177件中 91 - 100件表示
  • 羽生善治

    羽生善治から見た棋戦 (将棋)

    2012年7月5日、棋界の金字塔と目されていた大山康晴の通算タイトル獲得期数80期の従来記録を抜く。2012年10月4日現在の羽生の通算タイトル獲得期数は83期で、歴代単独1位。全7タイトル戦のうち竜王戦を除く6つでの永世称号(永世名人(十九世名人)・永世王位・名誉王座・永世棋王・永世棋聖・永世王将)の資格の保持(いわゆる「永世六冠」)に加え、名誉NHK杯選手権者の称号を含めた7つの永世称号の保持は史上初である。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た王将戦

    2012年10月4日現在、通算優勝回数は129回(タイトル戦83・一般棋戦41・非公式戦5)で、歴代1位である。また、通算非タイトル戦優勝回数46回(一般棋戦41回・非公式戦5)、通算非公式戦優勝回数5回(銀河戦2・達人戦2・若駒戦1)も歴代1位である。通算公式戦優勝回数124回(タイトル戦83・一般棋戦41)、同一タイトル獲得通算20期(王座)は大山康晴(タイトル戦80・一般棋戦44、王将20期)に並んで歴代1位タイ。一般棋戦優勝回数41回は大山に次いで歴代2位である。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た竜王戦

    2012年7月5日、棋界の金字塔と目されていた大山康晴の通算タイトル獲得期数80期の従来記録を抜く。2012年10月4日現在の羽生の通算タイトル獲得期数は83期で、歴代単独1位。全7タイトル戦のうち竜王戦を除く6つでの永世称号(永世名人(十九世名人)・永世王位・名誉王座・永世棋王・永世棋聖・永世王将)の資格の保持(いわゆる「永世六冠」)に加え、名誉NHK杯選手権者の称号を含めた7つの永世称号の保持は史上初である。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た将棋大賞

    デビューから年度が明け、実質の初年度となる1986年度に全棋士中1位の勝率0.741(40勝14敗)を記録し、将棋大賞の新人賞と勝率1位賞を受賞する。羽生に追随してデビューしてきた同年代の強豪棋士達とともに、いわゆる「チャイルドブランド」と呼ばれる新世代のグループを形成し、羽生は、その代表的存在として勝ち進む。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た銀河戦

    銀河戦(公式戦となる前) 2回(1997年度 = 第5回、1998年度 = 第6回)羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た新進棋士奨励会

    5年生のとき、奨励会への入会を志し、道場の師範代である中嶋克安指導棋士(二上の最初の弟子)に相談をしたが、中嶋は「小学生将棋名人戦で優勝をすること」という厳しい条件を突きつけたしかし、6年生の春(1982年4月3日)、羽生は見事優勝し条件をクリアした。このとき森内は3位、NHKテレビ解説者は3日後に二十歳の誕生日を迎える谷川浩司新八段だった。母は対局が行われたNHKのスタジオから、すぐに二上に電話を入れた。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た特別将棋栄誉賞

    2007年12月20日、第66期A級順位戦6回戦・対久保利明戦で勝ち、史上8人目の通算1000勝(特別将棋栄誉賞)を史上最年少、最速、最高勝率で達成。その2か月後の2008年2月28日には、第57期王将戦で防衛に成功し、史上2人目の棋戦優勝100回(タイトル獲得68期、一般棋戦優勝32回)を達成。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た名人戦 (将棋)

    羽生を一気にスターダムへ押し上げることになったのは、五段時代の第38回(1988年度)NHK杯戦である。大山康晴(3回戦)、加藤一二三(4回戦 = 準々決勝)、谷川浩司(準決勝)、中原誠(決勝)と、当時現役の名人経験者4人をすべて破るという、まるで作った舞台設定のような勝ち上がりで優勝した。対・加藤戦では終盤61手目に加藤陣に打った妙手▲5二銀(右図は1手前の局面。打った銀を飛車で取っても金で取っても加藤の玉が詰む)に驚いた解説役の米長邦雄は「おぉー、やった!」とマイクの音が割れる大声を上げた。対局室と解説室は離れているにもかかわらず、その声は対局室の羽生に聞こえた。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た富士通杯達人戦

    2011年、森内俊之を挑戦者に迎えた第69期名人戦で3連敗後3連勝するも、最終局で敗れ失冠。しかし、同年の第52期王位戦で広瀬章人王位に挑戦し、4勝3敗で奪取(2011年9月13日)して通算タイトル獲得数を80期とし、40歳にして大山康晴の持つ歴代1位の記録に並んだ。しかし、記録更新がかかった第59期王座戦で、挑戦者の渡辺明竜王にまさかの3連敗を喫し、1992年以来19期連続で保持した王座から陥落、大記録達成もならなかった。なお、同年、初出場の第19回富士通杯達人戦(非公式戦)で優勝している。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た八王子市

    埼玉県所沢市で生まれ、幼稚園に入る頃から東京都八王子市に移り住む。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

177件中 91 - 100件表示

「羽生善治」のニューストピックワード