316件中 81 - 90件表示
  • 小山政彦

    小山政彦から見た羽生善治羽生善治

    『勉強について、私たちの考え方と方法』(羽生善治と共著、PHP研究所、2007年)小山政彦 フレッシュアイペディアより)

  • 戦士の逸品

    戦士の逸品から見た羽生善治羽生善治

    羽生善治(棋士、2009年11月19日)戦士の逸品 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木真里

    鈴木真里から見た羽生善治羽生善治

    変則ルールの将棋を羽生善治名人(当時)と戦う。初手でうっかりミスをし、羽生の香車をいきなり鈴木陣に成られてしまった。以降、羽生の巧みな指し回しの前に敗れる。神吉宏充とともに司会を担当していた岩崎ひろみは、その対局中、「鈴木さんは容姿も可愛らしくて、将棋も強い。こういう方が増えてくださるとうれしい。」とコメントした。鈴木真里 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木宏彦

    鈴木宏彦から見た羽生善治羽生善治

    イメージと読みの将棋観 鈴木宏彦著,羽生善治,谷川浩司,渡辺明,佐藤康光,森内俊之,藤井猛述 日本将棋連盟 2008鈴木宏彦 フレッシュアイペディアより)

  • 未来潮流

    未来潮流から見た羽生善治羽生善治

    1997年1月18日 羽生善治・吉増剛造 盤上の海 詩の宇宙未来潮流 フレッシュアイペディアより)

  • 棒銀

    棒銀から見た羽生善治羽生善治

    第3-1図は1988年度(1989年1月)NHK杯テレビ将棋トーナメント、先手羽生善治五段後手加藤一二三九段。第3-1図以下、△1四歩▲1六歩△7三銀と後手は早繰り銀で対抗する。将来先手に▲6六角と打たれた時に▲8四香と打たれる手を消しており、銀の繰り替えには△6四銀から逆襲する手を見せる、基本的な対棒銀布陣。以下、▲1五歩△同歩▲同銀△同香▲同香(3-2図)。ここで後手には大別して△1六歩と垂らす手と△1三歩と受ける手がある。△1三歩と受ける手には▲1二歩と垂らす手が好手で先手が指せる。本局は△1六歩と垂らしたが、すぐに終盤に突入し先手が勝利した。この対局が中盤までそのまま定跡化され、中盤で▲5六飛と回ったとき、後手は飛車成を受けずに△2八角成と指す手順が後手も指せる定跡とされている。棒銀 フレッシュアイペディアより)

  • 後手番一手損角換わり

    後手番一手損角換わりから見た羽生善治羽生善治

    後手番一手損角換わり(ごてばんいってぞんかくがわり)は将棋の戦法で、角換わりの一種。対戦成績表などでは、省略して単に一手損角換わりとも呼ばれる。 淡路仁茂が生みの親。2004年頃から盛んにプロ棋士が採用するようになった。2005年の名人戦(森内俊之に羽生善治が挑戦)では、7番勝負のうち2局でこの戦法が採用された(結果は1勝1敗)。淡路はこの戦法によって第33回(2006年)升田幸三賞を受賞した。後手番一手損角換わり フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤宗看 (3代)

    伊藤宗看 (3代)から見た羽生善治羽生善治

    1725年(享保10年)、20歳の宗看は17歳の大橋宗民(後の四代宗与)と指した御城将棋の一局で宗看が指した▲3五桂という一着について、その将棋を収録した『日本将棋大系』で該当巻の解説担当の大山康晴十五世名人は「絶妙手である」と断言した。さらに『将棋世界』で連載された「イメージと読みの将棋観」でもこの将棋が取り上げられ、羽生善治、谷川浩司、渡辺明、佐藤康光、森内俊之、藤井猛という現代のトップクラスの棋士たちは一様に驚嘆の声を上げ、絶賛している。伊藤宗看 (3代) フレッシュアイペディアより)

  • カニカニ銀

    カニカニ銀から見た羽生善治羽生善治

    羽生善治は、第82期棋聖戦(防衛戦)の第1局(2011年6月11日、対・深浦康市)で、ほぼカニカニ銀の形から攻めて勝利。盤の中央での戦いで持駒とした金・銀を相手の飛車を奪う道具として投資するという内容であった。カニカニ銀 フレッシュアイペディアより)

  • 真田圭一

    真田圭一から見た羽生善治羽生善治

    初参加の竜王戦(第6期 = 1993年度)で6組優勝し、5組へ昇級。このとき、すでにタイトル経験者であった郷田真隆を破っている。さらに、本戦(挑戦者決定トーナメント)でも井上慶太、大内延介を破る活躍を見せ、準々決勝で佐藤康光六段(当時)に敗れる(佐藤は、この期に羽生善治から竜王位を奪う)。真田圭一 フレッシュアイペディアより)

316件中 81 - 90件表示

「羽生善治」のニューストピックワード