199件中 91 - 100件表示
  • 羽生善治

    羽生善治から見た東急百貨店

    1979年、3年生で4級のとき、日本橋東急デパートの「よい子日本一決定戦・小学生低学年の部」で準優勝(優勝は先崎学)をし、その翌年も関東各地のデパートの大会で準優勝や3位入賞をする。将棋大会出場時は、母が我が子を見つけやすくするため、いつも広島東洋カープの赤い野球帽である赤ヘルを被らせていた(羽生自身は読売ジャイアンツファンであった)。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た日本公文教育研究会

    子供の頃公文式をしていたため、CMに起用されていたこともある。また、その頃から六冠になるまでを書いた本(マンガ形式)もある。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見たBSフジ

    BSフジ 『五木寛之「風のCafe」』 (2014年12月6日放送)羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た銀河戦

    銀河戦 5回(2000年度(第8回)-01、04、06、12)羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た名人戦 (将棋)

    羽生が知られるようになったのは、五段時代の第38回(1988年度)NHK杯戦である。大山康晴(3回戦)、加藤一二三(4回戦 = 準々決勝)、谷川浩司(準決勝)、中原誠(決勝)と、当時現役の名人経験者4人をすべて破るという、まるで作った舞台設定のような勝ち上がりで優勝した。対・加藤戦では終盤61手目に加藤陣に▲5二銀(右図は1手前の局面。打った銀を飛車で取っても金で取っても加藤の玉が詰む)を打った。加藤は仕方なく△4二玉としたが、その5手後(67手目)に投了に追い込まれた。後に加藤はこの対局について、「▲5二銀自体は奨励会員でも指せる」と述べているが、中盤戦で攻められている側に玉将を上がった▲4八玉を高く評価している。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見たNHK杯テレビ将棋トーナメント

    羽生が知られるようになったのは、五段時代の第38回(1988年度)NHK杯戦である。大山康晴(3回戦)、加藤一二三(4回戦 = 準々決勝)、谷川浩司(準決勝)、中原誠(決勝)と、当時現役の名人経験者4人をすべて破るという、まるで作った舞台設定のような勝ち上がりで優勝した。対・加藤戦では終盤61手目に加藤陣に▲5二銀(右図は1手前の局面。打った銀を飛車で取っても金で取っても加藤の玉が詰む)を打った。加藤は仕方なく△4二玉としたが、その5手後(67手目)に投了に追い込まれた。後に加藤はこの対局について、「▲5二銀自体は奨励会員でも指せる」と述べているが、中盤戦で攻められている側に玉将を上がった▲4八玉を高く評価している。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た将棋界

    1996年2月14日、将棋界で初の7タイトル独占(1996年当時のタイトル数は7)を達成。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た朝日杯将棋オープン戦

    2012年2月11日、第5回朝日杯将棋オープン戦で、2年ぶり2度目の優勝。第70期(2011年度)順位戦で史上3人目のA級順位戦全勝優勝を達成。第61回(2011年度)のNHK杯戦では3月18日放送の決勝で渡辺を破り、自身の連覇記録をさらに更新するNHK杯戦4連覇を果たすとともに通算優勝回数10回を達成。将棋界では初の名誉NHK杯選手権者の称号を獲得した。これによって七つ目の永世称号の獲得となり、自身の記録を更新する歴代最多記録となった。この時点で通算優勝回数が124回(タイトルと一般棋戦、非公式戦の合算)となり、大山康晴の最多記録に並ぶ。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た特別将棋栄誉賞

    2007年12月20日、第66期A級順位戦6回戦・対久保利明戦で勝ち、史上8人目の通算1000勝(特別将棋栄誉賞)を史上最年少、最速、最高勝率で達成。その2か月後の2008年2月28日には、第57期王将戦で防衛に成功し、史上2人目の棋戦優勝100回(タイトル獲得68期、一般棋戦優勝32回)を達成。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た早指し将棋選手権

    直後に第21期棋王戦(七冠王としての最初の防衛戦)で高橋道雄を相手に防衛に成功。これで年度の全7タイトル制覇も達成したことになる。また、この年度は、テレビ棋戦のNHK杯戦、早指し将棋選手権でも優勝した。年度勝率は、タイトル戦の番勝負での対局が主であったにもかかわらず、当時歴代2位の0.8364(46勝9敗)という数字であった。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

199件中 91 - 100件表示

「羽生善治」のニューストピックワード