245件中 81 - 90件表示
  • 泉正樹

    泉正樹から見た羽生善治羽生善治

    第46期(1987年度)C級2組順位戦で羽生善治と並んで10戦全勝し、同時昇級。泉正樹 フレッシュアイペディアより)

  • 小野五平

    小野五平から見た羽生善治羽生善治

    日本チェス界の草分け的存在でもある。小野以降、坂口允彦、大山康晴、宮坂幸雄、羽生善治、森内俊之と将棋界はチェスの国内強豪選手を輩出している。小野五平 フレッシュアイペディアより)

  • 村田智弘

    村田智弘から見た羽生善治羽生善治

    かつて週刊ポストで連載されていた「トップ棋士が指導する将棋三番勝負」の中で、当時竜王だった羽生善治を相手に飛車落ちで勝ったことがある。また、その棋譜は「プロに勝った!駒落ち将棋必勝法」(1994年小学館出版)の中で詳細に採り上げられている。村田智弘 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤和俊

    佐藤和俊から見た羽生善治羽生善治

    2007年度に公式戦13連勝を記録(2007/6/7-2007/9/3、佐々木慎と並んでトップ)。これにより、将棋大賞での初受賞となる連勝賞を受賞。同年度、第1回朝日杯将棋オープン戦で藤井猛元竜王らを破り、ベスト8入り(準々決勝で羽生善治朝日選手権者に敗れる)。佐藤和俊 フレッシュアイペディアより)

  • 灘蓮照

    灘蓮照から見た羽生善治羽生善治

    NHK杯で1955年度の第5回から3年連続準優勝、そして1958年度の第8回で優勝した。参加棋士数が少なかったとはいえ、4年連続決勝進出は、2011年度に羽生善治が4連覇で並ぶまで長くNHK杯史上唯一の快記録であった。灘蓮照 フレッシュアイペディアより)

  • 村山慈明

    村山慈明から見た羽生善治羽生善治

    2011年度、第52期王位戦でリーグ入り。佐藤康光、三浦弘行に勝つなど第4回戦まで無敗で単独トップに立ったが、最終の第5回戦で羽生善治(1敗)に負けて並ばれる。プレーオフでも羽生に敗れ挑戦者決定戦進出を逃したものの、陥落しやすいリーグとして知られる王位リーグでの残留は果たした。村山慈明 フレッシュアイペディアより)

  • 北島忠雄

    北島忠雄から見た羽生善治羽生善治

    第22期竜王ランキング戦3組準決勝(2009年4月9日)で勝ち、自己最高の2組へ昇級。また、同年度、第17期銀河戦においては予選と本戦を勝ち抜き、16名で行われる決勝トーナメントに進出し、さらに羽生善治を破るなどしてベスト4入り。準決勝で阿久津主税(この期の優勝者)に敗れる。北島忠雄 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎一生

    高崎一生から見た羽生善治羽生善治

    第51期(2010年度)王位戦で、森雞二、島朗、阿久津主税、窪田義行を破り、予選通過。リーグでは戸辺誠、三浦弘行に勝利するが、羽生善治らに敗れ2勝3敗に終わる。高崎一生 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木輝彦

    鈴木輝彦から見た羽生善治羽生善治

    第48期(1989年度)順位戦B級2組で7勝3敗ながら2位となり、A級に一歩手前のB級1組へ昇級。段位は七段となった。翌年、第49期(1990年度)B級1組では、元棋聖の田中寅彦や当時王座獲得の途上にあった福崎文吾などから勝利を挙げるも、3勝8敗で陥落。なお、第50期(1991年度)順位戦では9回戦(1992年2月21日)で羽生善治前竜王と当たり、負けている。鈴木輝彦 フレッシュアイペディアより)

  • 本間博

    本間博から見た羽生善治羽生善治

    1985年6月10日の四段昇段(プロ入り)は、阿部隆と同日であった。その半年後に本間より12歳若い羽生善治がプロ入りし、その後、続々と「羽生世代」が台頭してくることとなる。本間博 フレッシュアイペディアより)

245件中 81 - 90件表示

「羽生善治」のニューストピックワード