177件中 21 - 30件表示
  • 羽生善治

    羽生善治から見た棋聖戦 (将棋)

    1993年度、谷川から棋聖を、郷田真隆から王位を奪取して五冠王(大山、中原に次いで3人目)となる。羽生はこのときに「初めて七冠を意識した」。しかし、竜王位を佐藤康光に奪われ四冠に後退する。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た角川書店

    『決断力』 角川書店〈角川oneテーマ21〉、2005年 ISBN 978-4047100084羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見たネスレ日本

    ネスレ日本「ネスカフェ 匠」羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た新潮社

    『先を読む頭脳』(松原仁・伊藤毅志と共著) 新潮社、2006年 ISBN 978-4103016717羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た明治乳業

    明治乳業「明治ブルガリアヨーグルト」羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た小田急百貨店

    そして、1981年1月7日、「第1回小田急将棋まつり小学生大会」でデパート大会での初優勝をする。このとき、準決勝で森内俊之を、決勝で小倉久史を破っている。森内とのライバル関係は、この頃から始まった。ある将棋大会では、先手・森内の初手▲5八飛という珍しい手に対して後手の羽生が△5二飛と返すというきわめて珍しい序盤を見せることもあった。同年、5年生に上がると、アマ名人戦の都下予選(7月12日)を史上最年少で通過。8月には東京の4つの小学生大会で優勝する。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た勝又清和

    また、対局の中の様々な面で強さを発揮する。勝又清和は「大山の力強い受け、中原の自然流の攻め、加藤(一)の重厚な攻め、谷川の光速の寄せ、米長の泥沼流の指し回し、佐藤(康)の緻密流の深い読み、丸山の激辛流の指し回し、森内の鉄板流の受け、といった歴代名人の長所を状況に応じて指し手に反映させる‘歴代名人の長所をすべて兼ね備えた男’」としている。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た有吉道夫

    ところが、それから1年間、羽生は王将戦第7局の前に既に防衛していた棋王戦(対・森下卓)を含め、名人戦(対・森下卓)、棋聖戦(対・三浦弘行)、王位戦(対・郷田真隆)、王座戦(対・森雞二)、竜王戦(対・佐藤康光)と六冠の防衛に全て成功する。なお、これらの防衛戦の間に通算タイトル獲得数が谷川の20期(当時)を超え、大山、中原に次ぐ歴代3位となっている。そのかたわら、第45期王将リーグは対・中原戦で1敗を喫したものの、村山聖、森内俊之、丸山忠久、郷田真隆、有吉道夫に勝って5勝1敗の1位となり、2期連続で谷川王将への挑戦権を勝ち取る。なお、これらの防衛戦、リーグ戦の中では、終盤戦で相手の悪手に助けられた逆転勝ちがいくつもあった。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た森けい二

    ところが、それから1年間、羽生は王将戦第7局の前に既に防衛していた棋王戦(対・森下卓)を含め、名人戦(対・森下卓)、棋聖戦(対・三浦弘行)、王位戦(対・郷田真隆)、王座戦(対・森雞二)、竜王戦(対・佐藤康光)と六冠の防衛に全て成功する。なお、これらの防衛戦の間に通算タイトル獲得数が谷川の20期(当時)を超え、大山、中原に次ぐ歴代3位となっている。そのかたわら、第45期王将リーグは対・中原戦で1敗を喫したものの、村山聖、森内俊之、丸山忠久、郷田真隆、有吉道夫に勝って5勝1敗の1位となり、2期連続で谷川王将への挑戦権を勝ち取る。なお、これらの防衛戦、リーグ戦の中では、終盤戦で相手の悪手に助けられた逆転勝ちがいくつもあった。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た棋王戦

    1990年11月に谷川に竜王位を奪取され、無冠の「前竜王」という肩書きになるが、4か月後の1991年3月に棋王位を獲得し、以降、一冠以上を保持する状態が長く続く。また、肩書きとして段位を名乗ったのは竜王挑戦時の「六段」が最後である。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

177件中 21 - 30件表示

「羽生善治」のニューストピックワード