316件中 51 - 60件表示
  • 将棋

    将棋から見た羽生善治羽生善治

    将棋人口が減少した上記の期間に、将棋が一般メディアに取り上げられたことは何度かある。代表的なものでは、羽生善治の七冠達成(1996年)、将棋を題材としたNHK朝の連続テレビ小説『ふたりっ子』の放送(1996年)、中原誠と林葉直子の不倫報道(1998年)、瀬川晶司のプロ編入試験(2005年)、名人戦の移管問題(2006年)、羽生善治の最年少で1000勝(2007年)、将棋電王戦(2012年)、今泉健司のプロ編入試験(2014年)などである。しかしいずれも「将棋ブーム」を生むには至らず、取り上げ方によってはファン離れを加速するものとなっているものもある。将棋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村太地

    中村太地から見た羽生善治羽生善治

    第83期(2012年度)棋聖戦では、森内俊之名人や佐藤康光王将のタイトル保持者等を破り、挑戦者決定戦で深浦康市に勝利して、自身初のタイトル挑戦を決め、同時に六段へ昇段した。番勝負では羽生善治に3連敗でタイトル獲得ならず。第60期王座戦でも挑戦者決定戦まで勝ち上がるが、羽生に敗れた。中村太地 フレッシュアイペディアより)

  • 熊坂学

    熊坂学から見た羽生善治羽生善治

    2014年10月22日、第56期王位戦予選2回戦で森内俊之竜王に勝利。フリークラス所属の棋士がタイトルホルダーに勝利したのは2008年に銀河戦本戦トーナメントで中原誠永世十段が羽生善治名人に勝利して以来6年ぶり。自己の最高位が順位戦C級2組のフリークラス棋士がタイトルホルダーに勝利したのは2005年に銀河戦決勝トーナメントで櫛田陽一六段が佐藤康光棋聖に勝利して以来9年ぶり。中原・櫛田はいずれも自らの意志で転出(宣言)したフリークラスだったため、「順位戦C級2組で降級点3個を累積しフリークラスに編入した」棋士としては史上初であった。熊坂学 フレッシュアイペディアより)

  • 入玉

    入玉から見た羽生善治羽生善治

    千日手と比べると持将棋の頻度は少なく、タイトル戦での持将棋は2014年まで過去11例のみ。直近では1992年度後期の棋聖戦第2局(谷川浩司棋聖対郷田真隆五段)のあと、2014年の王位戦第3局(羽生善治王位対木村一基八段)まで約22年間も間隔が空いている。入玉 フレッシュアイペディアより)

  • 2017年の日本

    2017年の日本から見た羽生善治羽生善治

    羽生善治棋聖が竜王戦で勝利し、史上初の「永世七冠」を達成した。2017年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 順位戦

    順位戦から見た羽生善治羽生善治

    前述の三浦弘行の地位保全によって第76期A級順位戦は通常より1名多い11名で行われる運びとなり、久保利明・豊島将之の6勝3敗、稲葉陽・広瀬章人・佐藤康光の5勝4敗、抜け番で6勝4敗確定の羽生善治が居る状態でA級順位戦最終局一斉対局の2018年3月2日を迎えた。静岡県の浮月楼で行われたこの一斉対局で、広瀬が豊島を、残留がかかっていた深浦康市が久保を下し、佐藤は既に降級が決まっていた屋敷伸之に勝利、稲葉も残留をかけた行方尚史に勝利したことで、6勝4敗6名によるプレーオフが発生した。なお、当期は8回戦終了時までは、11人全員が(5勝5敗で)指し分ける可能性も有った大混戦であった。順位戦 フレッシュアイペディアより)

  • 米長邦雄

    米長邦雄から見た羽生善治羽生善治

    1993年(平成5年)の名人位獲得には、若手とともに研究を行ったことが大きな要因であったとされる。米長は徹底的に自分の序盤戦術を洗い直す作業に取り掛かる。名人戦では対局の合間に、当時島朗が主宰して、羽生善治、佐藤康光、森内俊之で構成された伝説の研究会「島研」に顔を出した。また、1980年(昭和55年)から1990年代にかけて数十人の若手棋士が参加した「中原研究会」に対抗して、数年前から自宅を改造して若手棋士を集めて開いていた研究会「米長道場」で、徹底的に対中原名人戦の研究を重ねた。特に道場の師範代格で、当時序盤研究の第一人者だった森下卓から、大きな示唆をもらったという。なお、米長道場は「若手に教えを請う」という姿勢で運営しており、米長は森下卓のことを「先生」と呼んでいた。また佐藤康光に対する評価も高く、あるアンケートでの「無人島に1年間住むとしたら、何を持って行くか(2つ)」という質問に対し「美人とグロンサン」と回答している(「グロンサン」は当時の佐藤のあだ名)。米長邦雄 フレッシュアイペディアより)

  • 棋士 (将棋)

    棋士 (将棋)から見た羽生善治羽生善治

    羽生善治(1970-) - ともに初となるタイトル七冠独占、永世七冠および名誉NHK杯権者資格の保持者。通算獲得タイトル99期(歴代1位、うち名人9期)。26年連続タイトル保持(歴代1位)。王座で同一タイトル獲得・連覇記録。NHK杯で4連覇を含む10回優勝。最年少・最速・最高勝率での1300勝達成。平成期に活躍する「羽生世代」の第一人者。棋士 (将棋) フレッシュアイペディアより)

  • 棋聖戦 (将棋)

    棋聖戦 (将棋)から見た羽生善治羽生善治

    1962年の創設当初から1994年度までは、タイトル戦の中では唯一、1年に2期行われていた(五番勝負は6?7月と12月?2月)。現行の年1期制となったのは1995年度である(ちょうど羽生善治が七冠独占を果たした年度に当たる)。棋聖戦 (将棋) フレッシュアイペディアより)

  • 中原誠

    中原誠から見た羽生善治羽生善治

    中原 誠(なかはら まこと、1947年9月2日 - )は、将棋棋士。2009年3月、引退。十六世名人、および、永世十段・永世王位・名誉王座・永世棋聖という5つの永世称号を保持し、かつ、いずれも引退前から名乗る。通算1308勝は大山康晴、羽生善治、加藤一二三に次ぎ歴代4位。通算タイトル獲得数64期は羽生、大山に次ぎ歴代3位。中原誠 フレッシュアイペディアより)

316件中 51 - 60件表示

「羽生善治」のニューストピックワード