44件中 11 - 20件表示
  • 群馬ダイヤモンドペガサス

    群馬ダイヤモンドペガサスから見た信濃グランセローズ

    2017年10月2日 - 信濃グランセローズとのリーグチャンピオンシップに2勝3敗で敗れ、2010年同様、2年連続でのリーグ優勝はならなかった。群馬ダイヤモンドペガサス フレッシュアイペディアより)

  • 群馬ダイヤモンドペガサス

    群馬ダイヤモンドペガサスから見た前橋市

    2014年からは高崎市城南野球場を本拠地とすることになり、同シーズンからは最多開催球場となっている。これに合わせて前橋市にあった球団本社も、2014年に高崎市に移転した。過去の使用球場のうち、本庄は2012年以降、渋川は2014年以降、藤岡は2015年以降それぞれ開催がない。太田も2015年以降開催がなかったが、改修工事が完成した2018年は4年ぶりに1試合(巨人3軍との交流戦)が予定されている群馬ダイヤモンドペガサス フレッシュアイペディアより)

  • 群馬ダイヤモンドペガサス

    群馬ダイヤモンドペガサスから見た愛媛マンダリンパイレーツ

    2016年10月10日 - 四国アイランドリーグplus優勝の愛媛マンダリンパイレーツと対戦したグランドチャンピオンシップに3勝2敗で勝利し、3度目の出場で初優勝を達成。群馬ダイヤモンドペガサス フレッシュアイペディアより)

  • 群馬ダイヤモンドペガサス

    群馬ダイヤモンドペガサスから見たオリックス・バファローズ

    2010年7月9日 - フランシスコ・カラバイヨがオリックス・バファローズにシーズン中移籍。球団が初めて送り出したNPB選手となった。国内の独立リーグからNPBへのシーズン中移籍も初のケース。群馬ダイヤモンドペガサス フレッシュアイペディアより)

  • 群馬ダイヤモンドペガサス

    群馬ダイヤモンドペガサスから見たダイヤモンド

    球団名は、「群馬」を象徴する「馬」から、「ペガサス」(天馬)を採用。また、輝きと強靱さのイメージに加え、野球において内野の4つの塁を結ぶ正方形の意味もある「ダイヤモンド」を冠した。リーグが6球団制だった2014年までは上信越地区、8球団制となった2015年からは東地区に属する。群馬ダイヤモンドペガサス フレッシュアイペディアより)

  • 群馬ダイヤモンドペガサス

    群馬ダイヤモンドペガサスから見た高知ファイティングドッグス

    2009年10月24日 - 四国・九州アイランドリーグ優勝の高知ファイティングドッグスとの間でグランドチャンピオンシップを開催(11月3日まで。2勝3敗で敗退)。群馬ダイヤモンドペガサス フレッシュアイペディアより)

  • 群馬ダイヤモンドペガサス

    群馬ダイヤモンドペガサスから見た読売ジャイアンツ

    2011年10月31日 - 秦真司監督の退任を発表(読売ジャイアンツ一軍バッテリーコーチへ就任)。群馬ダイヤモンドペガサス フレッシュアイペディアより)

  • 群馬ダイヤモンドペガサス

    群馬ダイヤモンドペガサスから見た富山GRNサンダーバーズ

    2008年10月3日 - 新潟との上信越地区チャンピオンシップに2連勝して地区優勝。北陸地区優勝の富山サンダーバーズとの間で争われたリーグチャンピオンシップには0勝3敗で敗退。群馬ダイヤモンドペガサス フレッシュアイペディアより)

  • 群馬ダイヤモンドペガサス

    群馬ダイヤモンドペガサスから見た徳島インディゴソックス

    2014年10月4日 - 四国アイランドリーグplus優勝の徳島インディゴソックスとの間でグランドチャンピオンシップを開催(10月13日まで。1勝1分3敗で敗退)。群馬ダイヤモンドペガサス フレッシュアイペディアより)

  • 群馬ダイヤモンドペガサス

    群馬ダイヤモンドペガサスから見た日本プロ野球機構

    2014年2月13日 - 選手兼任コーチとして「NPB」で外国人初の2000本安打を達成したアレックス・ラミレスの入団が発表された。群馬ダイヤモンドペガサス フレッシュアイペディアより)

44件中 11 - 20件表示

「群馬ダイヤモンドペガサス」のニューストピックワード