133件中 81 - 90件表示
  • 石川ミリオンスターズ

    石川ミリオンスターズから見た群馬ダイヤモンドペガサス群馬ダイヤモンドペガサス

    2009年10月11日 - 群馬ダイヤモンドペガサスとの間で行われた年間チャンピオンシップに1勝3敗で敗退。石川ミリオンスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 第82回選抜高等学校野球大会

    第82回選抜高等学校野球大会から見た群馬ダイヤモンドペガサス群馬ダイヤモンドペガサス

    伊藤拓郎(帝京高 - DeNA - 群馬第82回選抜高等学校野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • MROゴールデンナイター

    MROゴールデンナイターから見た群馬ダイヤモンドペガサス群馬ダイヤモンドペガサス

    ベースボール・チャレンジ・リーグについては、2007年(平成19年)4月29日には北信越ベースボールチャレンジリーグ(当時の名称)の石川県での開幕戦があったため、北信越BCリーグの試合を放送した。2008年(平成20年)5月18日にも『石川 vs 群馬』を放送した。MROゴールデンナイター フレッシュアイペディアより)

  • 弓岡敬二郎

    弓岡敬二郎から見た群馬ダイヤモンドペガサス群馬ダイヤモンドペガサス

    より、四国アイランドリーグplus・愛媛マンダリンパイレーツの監督を務める。初年度は前期は最下位だったが、後期は惜しくも優勝を逃す2位ながら年間勝率2位となり、前期後期を連覇した徳島インディゴソックスとのリーグチャンピオンシップに出場。チームとしてチャンピオンシップ初勝利を挙げ対戦成績タイまで持ち込んだが、最終戦に敗れてチーム初優勝(またリーグ史上初の「年間勝率2位からの総合優勝」)を逃した。は2年目で就任後初となる後期優勝を達成、前期優勝の香川オリーブガイナーズとのリーグチャンピオンシップシップも制して、就任2年目でチームの「悲願」だった年間総合優勝を達成した。ベースボール・チャレンジ・リーグ優勝チームの新潟アルビレックス・ベースボール・クラブと対戦したグランドチャンピオンシップも3勝2敗で制し、「独立リーグ日本一」に導いた。は前後期と年間総合優勝をすべて達成する「完全優勝」を実現した。リーグでは3球団目で、監督としても3人目(他に西田真二(2回)、島田直也)となる。ベースボール・チャレンジ・リーグ優勝チームの群馬ダイヤモンドペガサスと対戦したグランドチャンピオンシップは初戦から2連勝で王手をかけたが、前年とは逆にそこから3連敗を喫し、史上2チーム目となるシリーズ連覇を逃した。同年10月27日愛媛の監督退任と、オリックスへの復帰(二軍育成統轄コーチ就任)が発表された。退任に際して、愛媛球団は弓岡の背番号77を永久欠番にすることを発表した。弓岡敬二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 岩村明憲

    岩村明憲から見た群馬ダイヤモンドペガサス群馬ダイヤモンドペガサス

    選手としては10試合の出場に留まったが、打率は5割を超えた。監督としては前期・最下位に沈むも、後期は新規参入1年目での地区半期優勝を果たした(リーグでは群馬ダイヤモンドペガサスに次いで2例目)。新潟との地区チャンピオンシップシリーズでは1勝2敗でルートインBCリーグチャンピオンシップシリーズ進出はならなかった。岩村明憲 フレッシュアイペディアより)

  • 高田周平

    高田周平から見た群馬ダイヤモンドペガサス群馬ダイヤモンドペガサス

    初登板・初先発:2008年4月20日、対群馬ダイヤモンドペガサス2回戦(群馬県立敷島公園野球場)高田周平 フレッシュアイペディアより)

  • 清水貴之 (野球)

    清水貴之 (野球)から見た群馬ダイヤモンドペガサス群馬ダイヤモンドペガサス

    から、ベースボール・チャレンジ・リーグの群馬ダイヤモンドペガサスでプレー。同年は、主に先発として5勝を挙げ、防御率も1.83を記録。清水貴之 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 定岡智秋

    定岡智秋から見た群馬ダイヤモンドペガサス群馬ダイヤモンドペガサス

    2008年、四国アイランドリーグplusの高知ファイティングドッグス監督に就任。現役時代に二遊間コンビを組んだ河埜敬幸は同リーグの長崎セインツの監督を務めており、指導者として相まみえることになった。監督となった最初のシーズンである2008年の前期はチームを3期ぶりのAクラスとなる2位に浮上させ、後期は優勝を逃したものの2位を確保した。一方河埜は成績不振を理由に前期終了後に契約を解除され、明暗が分かれた格好になった。2009年後期には就任2年目で初の半期優勝(後期)を達成。前期優勝の長崎セインツとのリーグチャンピオンシップにも勝利してチームを4年ぶりの年間総合優勝に導いた。さらに、群馬ダイヤモンドペガサスとのグランドチャンピオンシップに勝利し、独立リーグ日本一に輝いた。2011年以降はチームの成績はふるわず、2012年からは2年連続で最下位であった。2013年のシーズン終了後、退任が発表された。2014年8月1日に九州総合スポーツカレッジのヘッドコーチに就任した。2015年8月1日に柳ヶ浦高等学校野球部監督に就任した。定岡智秋 フレッシュアイペディアより)

  • 木田優夫

    木田優夫から見た群馬ダイヤモンドペガサス群馬ダイヤモンドペガサス

    、NPB復帰を目指し、石川で投手兼ゼネラルマネージャーとしてプレー。前年と同じく抑えを任されたが、8月24日に金沢市内のホテルで会見を開き、今季限りでの現役引退を発表した。9月13日の福井ミラクルエレファンツ戦(石川県立野球場)では友人である明石家さんまが臨時コーチを務め、試合終了後に退団式と称して球場を1周した。翌9月14日の群馬ダイヤモンドペガサス戦(石川県立野球場)で引退試合を行い、背番号12番は石川の永久欠番となった。木田優夫 フレッシュアイペディアより)

  • 澤井良輔

    澤井良輔から見た群馬ダイヤモンドペガサス群馬ダイヤモンドペガサス

    2008年、BCリーグの群馬ダイヤモンドペガサスの野手コーチとなる。背番号は99。2009年限りで退団。澤井良輔 フレッシュアイペディアより)

133件中 81 - 90件表示

「群馬ダイヤモンドペガサス」のニューストピックワード