245件中 31 - 40件表示
  • 竜王戦

    竜王戦から見た羽生善治羽生善治

    永世称号である永世竜王は、竜王位を連続5期もしくは通算7期以上保持した棋士に与えられる。2012年11月現在、永世竜王の資格を持つ棋士は渡辺明のみ。但し羽生善治が通算6期で永世竜王に王手をかけており、あと1期獲得すると竜王を含む7大タイトル全てで永世称号を与えられる事となる。しかし2002年に失冠して以降10年間、羽生は竜王位から遠ざかっている。竜王戦 フレッシュアイペディアより)

  • 王将戦

    王将戦から見た羽生善治羽生善治

    永世称号である「永世王将」は、王将位を通算10期以上保持した棋士に与えられる。2007年3月現在、永世王将は大山康晴、永世王将の資格を持つ棋士は羽生善治。大山は1973年、王将失冠(無冠)により、特例的に現役で永世王将を名乗っている。王将戦 フレッシュアイペディアより)

  • 棋聖戦 (将棋)

    棋聖戦 (将棋)から見た羽生善治羽生善治

    1962年の創設当初から1994年度までは、タイトル戦の中では唯一、1年に2期行われていた(五番勝負は6?7月と12月?2月)。現行の年1期制となったのは1995年度である(ちょうど羽生善治が七冠独占を果たした年度に当たる)。棋聖戦 (将棋) フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・フィッシャー

    ボビー・フィッシャーから見た羽生善治羽生善治

    その後、アメリカ政府は身柄引き渡しを要求したが、米国を憎むフィッシャーはそれを拒否していた。パスポートが失効した状態で、なおかつ他国での市民権も確保されていない状態で、フィッシャーにどのような状況打開策が残されているのか、非常に不透明な状況になった。各地でフィッシャーを支持する人々がこの状況を何とかしようとした。例えばボビーの父親の古郷でフィッシャーが国籍を取得できる可能性もあると思われたドイツなどでも、フィッシャーの国籍確保のために運動を起こす人々がいた。日本でもフィッシャーを守ろうとする人々が現れ、羽生善治、民主党の榛葉賀津也や社民党の福島瑞穂といった人々の運動が功を奏し、2004年12月、アイスランド政府がフィッシャーに対して市民権を与える措置をとり、拘束から約8ヵ月後の2005年3月24日、日本政府はフィッシャーのアイスランドへの出国を認め釈放した。以後はアイスランドに滞在し、2008年1月17日に64歳で死去した。ボビー・フィッシャー フレッシュアイペディアより)

  • 勝又清和

    勝又清和から見た羽生善治羽生善治

    転機となったのは、第52期(1994年度)名人戦の七番勝負を戦う米長邦雄名人と羽生善治四冠の闘志あふれる姿を見たことだった。勝又は同年度4月 - 9月の第15回三段リーグでは昇級を逃すも、リーグ表順位で勝又より下の近藤正和と同星の12勝6敗の成績を収める。これが結果的に大きかった(次回のリーグ表で、勝又は3位、近藤は4位)。勝又は次の第16回三段リーグ(1994年度10月 - 3月)の最終日を、2局のうち1局勝てば自力昇段(「マジック1」に相当)という状況で迎えた。近藤は2勝0敗で追い上げたが、勝又は1敗の後に1勝して近藤と同じ13勝5敗。よって、勝又が四段昇段を決めた(1995年4月1日付けで昇段・プロ入り)。このときの同時昇段者(トップ通過)は、勝又よりさらに年上の北島忠雄(29歳)であった。勝又清和 フレッシュアイペディアより)

  • 清水市代

    清水市代から見た羽生善治羽生善治

    1996年7月には、3年間遠ざかっていた女流王将に返り咲き、女流名人、女流王位、倉敷藤花と合わせた女流四冠独占を達成。これにより文部大臣表彰も受けた。同時期に羽生善治が七冠独占していたことから、俗に「女羽生(おんなはぶ)」と呼ばれた。清水市代 フレッシュアイペディアより)

  • 将棋マガジン

    将棋マガジンから見た羽生善治羽生善治

    羽生善治の七冠独占による将棋ブームで世間に将棋ファンが増えていた頃、1996年10月号をもって謎の発行終了をする。最終号は、奇しくも羽生の七冠の一角を三浦弘行が崩したことを伝えるものであった。将棋マガジン フレッシュアイペディアより)

  • 小阪昇

    小阪昇から見た羽生善治羽生善治

    第44期(1985年度)のC級2組順位戦は、7勝2敗で最終局を迎え、自力ではないものの昇級の可能性があった。これに勝って8勝2敗としたものの、ライバルのうち1名が勝ったため次点(4位)に終わった。翌年度、第45期(1986年度)C級2組順位戦では、順位戦デビューの羽生善治に勝利するなどして、第7戦まで無傷の全勝。しかも、前期の次点の成績により順位表で絶好のポジションにいた。しかし、そこから3連敗して7勝3敗の8位となり、またも昇級を逃した。小阪昇 フレッシュアイペディアより)

  • 高島弘光

    高島弘光から見た羽生善治羽生善治

    1988年、第1期竜王戦で竜王ランキング戦4組を戦うが、3連敗で5組に降級。このときの4組優勝者は羽生善治である。この頃から、若い強豪棋士達と当たるようになる。翌1989年は、5組で羽生と同世代の先崎学、佐藤康光と当たる。先崎には勝ったが佐藤に敗れ、4組復帰はならなかった(佐藤は4組昇級)。第48期(1989年度)C級1組順位戦で羽生に敗れる。翌第49期(1990年度)では、村山聖、森下卓、佐藤に敗れる。高島弘光 フレッシュアイペディアより)

  • マリンピアくろい

    マリンピアくろいから見た羽生善治羽生善治

    1980年代には大相撲の地方巡業やジャズ・フェスティバルを開催するなど、夏場を中心に多数の来場者を集めた。1996年2月14日に羽生善治が史上初めて将棋の七冠を達成したのもマリンピアくろいのホテルでの出来事であった。マリンピアくろい フレッシュアイペディアより)

245件中 31 - 40件表示

「羽生善治」のニューストピックワード