245件中 71 - 80件表示
  • 松尾歩

    松尾歩から見た羽生善治羽生善治

    序盤研究家として知られ、居飛車穴熊と横歩取り先手番で、それぞれ「松尾流」と呼ばれる戦型を考案し、他の棋士にも広く使用されている。羽生善治、森下卓らと合同で定期研究会を主催したこともある。松尾歩 フレッシュアイペディアより)

  • 原田泰夫

    原田泰夫から見た羽生善治羽生善治

    羽生善治は小学5年生のとき、引退直前の原田と二枚落ちで対戦し、善戦するも攻めを誤って敗れた。この局の棋譜は小学館入門百科シリーズ118『将棋初段への道』(1982年1月)に所収されているほか、インターネット上でも公開されている。原田泰夫 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉孝一

    児玉孝一から見た羽生善治羽生善治

    第47期(1988年度)B級2組順位戦は、9回戦終了時点で児玉を含み4人が7勝2敗の1位タイで並ぶ。そして、最終局でその4人が全員勝利して8勝2敗で終えたため、前期低成績でリーグ表順位が悪かった児玉は昇級できなかった。また、第49期(1990年度)B級2組順位戦も8勝2敗で終えたものの、同じく2敗でリーグ表上位の森安秀光(元棋聖・元A級)と島朗(元竜王、後にA級)が昇級した。ちなみに、このときのもう一人の2敗者は羽生善治棋王である。児玉孝一 フレッシュアイペディアより)

  • 南芳一

    南芳一から見た羽生善治羽生善治

    1984年度と1985年度は順位戦に星を集める。1984年度(第43期・B級2組)で9勝1敗・1位の成績、1985年度(第44期・B級1組)は9勝2敗・1位の成績。デビューから僅か5年で4度の昇級をし、一気にA級八段に昇格。22歳でのA級昇級は、加藤一二三、谷川浩司に次ぐ3位タイの記録(ほかには中原誠、羽生善治)。1985年度は15連勝を記録し、将棋大賞の連勝賞を受賞。南芳一 フレッシュアイペディアより)

  • 櫛田陽一

    櫛田陽一から見た羽生善治羽生善治

    中学時代に将棋を覚えてから僅か3年で、東京都名人優勝、アマ王将戦準優勝、支部名人戦優勝という快挙。高校進学はせず、アマ棋界で屈指の強豪となる。このころの真剣師の小池重明と親交があった。1982年、支部対抗戦優勝を機に周囲からプロ入りを勧められ、1983年、1級にて奨励会入りを果たした。入会試験では、当時奨励会1級だった羽生善治を破っている。櫛田陽一 フレッシュアイペディアより)

  • 中田功

    中田功から見た羽生善治羽生善治

    2010年、福岡市中央区で行われた名人戦(羽生善治対三浦弘行)の第4局で副立会人を務めた。NHK BS2にて、対局場と生家が歩いて行けるほどの近距離ということを明かし、「複雑な気持ちです」、「うれしいです」という2つの相反する感想を述べた。中田功 フレッシュアイペディアより)

  • 飯塚祐紀

    飯塚祐紀から見た羽生善治羽生善治

    奨励会入会は1982年12月で、羽生善治、森内俊之、郷田真隆らと同期。学年は3人より一つ上で、佐藤康光と同じ。飯塚祐紀 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木英春

    鈴木英春から見た羽生善治羽生善治

    英春流は、対四間飛車に対し銀2枚を中央に布陣する中飛車戦法(かまいたち戦法)や、対三間飛車に対し序盤から一気に攻め潰す飛車先の歩を突かない右四間飛車戦法などが知られる。また、後手番で初手△6二銀と指す戦法を開発したのも鈴木であり、羽生善治も後手番の時採用したことがある。囲いでは矢内理絵子女流名人が得意とした「菊水矢倉戦法」も鈴木が開発したものである。鈴木英春 フレッシュアイペディアより)

  • 石内奈々絵

    石内奈々絵から見た羽生善治羽生善治

    高校1年のとき、2000年1月放送の「羽生善治の新春大逆転五番勝負」に出演。このとき羽生善治四冠(当時)に挑戦した6人の中で唯一の勝利を挙げる。石内奈々絵 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤真吾

    伊藤真吾から見た羽生善治羽生善治

    第60回NHK杯で、予選を突破して初の本戦出場を果たす。本戦では一回戦で阿部隆に勝利し、二回戦で羽生善治に敗れた。伊藤真吾 フレッシュアイペディアより)

245件中 71 - 80件表示

「羽生善治」のニューストピックワード