199件中 21 - 30件表示
  • 羽生善治

    羽生善治から見た吉増剛造

    『盤上の海、詩の宇宙』 ※吉増剛造との共著 (河出書房新社、1997年) ISBN 4309263194羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た日本テレビ放送網

    日本テレビ 『アナザースカイ』 (2011年12月9日放送)羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た新潮社

    『先を読む頭脳』 ※松原仁・伊藤毅志との共著 (新潮社、2006年) ISBN 978-4103016717羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た小田急百貨店

    1981年1月7日、「第1回小田急将棋まつり小学生大会」でデパート大会での初優勝した。このとき、準決勝で森内俊之を、決勝で小倉久史を破っている。森内とのライバル関係は、この頃から始まった。ある将棋大会では、先手・森内の初手▲5八飛という珍しい手に対して後手の羽生が△5二飛と返すというきわめて珍しい序盤を見せることもあった。同年、5年生に上がると、アマ名人戦の都下予選(7月12日)を史上最年少で通過。8月には東京の4つの小学生大会で優勝する。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た谷川浩司

    5年生のとき、奨励会への入会を志し、道場の師範代である中嶋克安指導棋士(二上の最初の弟子)に相談をしたが、中嶋は「小学生将棋名人戦で優勝をすること」という厳しい条件を突きつけた。しかし、6年生の春(1982年4月3日)、羽生は見事優勝し条件をクリアした。このとき森内は3位、NHKテレビ解説者は3日後に二十歳の誕生日を迎える谷川浩司だった。母は対局が行われたNHKのスタジオから、すぐに二上に電話を入れた。小学生将棋名人戦に出演していた大山康晴は優勝した羽生と谷川を見て将来はこの若い2人が将棋界を引っ張っていくライバルになっていくであろうと述べている。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た有吉道夫

    ところが、それから1年間、羽生は王将戦第7局の前に既に防衛していた棋王戦(対・森下卓)を含め、名人戦(対・森下卓)、棋聖戦(対・三浦弘行)、王位戦(対・郷田真隆)、王座戦(対・森雞二)、竜王戦(対・佐藤康光)と六冠の防衛に全て成功する。なお、これらの防衛戦の間に通算タイトル獲得数が谷川の20期(当時)を超え、大山、中原に次ぐ歴代3位となっている。その傍ら、第45期王将リーグは対・中原戦で1敗を喫したものの、村山聖、森内俊之、丸山忠久、郷田真隆、有吉道夫に勝って5勝1敗の1位となり、2期連続で谷川王将への挑戦権を勝ち取る。なお、これらの防衛戦、リーグ戦の中では、終盤戦で相手の悪手に助けられた逆転勝ちがいくつもあった。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た佐藤天彦

    第86期(2015年度)棋聖戦では豊島将之を迎えての防衛戦であった。2年連続挑戦で勢いに乗る豊島七段を3勝1敗で退けて防衛。大山十五世名人の棋聖7連覇の記録を塗り替え8連覇を達成。また元王位の広瀬章人を挑戦者に迎えた第56期王位戦では、4勝1敗で盤石の防衛。そして第63期王座戦ではタイトル戦初登場の佐藤天彦を3勝2敗のフルセットで退けた。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た森けい二

    ところが、それから1年間、羽生は王将戦第7局の前に既に防衛していた棋王戦(対・森下卓)を含め、名人戦(対・森下卓)、棋聖戦(対・三浦弘行)、王位戦(対・郷田真隆)、王座戦(対・森雞二)、竜王戦(対・佐藤康光)と六冠の防衛に全て成功する。なお、これらの防衛戦の間に通算タイトル獲得数が谷川の20期(当時)を超え、大山、中原に次ぐ歴代3位となっている。その傍ら、第45期王将リーグは対・中原戦で1敗を喫したものの、村山聖、森内俊之、丸山忠久、郷田真隆、有吉道夫に勝って5勝1敗の1位となり、2期連続で谷川王将への挑戦権を勝ち取る。なお、これらの防衛戦、リーグ戦の中では、終盤戦で相手の悪手に助けられた逆転勝ちがいくつもあった。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た連続テレビ小説

    妻は元女優でNHK連続テレビ小説『京、ふたり』のヒロイン役を務めた畠田理恵。婚約発表は1995年7月。1996年2月19日に畠田が駅で暴漢に襲われる事件が発生。この事件は七冠達成から僅か5日後であったため、マスコミで大きく取り上げられた。挙式は1996年3月28日。1997年7月に長女、1999年11月に二女が誕生。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見たNHK教育テレビジョン

    5年生のとき、奨励会への入会を志し、道場の師範代である中嶋克安指導棋士(二上の最初の弟子)に相談をしたが、中嶋は「小学生将棋名人戦で優勝をすること」という厳しい条件を突きつけた。しかし、6年生の春(1982年4月3日)、羽生は見事優勝し条件をクリアした。このとき森内は3位、NHKテレビ解説者は3日後に二十歳の誕生日を迎える谷川浩司だった。母は対局が行われたNHKのスタジオから、すぐに二上に電話を入れた。小学生将棋名人戦に出演していた大山康晴は優勝した羽生と谷川を見て将来はこの若い2人が将棋界を引っ張っていくライバルになっていくであろうと述べている。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

199件中 21 - 30件表示

「羽生善治」のニューストピックワード