177件中 61 - 70件表示
  • 羽生善治

    羽生善治から見た田丸美寿々

    (以上は、七冠達成直後の、田丸美寿々によるインタビュー(1996年2月19日)から)羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た演歌歌手

    対局時の寝癖がトレードマーク(結婚後は頻度が少なくなった)で、演歌歌手・長山洋子の歌「たてがみ」は、それになぞらえたタイトルのオマージュソングである。また、書籍「新しい単位」(扶桑社)では、「だらしなさ」の単位として「hb(ハブ)」が採用されている。日本テレビのテレビ番組『進め!電波少年』では、松村邦洋が「羽生7冠王の寝癖を直したい!」という企画を掲げて、式場へアポなし突入をされた。なお、『進め!電波少年』では、松村と19枚落ち(羽生の駒は王将のみ)で対戦するという企画もあり、羽生が勝っている。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た上杉晋作

    上記の成績から羽生は日本人として3人目となるFMの称号を獲得、2007年5月の時点でレイティングは2404と日本国内1位、世界ランキングは2796位、アジアランキングは260位、日本チェス協会の国内称号である段位は六段とした。少ないながらも定期的に大会に出ては順調にレイティングを上げていたが、2007年5月を最後に一切チェス大会に出なくなる。ちょうどその頃の出来事として、獲得賞金・対局料で7年ぶりに1億円の大台を割る、永世名人位を森内に先取される等があった。以降FIDEの統計においては、Active players(活動中のプレイヤー)の枠からは外されている。日本人の記録では同じくJCA所属のFM上杉晋作が2011年2月でレーティング2331、世界ランキング4052位であり、羽生の最高レーティング(2404)と世界ランキング(2780位)は更新されていない。ただしFIDEレイティングは長年インフレ傾向にあり、羽生以前に順位では羽生より高かった選手が存在する。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た日浦市郎

    日浦市郎 『羽生善治名人位防衛戦の舞台裏 羽生VS森内七番勝負での強さの秘密』 エール出版社(Yell books)、1996年 ISBN 978-4753915903羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た畠山鎮

    1994年、初めて名人位を獲得した直後のNHK杯戦・対畠山鎮戦で、先手・畠山の初手▲2六歩に対して2手目△6二銀と指した。そして、10手目で△3四歩とするまで羽生の歩が1つも動かないという、極めて珍しい出だしとなった。まさに「名人に定跡なし」である(結果、勝利した)。また、ほぼ同時期に、先手の初手▲7六歩に対する2手目△6二銀も指しており、こちらは一度ならず何度も指している。これは、相手が振り飛車党の場合に、たまに用いられる作戦ではあるが、羽生が実戦で試した相手は、谷川浩司、郷田真隆、森下卓といった居飛車党である。なお、後に羽生は「2手目△6二銀は損だが、どれぐらい損であるかを見極めるために指した。どれだけ損であるかがわかったので、もう指すことはない。」という旨を語っている。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た坪倉善彦

    NHK BS hi 『100年インタビュー』(2008年10月2日放送)インタビューアー:坪倉善彦アナウンサー(2008年9月13日収録、NHK BS2で2008年11月8日未明(11月7日深夜)に再放送)羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た久保利明

    2007年12月20日、第66期A級順位戦6回戦・対久保利明戦で勝ち、史上8人目の通算1000勝(特別将棋栄誉賞)を史上最年少、最速、最高勝率で達成。その2か月後の2008年2月28日には、第57期王将戦で防衛に成功し、史上2人目の棋戦優勝100回(タイトル獲得68期、一般棋戦優勝32回)を達成。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た先崎学

    1979年、3年生で4級のとき、日本橋東急デパートの「よい子日本一決定戦・小学生低学年の部」で準優勝(優勝は先崎学)をし、その翌年も関東各地のデパートの大会で準優勝や3位入賞をする。将棋大会出場時は、母が我が子を見つけやすくするため、いつも広島東洋カープの赤い野球帽である‘赤ヘル’を被らせていた(羽生自身は読売ジャイアンツファンであった)。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た中村太地

    2012年、第70期名人戦で森内俊之名人に敗北(2勝4敗)し、名人復位と記録更新に失敗するも、直後の第83期棋聖戦で中村太地六段(タイトル初挑戦)を3連勝で退けタイトルを防衛するとともに、通算タイトル獲得数を81期として歴代単独1位となる。8月17日の対局(銀河戦決勝収録・対阿久津主税七段)で勝利し、史上5人目の通算1200勝を史上最年少、最速、最高勝率で達成。2012年度はさらに藤井猛を退けて王位を防衛し、渡辺明に前年奪われた王座へ復位を遂げ、通算タイトル獲得数を83期にまで伸ばした。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た田村康介

    プロデビューして間もない低段時代には、上目で相手をにらみつける(ように見える)「ハブにらみ」が相手を恐れさせたとされる。なお、同様の「にらみ」は佐藤康光や田村康介にも見られる。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

177件中 61 - 70件表示

「羽生善治」のニューストピックワード