199件中 41 - 50件表示
  • 羽生善治

    羽生善治から見た豊島将之

    第62期(2014年度)王座戦では、2回目のタイトル挑戦となった豊島将之を迎えた。開幕2連勝のあと2連敗しフルセットになったが防衛し、同一タイトル獲得記録を22に更新、四冠を堅持した。またこれにより、タイトル通算獲得数が90期になった。また第64期王将戦挑戦者決定リーグ戦対三浦弘行九段戦に勝利し、史上4人目の1300勝を、最年少・最速・最高勝率で達成した。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た田中寅彦

    田中寅彦 『羽生善治 神様が愛した青年』 (ベストセラーズ・ワニ選書、1996年) ISBN 978-4584191286羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た菅井竜也

    第58期王位戦では棋聖戦挑戦者の斎藤慎太郎と共に順位戦でB級1組へ昇級した菅井竜也七段を挑戦者に迎えた。菅井の振り飛車に苦戦し1勝4敗で失冠。続けて、第65期王座戦では3年振り2回目の挑戦となる中村太地六段を挑戦者に迎え、1勝3敗で失冠。自身13年ぶりとなる一冠に後退した。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た屋敷伸之

    1989年、第2期竜王戦で3組優勝者として挑戦者決定トーナメントを勝ち上がって挑戦権を獲得し、タイトル戦に初登場した。七番勝負の相手は、研究会「島研」での恩師であり前年に初代竜王の座に就いた島朗であった。持将棋1局を含む全8局の熱闘を4勝3敗で制し、初のタイトル獲得。棋界で名人位と並んで序列トップの竜王位に就いた。19歳2か月でのタイトル獲得は、当時の最年少記録であった(最年少タイトルの記録は、翌年、18歳の屋敷伸之によって塗り替えられる)。この年度は、先手番での勝率が0.9355(29勝2敗)であった。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た柳瀬尚紀

    『勝ち続ける力』 ※柳瀬尚紀との共著 (大和書房、2010年) ISBN 978-4-10-301672-4羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た大内延介

    大内延介 『子どものための「超」集中記憶術?羽生善治に学ぶ』 (講談社、1997年) ISBN 978-4062086509羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見たガルリ・カスパロフ

    2014年11月28日、電王戦の特別企画で元世界王者のガルリ・カスパロフと先手後手を入れ替える早指し(25分)の二番勝負で対局したが、カスパロフが2連勝した。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た能條純一

    漫画作品『月下の棋士』の主人公・氷室将介の圧倒的な強さと対局時のオーラは羽生をモデルにしていると、作者の能條純一が単行本最終巻に記している。但し、「羽田」という名前の眼鏡をかけた少年もスポットで登場している。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た藤井猛

    第38期(1997年度)王位戦七番勝負(対・佐藤康光)から第48期(2000年度)王座戦五番勝負(対・藤井猛)にかけて、登場した15回のタイトル戦で全て獲得に成功(防衛14、奪取1)。第13期(2000年度)竜王戦七番勝負で藤井猛竜王に挑戦敗退して止められる(藤井はこれをもって竜王戦史上初の3連覇)。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た安倍晋三

    第30期竜王戦では挑戦者決定戦に進出し松尾歩八段を相手に2勝1敗で勝利。自身7年ぶりの竜王戦七番勝負登場を決めた。七番勝負では渡辺竜王を4勝1敗で破り16年振りに竜王位に復位し、永世竜王を獲得するとともに史上初の永世七冠となった。また史上初の永世七冠を達成したことにより安倍晋三内閣総理大臣から棋士として初の国民栄誉賞を、囲碁棋士の井山裕太七冠と共に授与された。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

199件中 41 - 50件表示

「羽生善治」のニューストピックワード