前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
133件中 1 - 10件表示
  • サウザンリーフ市原

    サウザンリーフ市原から見た群馬ダイヤモンドペガサス群馬ダイヤモンドペガサス

    2007年、澤井良輔や鳥谷部健一の千葉県出身の元プロ野球選手に加えてライバルチームだった千葉熱血MAKINGの主力選手が大量に加入して戦力がアップした結果、クラブ選手権初出場を果たした。しかし同年オフ、BCリーグ・群馬ダイヤモンドペガサスの設立に伴って主力選手がトライアウトに合格して大量に移籍した。サウザンリーフ市原 フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵ヒートベアーズ

    武蔵ヒートベアーズから見た群馬ダイヤモンドペガサス群馬ダイヤモンドペガサス

    本拠地球場は熊谷市のさくら運動公園野球場で、埼玉県北地域を中心に活動する。リーグで特定の本拠地を設定する球団は、2014年に本拠地を定めた群馬ダイヤモンドペガサスに次ぐ事例である。2015年の公式戦38試合中、さくら運動公園では18試合が実施され最多ながら、鴻巣市の上谷総合公園フラワースタジアムでも13試合が実施され、過半数とはなっていなかった。2016年は公式戦37試合中さくら運動公園が21試合となり(フラワースタジアムは9試合)、過半数となった。上記以外の球場では本庄総合公園市民球場が2015年から、越谷市民球場と小鹿野町総合運動公園野球場が2016年から公式戦を開催している。2015年は埼玉県営大宮公園野球場でも試合をおこなったが、2016年は開催がなかった。武蔵ヒートベアーズ フレッシュアイペディアより)

  • 独立リーグ連絡協議会

    独立リーグ連絡協議会から見た群馬ダイヤモンドペガサス群馬ダイヤモンドペガサス

    2010年7月9日 オリックス・バファローズが、BCリーグ・群馬ダイヤモンドペガサスの選手を獲得する、と発表した。この発表により、NPBとJIBLAとの間で、選手獲得ルールについての新たな合意をしていた事が明らかにされた。(詳細は後述)独立リーグ連絡協議会 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年の野球

    2014年の野球から見た群馬ダイヤモンドペガサス群馬ダイヤモンドペガサス

    2月13日 - 【独立】ベースボール・チャレンジ・リーグの群馬ダイヤモンドペガサスが前NPB、横浜DeNAベイスターズのアレックス・ラミレスの入団を発表2014年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木伸太朗

    鈴木伸太朗から見た群馬ダイヤモンドペガサス群馬ダイヤモンドペガサス

    2008年、翌2009年も富士重工業の戦力構想に入っていたが、出場機会を求めて自ら退社しトライアウトを受験。2009年からBCリーグの群馬ダイヤモンドペガサスに入団することとなった。しかし、成績が振るわず同年シーズン終了をもって現役を引退。鈴木伸太朗 フレッシュアイペディアより)

  • 新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ

    新潟アルビレックス・ベースボール・クラブから見た群馬ダイヤモンドペガサス群馬ダイヤモンドペガサス

    2008年、新たに2球団が加わったBCリーグは2地区制を導入。新潟は群馬ダイヤモンドペガサス、信濃グランセローズと共に上信越地区の構成球団となった。チームは2008年に新任した芦沢真矢監督の下で初の地区前期優勝。2011年に橋上秀樹監督の下で地区チャンピオンシップで群馬ダイヤモンドペガサスを破り、初めてリーグチャンピオンシップへ進出した(石川ミリオンスターズに敗退)。新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ フレッシュアイペディアより)

  • フランシスコ・カラバイヨ

    フランシスコ・カラバイヨから見た群馬ダイヤモンドペガサス群馬ダイヤモンドペガサス

    同年3月26日、ベースボール・チャレンジ・リーグの群馬ダイヤモンドペガサスに入団した。BCリーグでは39試合で15本塁打を放ち、この記録がシーズン終了まで抜かれなかったので、カラバイヨは2つの独立リーグにまたがって2年連続の本塁打王を獲得することになった。フランシスコ・カラバイヨ フレッシュアイペディアより)

  • 福島ホープス

    福島ホープスから見た群馬ダイヤモンドペガサス群馬ダイヤモンドペガサス

    4月12日の対新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ戦(新潟県立野球場)が公式戦初試合となった(0対5で敗戦)。前期は引き分けを挟む7連敗を5月と6月にそれぞれ記録し、8勝25敗4分で4位(最下位)に終わる。前期の勝率.242は当時リーグの半期勝率としてワースト記録であった(2017年前期に栃木ゴールデンブレーブスが.200を記録して更新)。後期は前期終了後に加入した投手のカルロス・ペレスが先発ローテーションに加わるなどチーム状況が改善、9月13日に伊勢崎市民球場で行なわれた対群馬ダイヤモンドペガサス戦に勝利し、参入初年度での東地区後期優勝を決めた。優勝決定直後の9月17日にペレスは育成選手契約で読売ジャイアンツに入団した。福島ホープス フレッシュアイペディアより)

  • アレッサンドロ・マエストリ

    アレッサンドロ・マエストリから見た群馬ダイヤモンドペガサス群馬ダイヤモンドペガサス

    2月10日にベースボール・チャレンジ・リーグの群馬ダイヤモンドペガサスに入団した。が、3月15日に韓国プロ野球のハンファ・イーグルスと契約し群馬では試合に出場せず、韓国プロ野球初のイタリア出身の選手となった。ハンファでは2勝を記録し、同年6月20日にウェーバー公示され退団した。アレッサンドロ・マエストリ フレッシュアイペディアより)

  • 徳島インディゴソックス

    徳島インディゴソックスから見た群馬ダイヤモンドペガサス群馬ダイヤモンドペガサス

    2014年 - 優勝(3勝1敗1分:対戦は群馬徳島インディゴソックス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
133件中 1 - 10件表示

「群馬ダイヤモンドペガサス」のニューストピックワード