133件中 91 - 100件表示
  • 中塚政幸

    中塚政幸から見た群馬ダイヤモンドペガサス群馬ダイヤモンドペガサス

    はベースボール・チャレンジ・リーグの群馬ダイヤモンドペガサスで育成総合コーチを務めた。中塚政幸 フレッシュアイペディアより)

  • 根鈴雄次

    根鈴雄次から見た群馬ダイヤモンドペガサス群馬ダイヤモンドペガサス

    2008年6月13日の対群馬ダイヤモンドペガサス戦で6回にホームランを打ってダイヤモンドを回る際に、群馬の投手・富岡久貴やベンチに対して暴言や挑発行為を行った。群馬の投手の死球に対する不満がチームにあった模様であるが、リーグは「非紳士的行為」として根鈴に3試合の出場停止処分を下した(また、富岡には、ブログ内でファンに根鈴の行動に対しての意見を求める書き込みがあったため、警告処分が下されている)。選手に対する出場停止はリーグで初めてである。さらに、10月2日の対群馬戦では審判に対する侮辱行為があったとして、10月10日にリーグより5試合の出場停止処分が下されたが、翌11日に球団より同日付での戦力外通告とコーチ契約を更新しないことが発表され、退団が決まった。根鈴雄次 フレッシュアイペディアより)

  • 利根沼田学校組合立利根商業高等学校

    利根沼田学校組合立利根商業高等学校から見た群馬ダイヤモンドペガサス群馬ダイヤモンドペガサス

    大木拓朗 元プロ野球選手(群馬ダイヤモンドペガサス)利根沼田学校組合立利根商業高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 第93回全国高等学校野球選手権大会

    第93回全国高等学校野球選手権大会から見た群馬ダイヤモンドペガサス群馬ダイヤモンドペガサス

    伊藤拓郎(帝京高 - DeNA - BCL/群馬第93回全国高等学校野球選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤拓郎 (野球)

    伊藤拓郎 (野球)から見た群馬ダイヤモンドペガサス群馬ダイヤモンドペガサス

    以降は一軍公式戦への登板機会がなく、10月3日に球団から戦力外通告を受けた。通告後には、2度にわたって12球団合同トライアウトに参加。NPB加盟球団からの獲得オファーがなかった一方で、11月22日には、BCリーグの富山サンダーバーズが伊藤の獲得に乗り出すことが報じられた。12月2日に、自由契約選手としてNPBから公示、同月27日には、BCリーグの群馬ダイヤモンドペガサスが伊藤の獲得を発表した。群馬への入団に至った背景には、DeNA時代のチームメイトで、当時群馬のシニアディレクターを務めていたアレックス・ラミレスからの勧めがあったという。伊藤拓郎 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 八木沢荘六

    八木沢荘六から見た群馬ダイヤモンドペガサス群馬ダイヤモンドペガサス

    引退後はロッテに残りは二軍投手コーチ、からまで西武ライオンズ一軍投手コーチ、は西武二軍投手コーチ、から西武一軍投手コーチ、にロッテの監督に就任。同年は昨年に続き最下位、は5位、8月2日に休養した。は横浜ベイスターズ一軍投手コーチ、はフジテレビ・ニッポン放送野球解説者、からまで読売ジャイアンツ二軍投手コーチ、からまで阪神タイガース一軍投手コーチ、からまでラジオ日本解説者、はオリックスブルーウェーブ一軍投手コーチ、四国アイランドリーグ巡回コーチ、からまで東京ガス投手コーチ、からまで東京ヤクルトスワローズ二軍投手コーチ、からBCリーグ・群馬ダイヤモンドペガサス投手コーチ、は群馬の特別アドバイザーを務めた。コーチ時代は中西太・山内一弘・水谷実雄・高畠康真(いずれも打撃コーチ)などと並び「12球団巡回コーチ」と呼ばれた渡辺久信(西武)、伊良部秀輝・河本育之・成本年秀(ロッテ)、福原忍・井川慶(阪神)を育て上げた。、同年2月6日に死去した森徹の後を受けて2月11日に日本プロ野球OBクラブ理事長に就任。八木沢荘六 フレッシュアイペディアより)

  • 小林宏之 (野球)

    小林宏之 (野球)から見た群馬ダイヤモンドペガサス群馬ダイヤモンドペガサス

    その後、8月14日にベースボール・チャレンジ・リーグ(BCリーグ)の群馬ダイヤモンドペガサスへ入団。7試合の登板で2勝1敗、防御率3.14とまずまずの成績を残したが、11月2日に自由契約となり、退団が発表された。11月22日に行われた、2013年度第2回12球団合同トライアウトに参加したが、獲得に乗り出す球団はなかった。小林宏之 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 秦真司

    秦真司から見た群馬ダイヤモンドペガサス群馬ダイヤモンドペガサス

    、BCリーグに新加入した群馬ダイヤモンドペガサスの監督に就任。就任初年度にチームを上信越地区の後期優勝と年間優勝に導いた。2年目も前後期を連覇、地区年間優勝し、石川ミリオンスターズとのリーグチャンピオンシップに勝利して初のリーグ優勝を達成した。秦真司 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦双亮

    杉浦双亮から見た群馬ダイヤモンドペガサス群馬ダイヤモンドペガサス

    最終的に2016年シーズンは9試合(13と2/3回)に登板、勝敗・セーブはつかず、被安打12、与四死球16(うち与死球2)、奪三振1、自責点3の防御率1.98という成績であった。ポストシーズンのうち、徳島インディゴソックスとのリーグチャンピオンシップでは登板の機会はなかったが、年間総合優勝を決めた試合後にチームメイトから胴上げを受けた。群馬ダイヤモンドペガサスと対戦したグランドチャンピオンシップでは、第3戦の8回、10点のリードを付けられた場面で登板し、2安打2四球で2点を失った。杉浦双亮 フレッシュアイペディアより)

  • 松永浩美

    松永浩美から見た群馬ダイヤモンドペガサス群馬ダイヤモンドペガサス

    よりBCリーグ・群馬ダイヤモンドペガサスの野手総合特別コーチに就任。2月、任期満了に伴い退団。以後は「夢グループ野球塾 川越校」の塾長として、鮎川らとともに、小中学生を対象とした後進の指導にあたっている。松永浩美 フレッシュアイペディアより)

133件中 91 - 100件表示

「群馬ダイヤモンドペガサス」のニューストピックワード