245件中 11 - 20件表示
  • 2手目△3二飛

    2手目△3二飛から見た羽生善治羽生善治

    創案者はアマチュアから三段リーグ編入試験で関西奨励会に編入した今泉健司。久保利明経由で関東に伝わり、長岡裕也が2007年12月11日の竜王戦6組で佐藤天彦を相手に公式戦で初めて用いた(結果は佐藤天彦の勝ち)。その後、久保がA級順位戦で、羽生善治が朝日杯の準決勝で用いて注目を集めた。この戦法により、今泉は奨励会員として初めて第35回升田幸三賞を受賞した。2手目△3二飛 フレッシュアイペディアより)

  • 柳瀬尚紀

    柳瀬尚紀から見た羽生善治羽生善治

    将棋に関する著作を、名人・羽生善治との共著で数冊出している。柳瀬尚紀 フレッシュアイペディアより)

  • 村山聖

    村山聖から見た羽生善治羽生善治

    棋士としての闘争心は非常に激しく、ライバル棋士たちに対しては盤外でも敵意を剥き出にすることが多かったが、羽生善治に対してだけは特別の敬意を払っていたという。当時、羽生を筆頭として十代でプロ棋士となった一群の少年達は恐るべき勢いで勝ち進み、新人類棋士、チャイルドブランドなどと呼ばれていたが、羽生善治、佐藤康光、森内俊之と村山の4名が、その有力なメンバーであった。この世代が後に「羽生世代」と呼ばれ、将棋界の中心メンバーとなった。また、「東の羽生、西の村山」と並び称され期待されたが、体調不良で不戦敗になったり、実力を発揮できない事もあり、実績では羽生に遅れを取ることとなった。村山聖 フレッシュアイペディアより)

  • 相横歩取り

    相横歩取りから見た羽生善治羽生善治

    プロの実戦でも、以前は飛車交換拒否型も見られた(例:1989年の第38回NHK杯羽生対谷川戦)が先手後手ともに指し手が難しく、近年は飛車交換型が圧倒的に多い。相横歩取り フレッシュアイペディアより)

  • 横歩取り3三桂

    横歩取り3三桂から見た羽生善治羽生善治

    後手の飛角桂の活用がやや難しいため、当初は3三角戦法と違い採用率が低く、奇襲戦法の一つとして認知されていたに過ぎなかった。深浦康市によると、3三桂戦法がプロ棋士の間で脚光を浴びるきっかけとなったのは、平成2年の棋聖戦で屋敷伸之が3三桂戦法を採用して森下卓を破った一局である。このとき先手の森下が採用した3八玉形が廃れ、先手は玉を中住まいに構えるようになったが、それへの対策として考案されたのが5筋の歩を伸ばして先手の玉頭に狙いをつける手法である。この指し方の代表局としては平成4年6月の天王戦の羽生善治対脇謙二戦がある。以上の2局は先手が持久戦を志向した場合の指し方としてほぼ定跡手順となっているが、先手が急戦模様に動く手法も現れた。横歩取り3三桂 フレッシュアイペディアより)

  • 山村龍和

    山村龍和から見た羽生善治羽生善治

    会期中、将棋棋士羽生善治と対談。山村龍和 フレッシュアイペディアより)

  • 糸谷哲郎

    糸谷哲郎から見た羽生善治羽生善治

    第59回(2009年度)NHK杯戦で、永世名人の資格を持つ2名(谷川浩司九段、森内俊之九段)と永世竜王の資格を持つ渡辺明竜王を破り、永世名人の資格を持つ羽生善治名人と決勝で戦う。解説役として出演した谷川浩司は、「羽生が(1988年度の第38回で)名人経験者を次々と破って初優勝をしたときと似ている」とコメントしたが、敗れて準優勝となった。なお、準決勝の対・渡辺戦では、糸谷得意の早指しに渡辺も早指しで対抗して対局が早々と終了したため、放送時間の後ろに久々に臨時番組が挿入された(「NHK杯将棋名局選」 = 丸田祐三九段による昔のNHK杯戦の解説)。糸谷哲郎 フレッシュアイペディアより)

  • 先崎学

    先崎学から見た羽生善治羽生善治

    いわゆる「羽生世代」と呼ばれることがある棋士の一人。彼らの中で先崎だけタイトル戦登場経験はないものの、全棋士参加棋戦優勝は羽生善治・森内俊之の次に達成している。先崎学 フレッシュアイペディアより)

  • 盤外戦

    盤外戦から見た羽生善治羽生善治

    小学生名人戦で羽生善治が優勝したとき、谷川浩司が「このまま頑張れば、プロになるのも夢ではない。」と羽生を讃えて励ましたのに対して、大山康晴は「数年後は谷川君を目標にタイトルを争っているでしょう。」と言い放ち、谷川は恥辱を受けて顔がひきつるだけだった。なお、1988年度NHK杯で羽生は大山、谷川らを破って優勝しているので予言としては大山の発言は当たっている。盤外戦 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井システム

    藤井システムから見た羽生善治羽生善治

    従来は居飛車側が作戦として持久戦を選択する際、5筋位取り・玉頭位取りまたは船囲いから矢倉囲いなどへの発展系の囲いを選択することになり、特に横からの寄せ合いには脆さがあった。しかし左美濃・居飛車穴熊の発達により、居飛車が同等かそれ以上の堅さを手に入れたため、振飛車の勝率が極端に下がった。トップ棋士になるとこの傾向が顕著で、羽生善治・森内俊之・佐藤康光・渡辺明が居飛車穴熊を指したときの勝率(先後別)は、佐藤の後手番で0.588を除いて7割以上の高勝率であり、羽生は先後合計での勝率が9割を超えている(通常、先手番の勝率は五割を少し越す程度といわれている)。藤井システム フレッシュアイペディアより)

245件中 11 - 20件表示

「羽生善治」のニューストピックワード