199件中 31 - 40件表示
  • 羽生善治

    羽生善治から見た棋王戦 (将棋)

    1990年11月に谷川に竜王位を奪取され、無冠の「前竜王」になるが、4か月後の1991年3月に棋王位を獲得し、以降、一冠以上を保持する状態が長く続く。また、肩書きとして段位を名乗ったのは竜王挑戦時の「六段」が最後である。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た日本放送協会

    5年生のとき、奨励会への入会を志し、道場の師範代である中嶋克安指導棋士(二上の最初の弟子)に相談をしたが、中嶋は「小学生将棋名人戦で優勝をすること」という厳しい条件を突きつけた。しかし、6年生の春(1982年4月3日)、羽生は見事優勝し条件をクリアした。このとき森内は3位、NHKテレビ解説者は3日後に二十歳の誕生日を迎える谷川浩司だった。母は対局が行われたNHKのスタジオから、すぐに二上に電話を入れた。小学生将棋名人戦に出演していた大山康晴は優勝した羽生と谷川を見て将来はこの若い2人が将棋界を引っ張っていくライバルになっていくであろうと述べている。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た島朗

    1989年、第2期竜王戦で3組優勝者として挑戦者決定トーナメントを勝ち上がって挑戦権を獲得し、タイトル戦に初登場した。七番勝負の相手は、研究会「島研」での恩師であり前年に初代竜王の座に就いた島朗であった。持将棋1局を含む全8局の熱闘を4勝3敗で制し、初のタイトル獲得。棋界で名人位と並んで序列トップの竜王位に就いた。19歳2か月でのタイトル獲得は、当時の最年少記録であった(最年少タイトルの記録は、翌年、18歳の屋敷伸之によって塗り替えられる)。この年度は、先手番での勝率が0.9355(29勝2敗)であった。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た高橋美幸

    高橋美幸原作・まきのまさる画 『まんが羽生善治物語』 (くもん出版、1995年) ISBN 978-4875769934羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た斎藤慎太郎

    第88期(2017年度)棋聖戦では若手のホープ斎藤慎太郎七段を挑戦者に迎え、3勝1敗で防衛。自身の持つ棋聖戦連覇記録を10へと伸ばすとともに、自身2つ目のタイトル(王座・棋聖)で2桁連覇を達成した。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た永瀬拓矢

    その後、第87期(2016年度)棋聖戦では羽生が苦手としていた永瀬拓矢を挑戦者に迎え、3勝2敗で防衛。自身の持つ棋聖戦連覇記録を9へと伸ばす。その後初タイトルを目指す木村一基を挑戦者に迎えた第57期(2016年度)王位戦七番勝負もフルセットで防衛。これにより25年連続の年度複数冠を達成。第64期王座戦戦五番勝負ではストレートで挑戦者の糸谷哲郎を破り、自身の持つ同一タイトル獲得記録を24期に伸ばした。第2期叡王戦に初参加、九段予選を勝ち上がり本戦に進出、準決勝で佐藤天彦名人に敗れた。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た椎名龍一

    椎名龍一 『羽生善治 夢と、自信と。』 (学習研究社、2006年) ISBN 978-4052026447羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た松原仁 (情報工学者)

    『先を読む頭脳』 ※松原仁・伊藤毅志との共著 (新潮社、2006年) ISBN 978-4103016717羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た森下卓

    1992年度、第40期王座戦で福崎文吾から奪取して、初めて複数冠(王座・棋王)となる。ここから長い王座戦連覇が始まり、後に、大山が持つ同一タイトル連覇記録を塗り替えることとなる。同年、第5期竜王戦で谷川竜王(三冠)との三冠対二冠の天王山対決を制し、森下卓曰く「タイトル保有の図式が逆転」した。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た小津安二郎

    好きな映画は小津安二郎監督の『東京物語』。また小説では『氷点』(三浦綾子)を一時愛読していた。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

199件中 31 - 40件表示

「羽生善治」のニューストピックワード