177件中 11 - 20件表示
  • 羽生善治

    羽生善治から見た広瀬章人

    2011年、森内俊之を挑戦者に迎えた第69期名人戦で3連敗後3連勝するも、最終局で敗れ失冠。しかし、同年の第52期王位戦で広瀬章人王位に挑戦し、4勝3敗で奪取(2011年9月13日)して通算タイトル獲得数を80期とし、40歳にして大山康晴の持つ歴代1位の記録に並んだ。しかし、記録更新がかかった第59期王座戦で、挑戦者の渡辺明竜王にまさかの3連敗を喫し、1992年以来19期連続で保持した王座から陥落、大記録達成もならなかった。なお、同年、初出場の第19回富士通杯達人戦(非公式戦)で優勝している。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た佐藤康光

    1993年度、谷川から棋聖を、郷田真隆から王位を奪取して五冠王(大山、中原に次いで3人目)となる。羽生はこのときに「初めて七冠を意識した」。しかし、竜王位を佐藤康光に奪われ四冠に後退する。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見たBコース

    お笑い3人組Bコースのメンバーのハブ(本名:羽生幸次郎)は従弟。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た松村邦洋松村 邦洋

    対局時の寝癖がトレードマーク(結婚後は頻度が少なくなった)で、演歌歌手・長山洋子の歌「たてがみ」は、それになぞらえたタイトルのオマージュソングである。また、書籍「新しい単位」(扶桑社)では、「だらしなさ」の単位として「hb(ハブ)」が採用されている。日本テレビのテレビ番組『進め!電波少年』では、松村邦洋が「羽生7冠王の寝癖を直したい!」という企画を掲げて、式場へアポなし突入をされた。なお、『進め!電波少年』では、松村と19枚落ち(羽生の駒は王将のみ)で対戦するという企画もあり、羽生が勝っている。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た米長邦雄

    羽生を一気にスターダムへ押し上げることになったのは、五段時代の第38回(1988年度)NHK杯戦である。大山康晴(3回戦)、加藤一二三(4回戦 = 準々決勝)、谷川浩司(準決勝)、中原誠(決勝)と、当時現役の名人経験者4人をすべて破るという、まるで作った舞台設定のような勝ち上がりで優勝した。対・加藤戦では終盤61手目に加藤陣に打った妙手▲5二銀(右図は1手前の局面。打った銀を飛車で取っても金で取っても加藤の玉が詰む)に驚いた解説役の米長邦雄は「おぉー、やった!」とマイクの音が割れる大声を上げた。対局室と解説室は離れているにもかかわらず、その声は対局室の羽生に聞こえた。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た郷田真隆

    1993年度、谷川から棋聖を、郷田真隆から王位を奪取して五冠王(大山、中原に次いで3人目)となる。羽生はこのときに「初めて七冠を意識した」。しかし、竜王位を佐藤康光に奪われ四冠に後退する。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た武豊

    万代勉ほか 『しなやかな天才たち イチロー 武豊 羽生善治』 アリアドネ企画、1996年 ISBN 978-4384023152羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た中原誠

    羽生を一気にスターダムへ押し上げることになったのは、五段時代の第38回(1988年度)NHK杯戦である。大山康晴(3回戦)、加藤一二三(4回戦 = 準々決勝)、谷川浩司(準決勝)、中原誠(決勝)と、当時現役の名人経験者4人をすべて破るという、まるで作った舞台設定のような勝ち上がりで優勝した。対・加藤戦では終盤61手目に加藤陣に打った妙手▲5二銀(右図は1手前の局面。打った銀を飛車で取っても金で取っても加藤の玉が詰む)に驚いた解説役の米長邦雄は「おぉー、やった!」とマイクの音が割れる大声を上げた。対局室と解説室は離れているにもかかわらず、その声は対局室の羽生に聞こえた。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た三浦弘行

    ところが、それから1年間、羽生は王将戦第7局の前に既に防衛していた棋王戦(対・森下卓)を含め、名人戦(対・森下卓)、棋聖戦(対・三浦弘行)、王位戦(対・郷田真隆)、王座戦(対・森雞二)、竜王戦(対・佐藤康光)と六冠の防衛に全て成功する。なお、これらの防衛戦の間に通算タイトル獲得数が谷川の20期(当時)を超え、大山、中原に次ぐ歴代3位となっている。そのかたわら、第45期王将リーグは対・中原戦で1敗を喫したものの、村山聖、森内俊之、丸山忠久、郷田真隆、有吉道夫に勝って5勝1敗の1位となり、2期連続で谷川王将への挑戦権を勝ち取る。なお、これらの防衛戦、リーグ戦の中では、終盤戦で相手の悪手に助けられた逆転勝ちがいくつもあった。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た茂木健一郎

    『自分の頭で考えるということ』(茂木健一郎と共著) 新潮社、2009年 ISBN 978-4479391999羽生善治 フレッシュアイペディアより)

177件中 11 - 20件表示

「羽生善治」のニューストピックワード