前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
177件中 1 - 10件表示
  • 羽生善治

    羽生善治から見た森内俊之

    そして、1981年1月7日、「第1回小田急将棋まつり小学生大会」でデパート大会での初優勝をする。このとき、準決勝で森内俊之を、決勝で小倉久史を破っている。森内とのライバル関係は、この頃から始まった。ある将棋大会では、先手・森内の初手▲5八飛という珍しい手に対して後手の羽生が△5二飛と返すというきわめて珍しい序盤を見せることもあった。同年、5年生に上がると、アマ名人戦の都下予選(7月12日)を史上最年少で通過。8月には東京の4つの小学生大会で優勝する。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た渡辺明 (棋士)

    2003年度、第51期王座戦では、10代で羽生より一回り以上若い挑戦者・渡辺明五段を迎える。1勝2敗とされてからの2連勝で辛くも防衛。最終第5局では、終盤で勝ちが確実となったときに手が激しく震え、駒をまともに持てなかった。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た日本テレビ放送網

    対局時の寝癖がトレードマーク(結婚後は頻度が少なくなった)で、演歌歌手・長山洋子の歌「たてがみ」は、それになぞらえたタイトルのオマージュソングである。また、書籍「新しい単位」(扶桑社)では、「だらしなさ」の単位として「hb(ハブ)」が採用されている。日本テレビのテレビ番組『進め!電波少年』では、松村邦洋が「羽生7冠王の寝癖を直したい!」という企画を掲げて、式場へアポなし突入をされた。なお、『進め!電波少年』では、松村と19枚落ち(羽生の駒は王将のみ)で対戦するという企画もあり、羽生が勝っている。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た大山康晴

    2012年7月5日、棋界の金字塔と目されていた大山康晴の通算タイトル獲得期数80期の従来記録を抜く。2012年10月4日現在の羽生の通算タイトル獲得期数は83期で、歴代単独1位。全7タイトル戦のうち竜王戦を除く6つでの永世称号(永世名人(十九世名人)・永世王位・名誉王座・永世棋王・永世棋聖・永世王将)の資格の保持(いわゆる「永世六冠」)に加え、名誉NHK杯選手権者の称号を含めた7つの永世称号の保持は史上初である。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た畠田理恵

    妻は元俳優でNHK連続テレビ小説「京、ふたり」のヒロイン役を務めた畠田理恵。婚約発表は1995年7月。1996年2月19日に畠田が駅で暴漢に襲われる事件が発生。この事件は七冠達成から僅か5日後であったため、マスコミで大きく取り上げられた。挙式は1996年3月28日。1997年7月に長女、1999年11月に二女が誕生。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た谷川浩司

    5年生のとき、奨励会への入会を志し、道場の師範代である中嶋克安指導棋士(二上の最初の弟子)に相談をしたが、中嶋は「小学生将棋名人戦で優勝をすること」という厳しい条件を突きつけたしかし、6年生の春(1982年4月3日)、羽生は見事優勝し条件をクリアした。このとき森内は3位、NHKテレビ解説者は3日後に二十歳の誕生日を迎える谷川浩司新八段だった。母は対局が行われたNHKのスタジオから、すぐに二上に電話を入れた。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た加藤一二三

    同年、奨励会入会試験に合格(この時の奨励会の幹事は滝誠一郎で、羽生は小学校5年生の時、二枚落ちという本来ならば手合い違いのハンデで滝に敗れている。)。以降、1年あまりで6級から初段に昇段するなど驚異的な速度で昇級・昇段(後述)を重ね、1985年12月18日に三段での13勝4敗を記録。この成績をもって、当時の規定により四段に昇段してプロに昇格。加藤一二三、谷川浩司に続く史上3人目の中学生棋士となる。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た梅田望夫

    梅田望夫 『シリコンバレーから将棋を観る 羽生善治と現代』 中央公論新社、2009年 ISBN 978-4120040283羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た長山洋子

    対局時の寝癖がトレードマーク(結婚後は頻度が少なくなった)で、演歌歌手・長山洋子の歌「たてがみ」は、それになぞらえたタイトルのオマージュソングである。また、書籍「新しい単位」(扶桑社)では、「だらしなさ」の単位として「hb(ハブ)」が採用されている。日本テレビのテレビ番組『進め!電波少年』では、松村邦洋が「羽生7冠王の寝癖を直したい!」という企画を掲げて、式場へアポなし突入をされた。なお、『進め!電波少年』では、松村と19枚落ち(羽生の駒は王将のみ)で対戦するという企画もあり、羽生が勝っている。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見たイチロー

    万代勉ほか 『しなやかな天才たち イチロー 武豊 羽生善治』 アリアドネ企画、1996年 ISBN 978-4384023152羽生善治 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
177件中 1 - 10件表示

「羽生善治」のニューストピックワード