199件中 71 - 80件表示
  • 羽生善治

    羽生善治から見た行方尚史

    第73期(2015年度)名人戦は行方尚史を挑戦者に迎え、4勝1敗で防衛。これにより名人通算9期、名人位獲得数が歴代3位となった。なお、羽生が制した第1局は名人戦史上最短手数となる60手での決着であった。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た松尾歩

    第30期竜王戦では挑戦者決定戦に進出し松尾歩八段を相手に2勝1敗で勝利。自身7年ぶりの竜王戦七番勝負登場を決めた。七番勝負では渡辺竜王を4勝1敗で破り16年振りに竜王位に復位し、永世竜王を獲得するとともに史上初の永世七冠となった。また史上初の永世七冠を達成したことにより安倍晋三内閣総理大臣から棋士として初の国民栄誉賞を、囲碁棋士の井山裕太七冠と共に授与された。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た糸谷哲郎

    第58回(2008年度)?第60回(2010年度)のNHK杯戦で史上初の3連覇を達成。同棋戦での通算優勝回数を一気に9へと伸ばし、大山康晴の記録(8回)を抜き去って歴代単独トップに立つ。なお、第59回・第60回の決勝の相手は、2年続けて「関西若手四天王」の一人と呼ばれる糸谷哲郎であった。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た演歌歌手

    対局時の寝癖がトレードマークとされる。結婚後は一時頻度が少なくなったが、2013年の王座戦第4局では「後頭部に見事な寝癖がついている。」と日本将棋連盟王座戦中継サイトに記録が残るなど、2010年代に入り再び寝癖が現れる機会が多くなった。演歌歌手・長山洋子の歌「たてがみ」は、寝癖になぞらえたタイトルのオマージュソングである。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た日浦市郎

    日浦市郎 『羽生善治名人位防衛戦の舞台裏 羽生vs森内 七番勝負での強さの秘密』 (エール出版社、1996年) ISBN 978-4753915903羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た久保利明

    2007年12月20日、第66期A級順位戦6回戦・対久保利明戦で勝ち、史上8人目の通算1000勝(特別将棋栄誉賞)を史上最年少、最速、最高勝率で達成。その2か月後の2008年2月28日には、第57期王将戦で防衛に成功し、史上2人目の棋戦優勝100回(タイトル獲得68期、一般棋戦優勝32回)を達成。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た先崎学

    1979年、3年生で4級のとき、日本橋東急デパートの「よい子日本一決定戦・小学生低学年の部」で準優勝(優勝は先崎学)をし、その翌年も関東各地のデパートの大会で準優勝や3位入賞をする。将棋大会出場時は、母が我が子を見つけやすくするため、いつも広島東洋カープの赤い野球帽である赤ヘルを被らせていた(羽生自身は読売ジャイアンツファンであった)。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た木村一基

    第55期(2014年度)王位戦では、挑戦者に木村一基を迎え、第3局に王位戦史上初(タイトル戦では22年ぶり)となる持将棋が成立した。結果は羽生の4勝2敗1持将棋で防衛(4連覇、16期目)。なお、タイトル戦での持将棋は、羽生自身にとっては、初タイトルを獲得した第2期(1989年)竜王戦第2局(対島朗竜王)以来2度目である。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た小山政彦

    『勉強について、私たちの考え方と方法』 ※小山政彦との共著 (PHP研究所、2007年) ISBN 978-4-569-69352-1羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た漫画

    漫画作品『月下の棋士』の主人公・氷室将介の圧倒的な強さと対局時のオーラは羽生をモデルにしていると、作者の能條純一が単行本最終巻に記している。但し、「羽田」という名前の眼鏡をかけた少年もスポットで登場している。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

199件中 71 - 80件表示

「羽生善治」のニューストピックワード