前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
316件中 1 - 10件表示
  • 2017年度の将棋界

    2017年度の将棋界から見た羽生善治羽生善治

    25日 - 第88期棋聖戦挑戦者決定戦が行われ、斎藤慎太郎七段(対糸谷哲郎八段)が勝利し羽生善治棋聖への挑戦権を獲得。2017年度の将棋界 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年度の将棋界

    2016年度の将棋界から見た羽生善治羽生善治

    5・6日 - 第74期名人戦七番勝負第1局が行われ、羽生善治名人が先勝(羽生善治名人 1-0 佐藤天彦八段)。2016年度の将棋界 フレッシュアイペディアより)

  • 将棋電王戦

    将棋電王戦から見た羽生善治羽生善治

    羽生善治は2014年9月のインタビューで「今年、電王戦でプロ棋士が負け越したことについてよく聞かれますが、勝敗そのものにはあまり意味はないと思っています」「そもそも人間同士の対局が、コンピュータ将棋のような指し回しにならないのは、多分に心理的な要素が働いているからです。コンピュータ将棋のように、その瞬間瞬間に対応しているのではなく、互いにこう指したいという大局的な意図が先にあるから、そこに駆け引きの妙味も生まれてくるわけです」と述べた。将棋電王戦 フレッシュアイペディアより)

  • 名人 (将棋)

    名人 (将棋)から見た羽生善治羽生善治

    十九世名人 羽生善治(引退後に襲位予定)名人 (将棋) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た羽生善治羽生善治

    中学3年であった2000年3月、第26回三段リーグで13勝5敗の1位となり、同年4月に15歳で四段昇段(プロ入り)。加藤一二三・谷川浩司・羽生善治に続く、史上4人目の中学生棋士となった。なお、河口俊彦は渡辺を奨励会時代から高く評価していた。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 大逆転将棋

    大逆転将棋から見た羽生善治羽生善治

    前身番組では、トップ棋士である羽生善治が、歴史に残る名勝負の投了一手前の局面から、羽生が負けた側を、将棋通の芸能人やスポーツ選手を勝った側として対局を受け継ぐものであり『大逆転将棋』は、この番組を発展させた形で続けられている。大逆転将棋 フレッシュアイペディアより)

  • コンピュータ将棋

    コンピュータ将棋から見た羽生善治羽生善治

    やねうら王の開発者・磯崎元洋は2014年10月31日のブログで「上位のソフトは事前貸出なしの条件であればとっくに羽生さんを超えていることは誰の目にも明らかである。超えているとは言ってもソフト側から見て勝率が50パーセントは超えるだろうという程度の意味で、勝率が90パーセントとか100パーセントとかではないので試合としては成立すると思うが…」「しかし、事前貸出1年間だとか、そういう条件がつくならとんでもない茶番であり、羽生さんがゲーム攻略よろしく将棋ソフトの序盤のあら探しに終始することになる。羽生さんのような優れた頭脳を1年もそんな遊びに投入させるべきではない。それこそ社会的損失である」と述べた。コンピュータ将棋 フレッシュアイペディアより)

  • 竜王戦

    竜王戦から見た羽生善治羽生善治

    永世称号である永世竜王は、竜王位を連続5期もしくは通算7期以上保持した棋士に与えられる。2017年12月現在、永世竜王の資格を持つ棋士は渡辺明と羽生善治で、羽生に至っては永世称号の規定のある7大タイトル全てで永世称号を獲得している。竜王戦 フレッシュアイペディアより)

  • 5五の龍

    5五の龍から見た羽生善治羽生善治

    「週刊少年キング」(少年画報社)に1978年から1980年まで連載された。単行本はヒットコミックスで全10巻、後に愛蔵版として中央公論社から全2巻、中公文庫コミックス版として中央公論社から全6巻が発売された。愛蔵版では中原誠や大内延介、中公文庫コミックス版では羽生善治らが推薦文を寄せている(ただし愛蔵版で登場している棋士の推薦文については、中公文庫にも同じ推薦文が流用されている)5五の龍 フレッシュアイペディアより)

  • 相横歩取り

    相横歩取りから見た羽生善治羽生善治

    プロの実戦でも、以前は飛車交換拒否型も見られた(例:1989年の第38回NHK杯谷川対羽生戦)が先手後手ともに指し手が難しく、近年は飛車交換型が圧倒的に多い。相横歩取り フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
316件中 1 - 10件表示

「羽生善治」のニューストピックワード