前へ 1 2 3 4 5 6
56件中 1 - 10件表示
  • 安中市

    安中市から見た群馬銀行群馬銀行

    群馬銀行安中支店(安中)安中市 フレッシュアイペディアより)

  • 小関博

    小関博から見た群馬銀行群馬銀行

    小関 博(1919年10月24日 - )は日本の実業家。元群馬銀行代表取締役頭取。小関博 フレッシュアイペディアより)

  • 国立銀行 (明治)

    国立銀行 (明治)から見た群馬銀行群馬銀行

    第三十九国立銀行(三十九銀行→(旧)群馬銀行)→1932年上州銀行とともに群馬大同銀行に吸収(現・群馬銀行国立銀行 (明治) フレッシュアイペディアより)

  • 新潟中央銀行

    新潟中央銀行から見た群馬銀行群馬銀行

    2000年(平成12年)12月21日までに金融整理管財人は第四銀行・大光銀行・群馬銀行・東和銀行・八十二銀行・東日本銀行の間で営業譲渡契約を締結し、2001年(平成13年)5月11日までに新潟中央銀行としての営業を終了し、5月14日付けで店舗網と預金・正常債権が分離された上で各受皿銀行へ譲渡・承継された。新潟中央銀行 フレッシュアイペディアより)

  • イーネット

    イーネットから見た群馬銀行群馬銀行

    地方銀行(38行) - 北海道銀行、青森銀行、秋田銀行、※荘内銀行、山形銀行、岩手銀行、七十七銀行、東邦銀行、群馬銀行、足利銀行、常陽銀行、武蔵野銀行、千葉銀行、横浜銀行、山梨中央銀行、北陸銀行、北國銀行、福井銀行、スルガ銀行、十六銀行、百五銀行、滋賀銀行、南都銀行、山陰合同銀行、中国銀行、広島銀行、山口銀行、百十四銀行、阿波銀行、伊予銀行、四国銀行、福岡銀行、親和銀行、肥後銀行、宮崎銀行、※鹿児島銀行、琉球銀行、※西日本シティ銀行イーネット フレッシュアイペディアより)

  • 萩原恭次郎

    萩原恭次郎から見た群馬銀行群馬銀行

    1920年 群馬銀行入行。詩話会会員になる萩原恭次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 東京立正短期大学

    東京立正短期大学から見た群馬銀行群馬銀行

    現代コミュニケーション専攻(旧・英語科含む):一般企業への就職者が多い傾向にある。実績の一例としてりそな銀行・明治安田生命保険・伊勢丹・ダイハツ工業・JR東日本リテールネット・ナルミヤ・インターナショナル・京セラ・ジェイティービー・日本通運・松下電工・トヨタレンタリース・ゼンリン・長野銀行・群馬銀行・アイフル・オンワード樫山・いすゞ自動車・ヤナセ・資生堂・花王・クラシエホールディングス・旭屋書店・三省堂書店・日本電気・グランドプリンスホテル・中央出版・東日本旅客鉄道などがある。東京立正短期大学 フレッシュアイペディアより)

  • 葉住利蔵

    葉住利蔵から見た群馬銀行群馬銀行

    明治31年(1898年)には新田銀行(現群馬銀行)を設立して頭取となり、同43年(1910年)には利根発電を設立して社長に就任し、電灯を太田に灯した。この間、同41年(1908年)には藪塚石材軌道(後の太田軽便鉄道、現東武桐生線)を開き、社長として運輸業の発展にも貢献した。葉住利蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 下村善太郎

    下村善太郎から見た群馬銀行群馬銀行

    明治維新後はその財力で前橋の発展に貢献した。桃井小学校の前身、十八郷学校新築に多額の寄付を行い、1874年(明治7年)の前橋本町大火災では義援活動を行った。県庁誘致運動の先頭に立ち、日本鉄道の前橋延長運動も起こした。また第三十九国立銀行の経営危機を救い、臨江閣建築には寄付を行うなどした。特に前橋への群馬県庁誘致活動においては、1876年(明治9年)の群馬県仮県庁移転に際し県庁舎整備のため一万円を寄付したのをはじめ、私財を投じて尽力した。下村善太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 立正大学短期大学部

    立正大学短期大学部から見た群馬銀行群馬銀行

    これまでの実績では、日本たばこ産業・日立製作所・大正製薬・東レ・東武百貨店・イトーヨーカ堂・三井住友銀行・群馬銀行・日興コーディアル証券など一般企業への就職者が多かった。立正大学短期大学部 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
56件中 1 - 10件表示

「群馬銀行」のニューストピックワード