74件中 11 - 20件表示
  • フランシスコ・カラバイヨ

    フランシスコ・カラバイヨから見た群馬ダイヤモンドペガサス群馬ダイヤモンドペガサス

    球団やリーグから退団の公式な発表はなかったが、3月23日のリーグの監督・キャプテンによる記者会見の際に定岡智秋監督から「昨年二冠王を取った長距離打者が退団」とのコメントがあり、高知を退団したことが明らかにされた。同年3月26日、ベースボール・チャレンジ・リーグの群馬ダイヤモンドペガサスに入団した。BCリーグでは39試合で15本塁打を放ち、この記録がシーズン終了まで抜かれなかったので、カラバイヨは2つの独立リーグにまたがって2年連続の本塁打王を獲得することになった。フランシスコ・カラバイヨ フレッシュアイペディアより)

  • ダイヤモンドペガサス

    ダイヤモンドペガサスから見た群馬ダイヤモンドペガサス群馬ダイヤモンドペガサス

    ダイヤモンドペガサス フレッシュアイペディアより)

  • 群馬DP

    群馬DPから見た群馬ダイヤモンドペガサス群馬ダイヤモンドペガサス

    群馬DP フレッシュアイペディアより)

  • GTVパワフルナイター

    GTVパワフルナイターから見た群馬ダイヤモンドペガサス群馬ダイヤモンドペガサス

    2008年シーズンより「GTVダッシュ60 ジャイアンツナイター」と統合し、番組タイトルをGTVプロ野球スタジアムに変更する。またこの年から北信越BCリーグ(独立リーグ)に参加する群馬ダイヤモンドペガサスの主催試合を敷島球場など県内各地から中継する予定がある。GTVパワフルナイター フレッシュアイペディアより)

  • 佐山裕亮

    佐山裕亮から見た群馬ダイヤモンドペガサス群馬ダイヤモンドペガサス

    ベースボール・チャレンジ・リーグ、群馬ダイヤモンドペガサス スタジアムMC(2008年)佐山裕亮 フレッシュアイペディアより)

  • 小西翔

    小西翔から見た群馬ダイヤモンドペガサス群馬ダイヤモンドペガサス

    BCリーグ初年度の2007年シーズンは監督の後藤孝志から主将に指名され、主に3番で先発出場し打率.282、2本塁打、20打点を挙げたが、同年限りで構想外となり、翌2008年に発足する新球団群馬ダイヤモンドペガサスへの移籍が決まった。小西翔 フレッシュアイペディアより)

  • 首位打者

    首位打者から見た群馬ダイヤモンドペガサス群馬ダイヤモンドペガサス

    ベースボール・チャレンジ・リーグでは2010年に大谷尚徳(群馬ダイヤモンドペガサス)が首位打者を獲得した。首位打者 フレッシュアイペディアより)

  • 明星大学硬式野球部

    明星大学硬式野球部から見た群馬ダイヤモンドペガサス群馬ダイヤモンドペガサス

    川野智洋 - 2部で通算24勝、403奪三振。社会人野球鷺宮製作所を経て群馬ダイヤモンドペガサス投手 2006年人文学部社会学科卒明星大学硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 山田憲

    山田憲から見た群馬ダイヤモンドペガサス群馬ダイヤモンドペガサス

    2007年秋、BCリーグのトライアウトを受け、群馬ダイヤモンドペガサスへ入団。スタメンを固定させず、その時期で調子の良い選手を使うという秦真司監督の選手起用方針の中でも、シーズンを通して1番・遊撃手のポジションをキープし、群馬の上信越地区優勝の原動力となった。山田憲 フレッシュアイペディアより)

  • 越川昌和

    越川昌和から見た群馬ダイヤモンドペガサス群馬ダイヤモンドペガサス

    2008年にベースボール・チャレンジ・リーグの群馬ダイヤモンドペガサスに入団。同年は、主にリリーフや抑えとして活躍し、10セーブを挙げ最多セーブのタイトルを獲得した。越川昌和 フレッシュアイペディアより)

74件中 11 - 20件表示

「群馬ダイヤモンドペガサス」のニューストピックワード