉駅周辺に広がる。北部にSUBARU群馬製作所大泉工場、中部に三洋電機東京製作所が立地。南部に利根川が流れ、東武仙石河岸線跡を整備したいずみ緑道がある。1957年(昭和32年)3月31日に邑楽郡小泉町と大川村が合併して成立。人口は人で、群馬県内の町では最大である。群馬県 フレッシュアイペディアより)

  • 群馬県

    群馬県から見たうどん

    県中北部の市。中心市街の渋川はもと三国街道の宿場町で、榛名山の東麓、利根川と吾妻川の合流点の西南に位置する。市街地東部に上越線・吾妻線渋川駅、南部に関越自動車道渋川伊香保ICがある。人口は人。1954年(昭和29年)4月1日、北群馬郡渋川町・金島村・古巻村・豊秋村が合併して成立。2006年(平成18年)2月20日、勢多郡北橘村・赤城村・北群馬郡子持村・小野上村・伊香保町と合併。利根川東岸に橘山・赤城山、吾妻川北岸に子持山・小野子山がある。子持地区はコンニャクの産地として知られる。榛名山東斜面に位置する伊香保地区に伊香保温泉・伊香保神社・水澤寺があり、温泉饅頭・うどんが名物である。群馬県 フレッシュアイペディアより)

  • 群馬県

    群馬県から見た草津白根山

    県域西部から北部にかけて関東山地・三国山脈などの山地が連なり、長野県との県境にある浅間山を始め、新潟県との県境に近い谷川岳、赤城山・榛名山・妙義山の上毛三山がある。県域北部の北毛地域にあたる標高の高い山岳地帯では豪雪地帯に指定されることが多く、スキー場も多い。浅間山や草津白根山は活動度が高い活火山であり、草津温泉を始め伊香保温泉・水上温泉・四万温泉・万座温泉など温泉地が豊富である。群馬県 フレッシュアイペディアより)

  • 群馬県

    群馬県から見た東武伊勢崎線

    県中南部の市。施行時特例市。伊勢崎銘仙の産地として知られる。市の西南部を利根川が流れ、市街地は利根川の分流・広瀬川の東岸、伊勢崎神社を中心として広がる。市街地北部に両毛線・東武伊勢崎線の伊勢崎駅がある。市北部に華蔵寺公園がある。市の南部を日光例幣使街道が通じ、柴・境の二つの宿場があった。境地区にある養蚕家屋の田島弥平旧宅は世界遺産「富岡製糸場と絹産業遺産群」の構成資産である。人口は人で、県内第4位。1940年(昭和15年)9月13日、佐波郡伊勢崎町・殖蓮村・茂呂村が合併して県内4番目に市制施行。2005年(平成17年)1月1日に佐波郡境町・東村・赤堀町と合併。群馬県 フレッシュアイペディアより)

  • 群馬県

    群馬県から見た徳川家康

    永禄11年(1568年)には甲相同盟が破綻して武田・後北条氏が対立関係となり、永禄12年(翌年)には上杉氏と後北条氏との間で越相同盟が締結される。さらに甲相同盟は元亀2年(1571年)に回復され、天正7年(1579年)には越後における御館の乱と関係して武田・上杉間で甲越同盟が締結され武田・後北条間は敵対関係となり、こうした複雑な外交情勢のなか上野は三者の接する係争地となった。そして豊臣秀吉による小田原征伐で後北条氏が没落すると、徳川家康の配下の武将が入ることになる。群馬県 フレッシュアイペディアより)

1094件中 11 - 20件表示

「群馬のできごと」のニューストピックワード