245件中 61 - 70件表示
  • 片上大輔

    片上大輔から見た羽生善治羽生善治

    2009年度、第22期竜王ランキング戦3組で優勝(準決勝で勝った時点で2組昇級が決まり、六段昇段)。自身3度目となる本戦でも、1戦目で森下卓九段(2組2位)から1勝を挙げる(2戦目で1組2位の羽生善治名人(四冠)に敗れる)。しかし、翌年度の第23期では2組1回戦で敗退し、昇級者決定戦も1回戦敗退したため、プロ7年目にして竜王戦・順位戦を通して初の降級が決まる。片上大輔 フレッシュアイペディアより)

  • オールスター勝ち抜き戦

    オールスター勝ち抜き戦から見た羽生善治羽生善治

    成績優秀者上位40人の棋士による勝ち抜き戦。5連勝勝ち抜きが一定の目安となる。歴代最高の勝ち抜き数は第20回(2000年)に達成された羽生善治の16連勝。オールスター勝ち抜き戦 フレッシュアイペディアより)

  • 神吉 宏充

    神吉宏充から見た羽生善治羽生善治

    先崎学によれば、素人相手の駒落ちでは羽生善治よりも神吉が強いという。その理由は「プロは詰み筋を読むがアマは読まない、だから(詰み筋が読めない)アマの力量に合わせて指せば勝てる」ということである。神吉宏充 フレッシュアイペディアより)

  • 今井荘

    今井荘から見た羽生善治羽生善治

    現在の客室数は53室(うち貴賓室1室)。最近では、羽生善治と谷川浩司による将棋の王将戦が開催されるなどの話題を呼んでいる。今井荘 フレッシュアイペディアより)

  • 淡路仁茂

    淡路仁茂から見た羽生善治羽生善治

    2008年度終了現在、羽生善治との通算対戦成績は、2勝1敗の勝ち越しである(2連勝の後に1敗)。淡路仁茂 フレッシュアイペディアより)

  • 土佐浩司

    土佐浩司から見た羽生善治羽生善治

    第48期(1989年度)C級1組順位戦で8勝2敗・2位となり、B級2組昇級。同時昇級者は10戦全勝の羽生善治(同年度に初タイトル竜王を獲得)である。土佐の2敗のうちの1敗は対羽生戦であったが、最終局で昇級争いライバルの森下卓を破ってくれたのも羽生であり、土佐の逆転昇級となった。土佐浩司 フレッシュアイペディアより)

  • 長沼洋

    長沼洋から見た羽生善治羽生善治

    第57回(2007年度)NHK杯戦は、予選で杉本昌隆、小林健二らを破り、プロ入り21年目にして本戦初出場。本戦でも井上慶太、松尾歩らを破って勝ち進み、さらには、準々決勝で羽生善治王座・王将(当時)の無理攻めを受け止めて勝利し、ベスト4に進出。準決勝で前回優勝者であり同門の弟弟子でもある佐藤康光棋聖・棋王(この期も優勝する)に敗れたものの、次期シード権を獲得した。長沼洋 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎隆之

    山崎隆之から見た羽生善治羽生善治

    しかし、1998年4月のプロデビュー後、特に3年目以降からは、一転して非常に高い勝率を挙げるようになり、通算勝率で羽生善治に次ぐ2番手を、木村一基、深浦康市らと長く争ってきている。度々タイトル戦の予選の上位に進出し、たとえば、王位戦では、第42期(2001年)、および、第45、46、48、49期の挑戦者決定紅白リーグに入っている。第45期(2004年)では白組で優勝したが、紅組優勝の羽生善治との挑戦者決定戦で惜しくも敗れ、タイトル初挑戦を逃した。山崎隆之 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部光瑠

    阿部光瑠から見た羽生善治羽生善治

    11歳、小学6年生時の2006年9月、6級で奨励会入り。以来、快進撃を続け、中学2年生時の2009年1月に三段に到達。三段リーグを2期以内で抜ければ、現行三段リーグ制度のもとでは渡辺明に次ぐ2人目の中学校在学時でのプロ入り決定となり、1期で抜ければ、加藤一二三、谷川浩司、羽生善治に次ぎ4人目となる中学校在学中プロとなるところであったが、3期目までは10勝8敗が最高で、昇段争いに加わることはなかった。阿部光瑠 フレッシュアイペディアより)

  • 福崎文吾

    福崎文吾から見た羽生善治羽生善治

    第39期王座戦で谷川浩司から王座を奪取。このタイトルは翌年羽生善治に奪われたが、その後羽生は王座のタイトルを19期に渡り保持し続ける事となる。いつしか「福崎は前王座を19連覇中」とのジョークまで生まれたが、第59期での羽生の失冠に伴い、福崎が「前王座」と呼ばれる事も無くなった。福崎文吾 フレッシュアイペディアより)

245件中 61 - 70件表示

「羽生善治」のニューストピックワード