245件中 41 - 50件表示
  • 最強羽生将棋

    最強羽生将棋から見た羽生善治羽生善治

    日本将棋連盟推薦。通常の対局はもちろんのこと、初心者教室や、自由研究、羽生善治名人(当時)の棋譜も収録。思考ルーチンは金沢伸一郎が開発。最強羽生将棋 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生名人のおもしろ将棋

    羽生名人のおもしろ将棋から見た羽生善治羽生善治

    羽生善治と日本将棋連盟がプロデュースした将棋ソフト。一般の対局モードだけではなく、以下のモードがある。羽生名人のおもしろ将棋 フレッシュアイペディアより)

  • グリグリ

    グリグリから見た羽生善治羽生善治

    他に将棋の棋士である羽生善治が対局中、勝ちを確信したときに出る、打ち下ろした駒をさらに指でグリグリと盤に押し付ける仕草もグリグリと呼ばれる。グリグリ フレッシュアイペディアより)

  • 55年組 (将棋)

    55年組 (将棋)から見た羽生善治羽生善治

    一時期は合わせて過半数のタイトルを保持していた55年組も、80年代の終わりに差し掛かると「チャイルドブランド」の突き上げや谷川に押されるようになり、南が1991年度後期棋聖戦で失冠したのを最後にタイトルから縁遠くなり、時代が谷川とチャイルドブランド筆頭の羽生善治との覇権争いに移行する中、55年組は第一線から徐々に後退していった。55年組 (将棋) フレッシュアイペディアより)

  • 堀口一史座

    堀口一史座から見た羽生善治羽生善治

    プロ3年目の1998年度、NHK杯戦で決勝進出。決勝の相手は羽生善治四冠(当時)であった。堀口の先手で横歩取り模様の出だしで14手まですらすらと進んだが、15手目、通常▲3四飛と横歩を取る一手のところで堀口の手が止まり、序盤早々に時間を使う。そして結局、横歩を取らずに飛車を2八に引き、相掛かり腰掛銀の戦形になった。結果は羽生の勝ちで、堀口は準優勝に終わる。堀口一史座 フレッシュアイペディアより)

  • 安西勝一

    安西勝一から見た羽生善治羽生善治

    羽生善治と同日に四段に昇段した(1985年12月18日奨励会例会にて)。安西勝一 フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤栄

    斎藤栄から見た羽生善治羽生善治

    将棋ファンとして知られており、将棋を題材にした著書も多数ある。2007年のNHKBSの大逆転将棋に出演。羽生善治と投了図対局を行い勝利を収める。斎藤栄 フレッシュアイペディアより)

  • 小林宏 (棋士)

    小林宏 (棋士)から見た羽生善治羽生善治

    1989年度(第2期)竜王戦5組ランキング戦の準々決勝で佐藤康光、決勝で森内俊之と後に永世称号を獲得する2名に勝利し、島朗竜王(当時)への挑戦権を争う本戦トーナメントに進出。本戦も1回戦で6組優勝の長沼洋に勝利を挙げた。(2回戦で羽生善治に敗退)小林宏 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 朝日オープン将棋選手権

    朝日オープン将棋選手権から見た羽生善治羽生善治

    タイトル保持よりも全日本プロ時代からの本大会での実績が優先したため、それまで2回以上優勝していた羽生善治、谷川浩司、森内俊之、深浦康市の四人は事実上の永久シードとなった。朝日オープン将棋選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 戸辺誠

    戸辺誠から見た羽生善治羽生善治

    また、同年度に戦った第51期王位戦予選で、森内俊之九段、久保利明棋王らを破り挑戦者決定リーグに進出。さらに、王位戦・白組リーグでは羽生善治名人らに勝ち4勝1敗とし、同じく4勝1敗の羽生とのプレーオフとなったが敗れ、挑戦者決定戦進出を逃す。なお、この間、2009年度を勝率0.7619(2位)・32勝10敗で終え、将棋大賞の新人賞を受賞している。戸辺誠 フレッシュアイペディアより)

245件中 41 - 50件表示

「羽生善治」のニューストピックワード