323件中 91 - 100件表示
  • 羽生結弦

    羽生結弦から見た喘息

    自身の喘息と清水宏保とのエピソードを『告白』。同じく小児ぜんそくと診断され、羽生に憧れる少年をスケート指導。「夢のアイスショー」と題し、郷ひろみとのコラレーションで少年の前で「言えないよ」を披露した。(いずれも録画)羽生結弦 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生結弦

    羽生結弦から見たくまモン

    「羽生結弦 被災地に愛を込めて…生アイスショー」と題し、熊本地震で被災したスケート少女たち&くまモンとの氷上コラボレーション「星に願いを」(録画)と、生放送で「ホワイト・レジェンド」の2曲を披露した。羽生結弦 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生結弦

    羽生結弦から見た世界フィギュアスケート選手権

    次戦は5連覇をかけた全日本選手権となる予定だったが、帰国後にインフルエンザを発症し咽頭炎を併発する。大会前日の段階でも発熱が続いており、さらに1週間の安静加療が必要と診断されたことから、正式に全日本選手権欠場を発表した。不在に終わった全日本だが、上述のグランプリファイナル優勝および、過去に出場した世界選手権における実績などから選考基準を満たしており、2017年にヘルシンキで開催される世界選手権の代表に選出された。羽生結弦 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生結弦

    羽生結弦から見た小児ぜんそく

    自身の喘息と清水宏保とのエピソードを『告白』。同じく小児ぜんそくと診断され、羽生に憧れる少年をスケート指導。「夢のアイスショー」と題し、郷ひろみとのコラレーションで少年の前で「言えないよ」を披露した。(いずれも録画)羽生結弦 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生結弦

    羽生結弦から見た寄付

    羽生へのインタビューで構成された自叙伝「蒼い炎」シリーズの印税は全額、アイスリンク仙台へ寄付される。また扶桑社の売上げの一部も寄付されることになっている。第一弾「蒼い炎」は15万部のベストセラーとなった。2017年3月までに、羽生から印税総額2500万円超が寄付された旨を、開業10周年の記念としてアイスリンク仙台が公式に発表し感謝を述べている。羽生結弦 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生結弦

    羽生結弦から見た商標権

    「いつも変わらないあの表情をみるとリラックスできる」との理由でくまのプーさんを好んでいる。ティッシュカバーにくまのプーさんを愛用しており、オリンピックなど商標権の問題で持ち込めない特殊なケースを除き、試合の際には必ず持参しているこのような経緯から、国際大会での演技後は各国のファンが客席からプーさんのぬいぐるみを氷上に投げ入れる光景が定着していった。現在はあまりに大量のプーさんが贈られるため全てを持ち帰ることはできず、現地で寄付をするとのこと。平昌オリンピックのフリー演技後に投げ込まれたプーさんは、地元のボランティアなどの現場スタッフにプレゼントされた。羽生結弦 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生結弦

    羽生結弦から見た東北高等学校

    1998年の長野オリンピックにおけるフィギュアスケート競技日本代表のうち、7人中4人(田村岳斗、本田武史、荒川静香、荒井万里絵)が仙台市の東北高等学校に在学中の高校生選手であり、かつ4人とも長久保裕の教え子であった。これを発端に仙台でフィギュアスケートブームが起こる。長久保や4選手が所属するコナミスポーツクラブ泉のリンク(現・アイスリンク仙台、)で1999年に佐野稔が開催した子供スケート教室に姉が通い始め、この姉の影響により羽生も4歳でスケートを始めた。同じダイエー系列の新松戸アイスアリーナが2002年1月に閉鎖になると、同アリーナを指導していた都築章一郎が仙台に移り、小学2年から小学6年まで指導を受けることとなる。都築に個人指導を受けるようになったのは小学3年からだが、友達と遊びたい時期に練習ばかりがハードになっていったため、この時はスケートが嫌になり野球をやりたいとも言い出した。しかし「好きで始めたことに屈したくない」と練習を続け、翌2004年10月に初出場した全日本ノービス(Bクラス)で優勝。9歳で初めて金メダルを獲得した。羽生結弦 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生結弦

    羽生結弦から見た阪神・淡路大震災

    翌3月11日、東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)が発生。地震発生時には仙台市のアイスリンク仙台で競技の練習中であり、スケート靴を履いたまま外へ避難した。羽生本人や家族、阿部コーチやリンクメイトは無事であったが、同リンクは被災して営業休止になり、自宅も大きな被害を受けたため避難所で4日間過ごした。震災で多くの死者・行方不明者が発生し、大勢の避難者が避難所生活をしている中、スケートを続けることへの疑問を抱いていたが、自身が在学する東北高校野球部が避難所でボランティアをしながら第83回選抜高等学校野球大会(春のセンバツ甲子園)に出場し、3月28日の初戦を全力で戦っている姿をテレビで観て、スケートへの意欲を取り戻した。兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)の41日前に生まれた羽生は、4月9日に開催された兵庫県スケート連盟主催「東日本大震災チャリティー演技会 ?復興の街、神戸から?」に招待され、東北高校の先輩の田村・本田・荒川らと演技を披露した。4月からは、テクノルアイスパーク新井田(青森県八戸市)や、かつて師事した都築コーチがいる旧・東神奈川スケートリンク(現・横浜銀行アイスアリーナ)を仮の拠点とし、復興支援目的のアイスショーへ多数出演して各地を転々としながら練習を続けた。7月24日、アイスリンク仙台が営業を再開したため、羽生も拠点を戻した。羽生結弦 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生結弦

    羽生結弦から見たバスクリン

    バスクリン「きき湯」シリーズ(2015年2月 - )『Mr. きき湯』篇(2016年10月17日-)羽生結弦 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生結弦

    羽生結弦から見た東北地方太平洋沖地震

    翌3月11日、東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)が発生。地震発生時には仙台市のアイスリンク仙台で競技の練習中であり、スケート靴を履いたまま外へ避難した。羽生本人や家族、阿部コーチやリンクメイトは無事であったが、同リンクは被災して営業休止になり、自宅も大きな被害を受けたため避難所で4日間過ごした。震災で多くの死者・行方不明者が発生し、大勢の避難者が避難所生活をしている中、スケートを続けることへの疑問を抱いていたが、自身が在学する東北高校野球部が避難所でボランティアをしながら第83回選抜高等学校野球大会(春のセンバツ甲子園)に出場し、3月28日の初戦を全力で戦っている姿をテレビで観て、スケートへの意欲を取り戻した。兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)の41日前に生まれた羽生は、4月9日に開催された兵庫県スケート連盟主催「東日本大震災チャリティー演技会 ?復興の街、神戸から?」に招待され、東北高校の先輩の田村・本田・荒川らと演技を披露した。4月からは、テクノルアイスパーク新井田(青森県八戸市)や、かつて師事した都築コーチがいる旧・東神奈川スケートリンク(現・横浜銀行アイスアリーナ)を仮の拠点とし、復興支援目的のアイスショーへ多数出演して各地を転々としながら練習を続けた。7月24日、アイスリンク仙台が営業を再開したため、羽生も拠点を戻した。羽生結弦 フレッシュアイペディアより)

323件中 91 - 100件表示

「羽生結弦」のニューストピックワード