前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
245件中 1 - 10件表示
  • 大逆転将棋

    大逆転将棋から見た羽生善治羽生善治

    前身番組は、トップ棋士である羽生善治が、将棋通の芸能人やスポーツ選手の挑戦を受ける『七冠王・羽生善治 大逆転十番勝負』(1996年5月放送)『羽生善治の新大逆転十番勝負』(1999年放送)『羽生善治の新春 大逆転五番勝負』(2000年1月放送)である。この番組では歴史に残る名勝負の投了一手前の局面から、羽生が負けた側を持って対局するものであり『大逆転将棋』は、この番組を発展させた形で続けられている。大逆転将棋 フレッシュアイペディアより)

  • 5五の龍

    5五の龍から見た羽生善治羽生善治

    「週刊少年キング」(少年画報社)に1978年から1980年まで連載された。単行本はヒットコミックスで全10巻、後に愛蔵版として中央公論社から全2巻、中公文庫コミックス版として中央公論社から全6巻が発売された。愛蔵版では中原誠や大内延介、中公文庫コミックス版では羽生善治らが推薦文を寄せている(ただし愛蔵版で登場している棋士の推薦文については、中公文庫にも同じ推薦文が流用されている)5五の龍 フレッシュアイペディアより)

  • 阿久津主税

    阿久津主税から見た羽生善治羽生善治

    2007年、第25回朝日オープン将棋選手権戦では予選を勝ち抜き本戦でも森内俊之(対局当時名人)・阿部隆(竜王挑戦経験者)・久保利明(後に棋王・王将獲得)・深浦康市(第21回朝日オープン選手権者、翌年王位獲得)・鈴木大介(竜王・棋聖挑戦経験者)と強豪を立て続けに撃破し、羽生善治朝日への挑戦権を得る活躍(五番勝負は1-3で敗退)。この年の獲得賞金・対局料ランキングで12位となり、六段の棋士でありながら2008年の大和証券杯ネット将棋・最強戦およびJT将棋日本シリーズへの初の出場権を得た。なお、この年に20位以内にランクインした棋士の中で、七段以下は阿久津のみである(阿久津にとっての初のランクインでもある)。阿久津主税 フレッシュアイペディアより)

  • 北尾まどか

    北尾まどかから見た羽生善治羽生善治

    銀河戦の記録係を女流育成会時代の第7期より担当、第14期では決勝戦・羽生善治×小林裕士の記録係を務めた。北尾まどか フレッシュアイペディアより)

  • 名人戦 (将棋)

    名人戦 (将棋)から見た羽生善治羽生善治

    この規定による永世名人は木村義雄(十四世名人)、大山康晴(十五世名人)、中原誠(十六世名人)、永世名人の資格を持つ棋士は谷川浩司(引退後に十七世名人襲位予定)、森内俊之(引退後に十八世名人襲位予定)、羽生善治(引退後に十九世名人襲位予定)である。木村は1952年の名人陥落時に引退して十四世名人を名乗った。大山は名人13連覇など数々の偉業を称えて、特例で現役でありながら「十五世名人」を名乗ることを許されていた。2007年11月、中原も名人15期をはじめとする実績を称えて現役中に十六世名人に推戴された。名人戦 (将棋) フレッシュアイペディアより)

  • 米長邦雄

    米長邦雄から見た羽生善治羽生善治

    1993年(平成5年)の名人位獲得には、若手とともに研究を行ったことが大きな要因であったとされる。米長は徹底的に自分の序盤戦術を洗い直す作業に取り掛かる。名人戦では対局の合間に、当時島朗が主宰して、羽生善治、佐藤康光、森内俊之で構成された伝説の研究会「島研」に顔を出した。また、1980年(昭和55年)から1990年代にかけて数十人の若手棋士が参加した「中原研究会」に対抗して、数年前から自宅を改造して若手棋士を集めて開いていた研究会「米長道場」で、徹底的に対中原名人戦の研究を重ねた。特に道場の師範代格で、当時序盤研究の第一人者だった森下卓から、大きな示唆をもらったという。なお、米長道場は「若手に教えを請う」という姿勢で運営しており、米長は森下卓のことを「先生」と呼んでいた。米長邦雄 フレッシュアイペディアより)

  • 橋本崇載

    橋本崇載から見た羽生善治羽生善治

    2004年度のNHK杯テレビ将棋トーナメントに出場した際、金髪のパンチパーマという髪型に、紫色のワイシャツを着用しており、その奇抜な出で立ちが話題となった。そのトーナメントを勝ち進み迎えた羽生善治戦(2005年1月放送)におけるテレビ視聴率は、通常のそれと比べて3倍になったといわれている。また、2007年5月放送のNHK杯においては、度々テレビカメラに視線を送るなどしたため、再び話題となった。2007年の放送については、ダウンタウン司会のフジテレビ系列の番組「爆笑 大日本アカン警察」でも“カメラを意識しすぎる棋士”として取り上げられた。橋本崇載 フレッシュアイペディアより)

  • NHK杯テレビ将棋トーナメント

    NHK杯テレビ将棋トーナメントから見た羽生善治羽生善治

    第61回(2011年度)までの最多優勝は羽生善治の10回であり、次いで大山康晴が8回、加藤一二三が7回優勝している(下表を参照)。NHK杯テレビ将棋トーナメント フレッシュアイペディアより)

  • 神崎健二

    神崎健二から見た羽生善治羽生善治

    中学1年の時、アマチュア名人戦の和歌山県大会に出場して予選敗退。そのとき灘蓮照と出会った縁で、中学2年の終わり頃、灘門下の7級として奨励会に入会する。奨励会時代は地元・和歌山の中学校・高校に通いながら、大阪の関西将棋会館に出向いて記録係を務めた。奨励会在籍の10年間で取った記録は、301局にも上る。二段のとき、第6回「若駒戦」の決勝(東西決戦)で石川陽生に勝ち優勝。2年後の同棋戦では、羽生善治に敗れて準優勝。奨励会の通常の対局以外に新聞(大阪新聞)に掲載される将棋を指せたことは、励みにも自信にもなったという。神崎健二 フレッシュアイペディアより)

  • 中村太地

    中村太地から見た羽生善治羽生善治

    第83期(2012年度)棋聖戦では、森内俊之名人や佐藤康光王将のタイトル保持者等を破り、さらに挑戦者決定戦で深浦康市に勝利して、自身初のタイトル挑戦を決めるも、羽生善治棋聖に3連敗で、タイトル獲得ならず。王座戦でも挑戦者決定戦まで勝ち上がるが、こちらも羽生に敗れ、タイトル挑戦はならなかった。中村太地 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
245件中 1 - 10件表示

「羽生善治」のニューストピックワード