245件中 91 - 100件表示
  • 坪内利幸

    坪内利幸から見た羽生善治羽生善治

    ひねり飛車を得意戦法とし、これにより若手時代の羽生善治・中村修に快勝したことがある。また、対ひねり飛車にも強く、若手時代の屋敷伸之を撃破したこともある。坪内利幸 フレッシュアイペディアより)

  • 滝誠一郎

    滝誠一郎から見た羽生善治羽生善治

    小学5年生でアマ四段だった羽生善治を二枚落ちで破ったことがある(本来、アマ四段ならプロ相手にも飛車落ちが適正なハンデである)。それから間もなく羽生は奨励会に入会したが、その時の奨励会の幹事も滝であった。滝誠一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 関浩

    関浩から見た羽生善治羽生善治

    その8か月後、10歳下の羽生善治がデビューしたが、1986年3月13日に「オールスター勝ち抜き戦」の予選で羽生と当たる。矢倉の本格的な攻防となるが、これに勝利。羽生にとっては、棋士人生初の黒星であった。関は、このデビュー1年目に20勝を挙げた。関浩 フレッシュアイペディアより)

  • 宮坂幸雄

    宮坂幸雄から見た羽生善治羽生善治

    宮坂はチェスプレーヤーとしても活動していた。日本チェス協会が活動開始して第1回の日本チャンピオンとなったのが宮坂である。その後も第4回まで連続して日本チャンピオンとなっている。なおチェスプレーヤーとしても活動している将棋棋士としては他には小野五平、坂口允彦、大山康晴、羽生善治、森内俊之らがいる。宮坂幸雄 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田利勝

    吉田利勝から見た羽生善治羽生善治

    第49期(1990年度)B級2組順位戦の2回戦(1990年6月29日)で、羽生善治竜王を破る。吉田が後手番で、横歩取りの将棋であった。羽生はこの1敗が大きく響き、昇級できなかった。吉田利勝 フレッシュアイペディアより)

  • 天野宗歩

    天野宗歩から見た羽生善治羽生善治

    江戸時代の棋士でありながら、隙あらば動く序盤のスピード感覚や、中原囲いに類似した囲いの使用など現代の棋士と比べても遜色なく、最強棋士候補の一人である。羽生善治も「歴史上、誰が一番強いと思いますか?」という質問に升田幸三と並べて天野の名を挙げ「今の目で見たらすごいスピード感溢れる将棋を指している。相手がのんびり指しているのでその圧倒的なスピードの違いがよく分かる。現代に現れてもすごい結果を残したのではないだろうか」と評した。天野宗歩 フレッシュアイペディアより)

  • 番勝負

    番勝負から見た羽生善治羽生善治

    同じ対局者同士が同時期に複数の番勝負を戦う場合、俗に、すべての番勝負の数字を加えた数を用いて「○○番勝負」と表現することがある。たとえば2005年度の将棋のタイトル戦では、連続する3つのタイトル戦、棋聖戦五番勝負、王位戦七番勝負、王座戦五番勝負に羽生善治と佐藤康光が登場し、「十七番勝負」と呼ばれた。番勝負 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生マジック

    羽生マジックから見た羽生善治羽生善治

    羽生マジックとはプロ棋士である羽生善治が将棋の中終盤でみせる妙手のこと。まるでマジックをみせられたかのような信じられない手を指して大逆転することからこの名がついた。また羽生の棋風そのものを表現する言葉としても用いられる。羽生マジック フレッシュアイペディアより)

  • 将棋まつり

    将棋まつりから見た羽生善治羽生善治

    将棋まつりではほぼ毎回、小中学生限定の将棋大会が行われており、ここで活躍したちびっ子が後に棋士になる場合が多い。中でも羽生善治は小学生時代に将棋まつりでの将棋大会で驚異的な戦績をおさめていた。その際迷子防止のために広島東洋カープの赤帽子を常に着用していたことから、「恐怖の赤ヘル少年」としてアマチュア将棋界にその名が知れ渡ることになった。将棋まつり フレッシュアイペディアより)

  • カニカニ銀

    カニカニ銀から見た羽生善治羽生善治

    羽生善治は、第82期棋聖戦(防衛戦)の第1局(2011年6月11日、対・深浦康市)で、ほぼカニカニ銀の形から攻めて勝利。盤の中央での戦いで持駒とした金・銀を相手の飛車を奪う道具として投資するという内容であった。カニカニ銀 フレッシュアイペディアより)

245件中 91 - 100件表示

「羽生善治」のニューストピックワード