245件中 21 - 30件表示
  • 深浦康市

    深浦康市から見た羽生善治羽生善治

    1993年度、早指し新鋭戦で優勝。これにより、同年度の早指し将棋選手権への出場資格を得たが、こちらでも優勝(決勝の相手は羽生善治)。一つの年度にテレビ東京の両棋戦で通しの優勝を成し遂げたのは深浦だけである。深浦康市 フレッシュアイペディアより)

  • 将棋界

    将棋界から見た羽生善治羽生善治

    序・中盤の少しの差が勝負に直結することの多いプロの将棋においては、先手が有利、後手が不利なものであるとされてきた。実際、日本将棋連盟が公式戦の統計を取り始めた1967年度以降、41年連続で先手番が後手番に勝ち越していた。象徴的なのは、羽生善治が初タイトル(竜王)を獲得した1989年度に、先手番での勝率が9割を超えたことである(29勝2敗で0.935)。また、「相矢倉は微差ながらも先手有利」という見解が大勢を占め始めた2000年頃から、谷川浩司は後手番のときにあまり矢倉を指さなくなった。将棋界 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤康光

    佐藤康光から見た羽生善治羽生善治

    奨励会二段の頃、島朗主宰の、いわゆる「島研」に、羽生善治や森内俊之とともに参加し、腕を磨く。佐藤康光 フレッシュアイペディアより)

  • さかもと未明

    さかもと未明から見た羽生善治羽生善治

    2011年(平成23年)4月7,8日東京都文京区の椿山荘にて第69期名人戦開幕戦(名人 羽生善治 対 挑戦者森内俊之)でナビゲーターとなる。さかもと未明 フレッシュアイペディアより)

  • 中原誠

    中原誠から見た羽生善治羽生善治

    1993年、第51期名人戦(中原0-米長4)は、米長邦雄と6度目の名人戦となったが、ストレート負けで初めて米長に名人位を明け渡し、史上最年長名人の記録達成を許すとともに、虎の子の一冠であった名人位を失う(羽生善治が名人戦に初登場する1期前のことであった)。同年度の王将戦では挑戦者となるが、谷川の前に敗れる。これが、中原にとって最後のタイトル戦登場となった。中原誠 フレッシュアイペディアより)

  • 谷川浩司

    谷川浩司から見た羽生善治羽生善治

    なお、兄・俊昭は灘中学校・高等学校と東京大学やリコー(将棋大会トップクラスの常連)で将棋部に在籍し、アマチュアのタイトルを何度も獲得した。「将棋ジャーナル」誌の企画対局において、四段時代の羽生善治に平手で勝ったこともある。谷川浩司 フレッシュアイペディアより)

  • 名人 (将棋)

    名人 (将棋)から見た羽生善治羽生善治

    十九世名人 羽生善治(引退後に襲位予定)名人 (将棋) フレッシュアイペディアより)

  • 二上達也

    二上達也から見た羽生善治羽生善治

    順位戦では1978年に6勝4敗で4名が並び、名人挑戦者を決めるプレーオフに出場し、二上は米長に敗れた。1979年には3勝6敗でB級1組へ降級したが1980年にはA級へ復帰した。1982年の2度目の降級後も2期後にA級へ復帰した。1986年に3度目に降級した後の1988年頃から引退を考え始めた。公式戦である、1989年の勝ち抜き戦で弟子の羽生善治と対局して負けた際に最終的に引退を決意したと語っている。二上達也 フレッシュアイペディアより)

  • 千日手

    千日手から見た羽生善治羽生善治

    第44期(1994年度)王将戦七番勝負最終局では、谷川浩司王将が羽生善治竜王・名人(六冠)を千日手指し直しの末に破り、羽生の七冠制覇を阻止した。千日手 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋道雄

    高橋道雄から見た羽生善治羽生善治

    1995年度、第21期棋王戦で六冠王・羽生善治に挑戦。その頃、羽生は並行して七冠独占をかけて王将戦七番勝負を谷川と戦っていた。棋王戦五番勝負第1局(1996年2月10日)で高橋が負けた後、王将戦第4局(1996年2月13日-14日)で羽生が勝ち、4-0で七冠独占に成功。よって棋王戦第2局(2月23日)以降の高橋の対局相手は七冠王ということになった。結果は、第3局(3月8日)まで高橋の3連敗で決着。羽生の1995年度タイトル戦完全制覇を許した。高橋道雄 フレッシュアイペディアより)

245件中 21 - 30件表示

「羽生善治」のニューストピックワード