177件中 51 - 60件表示
  • 羽生善治

    羽生善治から見た柳瀬尚紀

    『勝ち続ける力』(柳瀬尚紀と共著) 大和書房、2010年 ISBN 978-4-10-301672-4羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た大内延介

    大内延介 『子どものための「超」集中記憶術 - 羽生善治に学ぶ』 講談社、1997年 ISBN 978-4062086509羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た阿久津主税

    2012年、第70期名人戦で森内俊之名人に敗北(2勝4敗)し、名人復位と記録更新に失敗するも、直後の第83期棋聖戦で中村太地六段(タイトル初挑戦)を3連勝で退けタイトルを防衛するとともに、通算タイトル獲得数を81期として歴代単独1位となる。8月17日の対局(銀河戦決勝収録・対阿久津主税七段)で勝利し、史上5人目の通算1200勝を史上最年少、最速、最高勝率で達成。2012年度はさらに藤井猛を退けて王位を防衛し、渡辺明に前年奪われた王座へ復位を遂げ、通算タイトル獲得数を83期にまで伸ばした。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た丸山忠久

    ところが、それから1年間、羽生は王将戦第7局の前に既に防衛していた棋王戦(対・森下卓)を含め、名人戦(対・森下卓)、棋聖戦(対・三浦弘行)、王位戦(対・郷田真隆)、王座戦(対・森雞二)、竜王戦(対・佐藤康光)と六冠の防衛に全て成功する。なお、これらの防衛戦の間に通算タイトル獲得数が谷川の20期(当時)を超え、大山、中原に次ぐ歴代3位となっている。そのかたわら、第45期王将リーグは対・中原戦で1敗を喫したものの、村山聖、森内俊之、丸山忠久、郷田真隆、有吉道夫に勝って5勝1敗の1位となり、2期連続で谷川王将への挑戦権を勝ち取る。なお、これらの防衛戦、リーグ戦の中では、終盤戦で相手の悪手に助けられた逆転勝ちがいくつもあった。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た能條純一

    漫画作品『月下の棋士』の主人公・氷室将介の圧倒的な強さと対局時のオーラは羽生をモデルにしていると、作者の能條純一が単行本最終巻に記している。ただし、「羽田」という名前の眼鏡をかけた少年もスポットで登場している。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た藤井猛

    第38期(1997年度)王位戦七番勝負(対・佐藤康光)から第48期(2000年度)王座戦五番勝負(対・藤井猛)にかけて、登場した15回のタイトル戦で全て獲得に成功(防衛14、奪取1)。第13期(2000年度)竜王戦七番勝負で藤井猛竜王に挑戦敗退して止められる(藤井はこれをもって竜王戦史上初の3連覇)。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た高橋道雄

    直後に第21期棋王戦(七冠王としての最初の防衛戦)で高橋道雄を相手に防衛に成功。これで年度の全7タイトル制覇も達成したことになる。また、この年度は、テレビ棋戦のNHK杯戦、早指し将棋選手権でも優勝した。年度勝率は、タイトル戦の番勝負での対局が主であったにもかかわらず、当時歴代2位の0.8364(46勝9敗)という数字であった。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た滝誠一郎

    同年、奨励会入会試験に合格(この時の奨励会の幹事は滝誠一郎で、羽生は小学校5年生の時、二枚落ちという本来ならば手合い違いのハンデで滝に敗れている。)。以降、1年あまりで6級から初段に昇段するなど驚異的な速度で昇級・昇段(後述)を重ね、1985年12月18日に三段での13勝4敗を記録。この成績をもって、当時の規定により四段に昇段してプロに昇格。加藤一二三、谷川浩司に続く史上3人目の中学生棋士となる。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た糸谷哲郎

    第58回(2008年度) - 第60回(2010年度)のNHK杯戦で史上初の3連覇。同棋戦での通算優勝回数を一気に9へと伸ばし、大山康晴の記録(8回)を抜き去って歴代単独トップに立つ。なお、第59回・第60回の決勝の相手は、2年続けて「関西若手四天王」の一人と呼ばれる糸谷哲郎五段であった。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た戸辺誠

    2010年6月1日、第51期王位戦白組プレーオフで戸辺誠に勝ち、通算1100勝を達成。同年、タイトル戦登場100回目となった第81期棋聖戦は、深浦を3勝0敗のストレートで下して防衛し、記録に花を添える(2010年6月26日)。また、第58期王座戦では藤井猛を相手に3勝0敗で防衛(2010年9月29日)。同一タイトル19連覇、同一タイトル6回連続ストレート防衛という2つの歴代1位の記録を樹立した。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

177件中 51 - 60件表示

「羽生善治」のニューストピックワード