133件中 61 - 70件表示
  • 2007年の野球

    2007年の野球から見た群馬ダイヤモンドペガサス群馬ダイヤモンドペガサス

    10月31日 - 【独立】北信越ベースボールチャレンジリーグは、来シーズンの概要を発表。ペナントレースは「上信越地区」(新潟・信濃・群馬)と「北陸地区」(富山・石川・福井)の2地区に分け、各球団72試合を行う。前後期制・プレーオフ制を導入し、各地区の前後期優勝チームで地区優勝を決め、5試合のリーグ優勝を決める。また、11月1日からリーグ名称を「ベースボール・チャレンジ・リーグ」に改め、引き続きリーグ名称の命名権の募集を行うことも発表された。2007年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 菊地和正

    菊地和正から見た群馬ダイヤモンドペガサス群馬ダイヤモンドペガサス

    2015年2月20日に、BCリーグの群馬ダイヤモンドペガサスに入団。同年には、投手コーチを務めながら、リーグ戦25試合の登板で1勝2敗3セーブ、防御率2.88という成績を残した。菊地和正 フレッシュアイペディアより)

  • 山田憲

    山田憲から見た群馬ダイヤモンドペガサス群馬ダイヤモンドペガサス

    2007年秋、BCリーグのトライアウトを受け、群馬ダイヤモンドペガサスへ入団。スタメンを固定させず、その時期で調子の良い選手を使うという秦真司監督の選手起用方針の中でも、シーズンを通して1番・遊撃手のポジションをキープし、群馬の上信越地区優勝の原動力となった。山田憲 フレッシュアイペディアより)

  • 堤雅貴

    堤雅貴から見た群馬ダイヤモンドペガサス群馬ダイヤモンドペガサス

    高校卒業後、に地元球団であるベースボール・チャレンジ・リーグの群馬ダイヤモンドペガサスに入団。堤雅貴 フレッシュアイペディアより)

  • 藤田宗一 (投手)

    藤田宗一 (投手)から見た群馬ダイヤモンドペガサス群馬ダイヤモンドペガサス

    2月7日、ベースボール・チャレンジ・リーグの群馬ダイヤモンドペガサスに選手兼任投手コーチ補佐として入団した。2012年9月13日に今シーズン限りでの引退を発表し、同日に行われた福井ミラクルエレファンツ戦を最後に退団した。試合後、「ロッテの優勝とWBCが一番の思い出。今年、コーチ経験もさせてもらったし、チャンスがあれば(NPBで)指導者をやりたい」と話した。藤田宗一 (投手) フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の野球

    2010年の野球から見た群馬ダイヤモンドペガサス群馬ダイヤモンドペガサス

    11日 - 【BCL】群馬ダイヤモンドペガサスが上信越地区前期優勝。2010年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の野球

    2011年の野球から見た群馬ダイヤモンドペガサス群馬ダイヤモンドペガサス

    6月21日 - 【独立】BCリーグの上信越地区で群馬ダイヤモンドペガサスは、マジック対象である新潟アルビレックス・ベースボール・クラブが信濃グランセローズに敗戦したことにより前期優勝達成2011年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • フレデリク・アンヴィ

    フレデリク・アンヴィから見た群馬ダイヤモンドペガサス群馬ダイヤモンドペガサス

    、フランス・FFBSのセナート・テンプライアーズに入団した。12月9日、ベースボール・チャレンジ・リーグのドラフト会議で群馬ダイヤモンドペガサスから指名された。フレデリク・アンヴィ フレッシュアイペディアより)

  • 八木健史

    八木健史から見た群馬ダイヤモンドペガサス群馬ダイヤモンドペガサス

    1月23日、ベースボール・チャレンジ・リーグの群馬ダイヤモンドペガサスの球団トライアウトに合格し入団。同年は、28試合に出場し打率.147に終わる。八木健史 フレッシュアイペディアより)

  • ティグレス・デ・カルタヘナ

    ティグレス・デ・カルタヘナから見た群馬ダイヤモンドペガサス群馬ダイヤモンドペガサス

    2014年-シーズンには、日本のベースボール・チャレンジ・リーグの石川ミリオンスターズから長谷川潤が派遣され、群馬ダイヤモンドペガサスからは栗野翔太郎が派遣された。ティグレス・デ・カルタヘナ フレッシュアイペディアより)

133件中 61 - 70件表示

「群馬ダイヤモンドペガサス」のニューストピックワード