62件中 21 - 30件表示
  • 羽生結弦

    羽生結弦から見た全日本フィギュアスケートジュニア選手権

    プルシェンコについては、2007年全日本フィギュアスケートジュニア選手権開催直前、当時の髪型は彼の真似も理由の一つであることをインタビューで答えており、別のインタビュー内においては、プルシェンコについて質問された際に「スケート界の神ですね」と言う程尊敬している。ビールマンスピンを取り入れているのも、幼少期にプルシェンコのビールマンスピンを見て憧れているからだという。一時期、体調の関係で封印していたものの、今は再び演技に取り入れているが、コーチには体の負担が大きいのでもうやらない方がいいと言われている。。一方のプルシェンコは日本のライバルについて質問された際に「非常に素晴らしいスケーターで、アーティストであり、ジャンプがいい。彼を見ていると昔の自分を思い出す。まだ17歳と若いが、私が見る限り、彼がナンバーワンだ。」と高く評価している。羽生結弦 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生結弦

    羽生結弦から見た2012年世界フィギュアスケート選手権

    羽生 結弦(はにゅう ゆづる、1994年12月7日 - )は、日本のフィギュアスケート選手(男子シングル)。2012年世界選手権銅メダリスト。2010年世界ジュニア選手権優勝。羽生結弦 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生結弦

    羽生結弦から見たシングルスケーティング

    羽生 結弦(はにゅう ゆづる、1994年12月7日 - )は、日本のフィギュアスケート選手(男子シングル)。2012年世界選手権銅メダリスト。2010年世界ジュニア選手権優勝。羽生結弦 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生結弦

    羽生結弦から見たフィギュアスケート

    羽生 結弦(はにゅう ゆづる、1994年12月7日 - )は、日本のフィギュアスケート選手(男子シングル)。2012年世界選手権銅メダリスト。2010年世界ジュニア選手権優勝。羽生結弦 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生結弦

    羽生結弦から見たショートプログラム

    2012-2013シーズン、フィンランディア杯ではフリーでトゥループとサルコウの2種類の4回転ジャンプを成功させ優勝。グランプリシリーズでは初戦のスケートアメリカ、第2戦のNHK杯と、2戦続けてショートプログラムで歴代最高得点を更新、GPファイナルでは2位となった。全日本選手権では初優勝を果たした。羽生結弦 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生結弦

    羽生結弦から見た2011年中国杯

    2011-2012シーズン、7月に本拠地のアイスリンク仙台が営業を再開。9月にはネーベルホルン杯に出場し、シニアクラスの国際大会では初の優勝を果たす。ISUグランプリシリーズでは中国杯で4位に終わるも、続くロステレコム杯でグランプリシリーズ初優勝を果たし、ISUグランプリファイナル進出を決める。初のISUグランプリファイナルでは、総合得点でパーソナルベストを更新するが、1.73点の僅差で表彰台に届かず4位となる。全日本選手権では、ショートプログラムで4位と出遅れたが、フリースケーティングで1位となり総合3位、これにより自身初の世界選手権の代表に選出された。羽生結弦 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生結弦

    羽生結弦から見た2011/2012 ISUグランプリファイナル

    2011-2012シーズン、7月に本拠地のアイスリンク仙台が営業を再開。9月にはネーベルホルン杯に出場し、シニアクラスの国際大会では初の優勝を果たす。ISUグランプリシリーズでは中国杯で4位に終わるも、続くロステレコム杯でグランプリシリーズ初優勝を果たし、ISUグランプリファイナル進出を決める。初のISUグランプリファイナルでは、総合得点でパーソナルベストを更新するが、1.73点の僅差で表彰台に届かず4位となる。全日本選手権では、ショートプログラムで4位と出遅れたが、フリースケーティングで1位となり総合3位、これにより自身初の世界選手権の代表に選出された。羽生結弦 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生結弦

    羽生結弦から見た仙台市立七北田中学校

    宮城県仙台市泉区出身。仙台市立七北田中学校、東北高等学校卒業。2013年4月より、早稲田大学人間科学部人間情報科学科(eスクール)へ進学予定。血液型はB型。名前は「弓の弦を結ぶように凛とした生き方をして欲しい」と父が命名した。趣味は音楽鑑賞、テレビゲーム。宮城出身ながら、幼少期からの広島カープファン。好きなアーティストとしてHi-Fi CAMP(羽生の地元である仙台出身)、BUMP OF CHICKENなどを挙げている。羽生結弦 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生結弦

    羽生結弦から見たアイスショー

    四大陸選手権後の2011年3月、東日本大震災が発生。地震発生時には仙台市のアイスリンク仙台で競技の練習中であり、スケート靴を履いたまま外へ避難した。羽生本人や家族、阿部コーチやリンクメイトは無事であったが、リンクや自宅が大きな被害を受けた為に4日間を避難所で過ごした。アイスリンク仙台は4か月間に渡って営業を停止した為、その間はかつて師事した都築章一郎の元に身を寄せて東神奈川のスケートリンクを仮の拠点とし、復興支援目的のアイスショーへ出演するなど各地を転々としながら練習を続けた。羽生結弦 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生結弦

    羽生結弦から見た2011年ロステレコム杯

    2011-2012シーズン、7月に本拠地のアイスリンク仙台が営業を再開。9月にはネーベルホルン杯に出場し、シニアクラスの国際大会では初の優勝を果たす。ISUグランプリシリーズでは中国杯で4位に終わるも、続くロステレコム杯でグランプリシリーズ初優勝を果たし、ISUグランプリファイナル進出を決める。初のISUグランプリファイナルでは、総合得点でパーソナルベストを更新するが、1.73点の僅差で表彰台に届かず4位となる。全日本選手権では、ショートプログラムで4位と出遅れたが、フリースケーティングで1位となり総合3位、これにより自身初の世界選手権の代表に選出された。羽生結弦 フレッシュアイペディアより)

62件中 21 - 30件表示

「羽生結弦」のニューストピックワード