316件中 21 - 30件表示
  • 横歩取り3三桂

    横歩取り3三桂から見た羽生善治羽生善治

    後手の飛角桂の活用がやや難しいため、当初は3三角戦法と違い採用率が低く、奇襲戦法の一つとして認知されていたに過ぎなかった。深浦康市によると、3三桂戦法がプロ棋士の間で脚光を浴びるきっかけとなったのは、平成2年の棋聖戦で屋敷伸之が3三桂戦法を採用して森下卓を破った一局である。このとき先手の森下が採用した3八玉形が廃れ、先手は玉を中住まいに構えるようになったが、それへの対策として考案されたのが5筋の歩を伸ばして先手の玉頭に狙いをつける手法である。この指し方の代表局としては平成4年6月の天王戦の羽生善治対脇謙二戦がある。以上の2局は先手が持久戦を志向した場合の指し方としてほぼ定跡手順となっているが、先手が急戦模様に動く手法も現れた。横歩取り3三桂 フレッシュアイペディアより)

  • 勝又清和

    勝又清和から見た羽生善治羽生善治

    転機となったのは、第52期(1994年度)名人戦の七番勝負を戦う米長邦雄名人と羽生善治四冠の闘志あふれる姿を見たことだった。勝又は同年度4月 - 9月の第15回三段リーグでは昇級を逃すも、リーグ表順位で勝又より下の近藤正和と同星の12勝6敗の成績を収める。これが結果的に大きかった(次回のリーグ表で、勝又は3位、近藤は4位)。勝又は次の第16回三段リーグ(1994年度10月 - 3月)の最終日を、2局のうち1局勝てば自力昇段(「マジック1」に相当)という状況で迎えた。近藤は2勝0敗で追い上げたが、勝又は1敗の後に1勝して近藤と同じ13勝5敗。よって、勝又が四段昇段を決めた(1995年4月1日付けで昇段・プロ入り)。このときの同時昇段者(トップ通過)は、勝又よりさらに年上の北島忠雄(29歳)であった。勝又清和 フレッシュアイペディアより)

  • 滝誠一郎

    滝誠一郎から見た羽生善治羽生善治

    1980年代に長く新進棋士奨励会幹事を務めており、当時は奨励会員の兄貴分として将棋からプライベートまで幅広く面倒を見ていた。特に先崎学とは共に麻雀をすることが多かった模様(先崎のエッセイに何度となく登場する)。2013年の引退時に仲間内で開かれた慰労会には、幹事時代に奨励会員だった羽生善治・佐藤康光・森内俊之・郷田真隆らが顔を揃え、その豪華メンバーぶりが話題となった。滝誠一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 松尾歩

    松尾歩から見た羽生善治羽生善治

    2017年、第30期竜王戦1組ランキング戦で深浦康市、屋敷伸之、丸山忠久を下し決勝進出。決勝で羽生善治を下して1組初優勝した。決勝トーナメントでは久保利明を下し、初めて挑戦者決定三番勝負に進出した。反対の山から勝ち上がってきたのは1組決勝で下した羽生善治だった。挑戦者決定三番勝負では第2局を制したものの第3局で破れ、初の竜王挑戦はならなかった。松尾歩 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部健治郎

    阿部健治郎から見た羽生善治羽生善治

    2015年には第41期棋王戦にて予選から勝ち上がり挑戦者決定トーナメントに進出。トーナメントでも名人含む4冠の羽生善治やA級棋士である久保利明や広瀬章人らを破り、ベスト4に入る活躍をみせた。この羽生を破った一局が将棋大賞の名局賞特別賞に選ばれた。阿部健治郎 フレッシュアイペディアより)

  • 土佐浩司

    土佐浩司から見た羽生善治羽生善治

    第48期(1989年度)C級1組順位戦で8勝2敗・2位となり、B級2組昇級。同時昇級者は10戦全勝の羽生善治(同年度に初タイトル竜王を獲得)である。土佐の2敗のうちの1敗は対羽生戦であったが、最終局で昇級争いライバルの森下卓を破ってくれたのも羽生であり、土佐の逆転昇級となった。土佐浩司 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬川晶司

    瀬川晶司から見た羽生善治羽生善治

    退会時に所持していた将棋の書籍や自身の棋譜を処分し、二度と将棋を指さないつもりだったが、将棋を伸び伸びと指す楽しさに気づきアマチュアに復帰。大学3年の1999年、第53期全日本アマチュア名人戦で優勝しアマ名人となり、これによりプロの公式棋戦である第26期棋王戦への出場資格を得る。予選トーナメント1回戦の相手は、くしくも瀬川の退会が決まった第18回三段リーグで、年齢制限ぎりぎりで四段昇段を果たした中座真であった。同年の全国アマチュア王将位大会では準アマ王将となり、これにより出場した第9期銀河戦本戦では、プロを相手に7連勝する快進撃で、ブロック最多連勝でアマチュアながら決勝トーナメントに進出した。なお、2000年1月1日にはNHKの?新春お好み将棋対局にアマ名人として出演、羽生善治NHK杯との対局(羽生は角落ち)を行い、119手で敗れている。瀬川晶司 フレッシュアイペディアより)

  • 吉増剛造

    吉増剛造から見た羽生善治羽生善治

    『盤上の海、詩の宇宙』(河出書房新社、1997年)羽生善治との対談吉増剛造 フレッシュアイペディアより)

  • 神崎健二

    神崎健二から見た羽生善治羽生善治

    中学1年生の時にアマチュア名人戦の和歌山県大会に出場して予選敗退。そのときに灘蓮照と出会った縁で、中学2年の終わり頃に灘門下の7級として奨励会に入会する。奨励会時代は地元・和歌山の中学校・高校に通いながら、大阪の関西将棋会館に出向いて記録係を務めた。奨励会在籍の10年間で取った記録は301局にも上る。二段の時に第6回「若駒戦」の決勝(東西決戦)で石川陽生に勝ち優勝。2年後の同棋戦では、羽生善治に敗れて準優勝。奨励会の通常の対局以外に新聞(大阪新聞)に掲載される将棋を指せたことは、励みにも自信にもなったという。神崎健二 フレッシュアイペディアより)

  • Https://ja.wikipedia.org/wiki/利用者:Pooh456/sandbox/藤井聡太

    Https://ja.wikipedia.org/wiki/利用者:Pooh456/sandbox/藤井聡太から見た羽生善治羽生善治

    中学2年生で迎えた第59回奨励会三段リーグ戦(2016年度前期)で、2016年9月3日に10月1日付・14歳2か月での四段昇段=プロ入りを決め、最年少棋士記録(加藤一二三が1954年8月1日に14歳7か月で四段昇段)を62年ぶりに更新した。中学生でプロ入りを果たしたのは、加藤一二三・谷川浩司・羽生善治・渡辺明に続いて5人目、また三段リーグを1期抜けしたのは、小倉久史・屋敷伸之・川上猛・松尾歩・三枚堂達也に続いて6人目であった。Https://ja.wikipedia.org/wiki/利用者:Pooh456/sandbox/藤井聡太 フレッシュアイペディアより)

316件中 21 - 30件表示

「羽生善治」のニューストピックワード