62件中 31 - 40件表示
  • 羽生結弦

    羽生結弦から見た第78回全日本フィギュアスケート選手権

    2009-2010シーズン、初戦のJGP トルン杯でJGP初優勝。続くクロアチア杯でも優勝し、JGPファイナルでは史上最年少(14歳)で総合優勝を果たした。全日本ジュニア選手権では2連覇を達成し、全日本選手権ではショートプログラム13位から、フリースケーティングの演技後半に3回転アクセル-3回転トウループ-2回転トウループのコンビネーションジャンプを決めるなどして追い上げ、総合6位となった。世界ジュニア選手権ではフリースケーティングで大幅にパーソナルベストを更新して優勝。日本人男子として4人目の世界ジュニアチャンピオンになった。羽生結弦 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生結弦

    羽生結弦から見た日本

    羽生 結弦(はにゅう ゆづる、1994年12月7日 - )は、日本のフィギュアスケート選手(男子シングル)。2012年世界選手権銅メダリスト。2010年世界ジュニア選手権優勝。羽生結弦 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生結弦

    羽生結弦から見た2009/2010 ISUジュニアグランプリ

    2009-2010シーズン、初戦のJGP トルン杯でJGP初優勝。続くクロアチア杯でも優勝し、JGPファイナルでは史上最年少(14歳)で総合優勝を果たした。全日本ジュニア選手権では2連覇を達成し、全日本選手権ではショートプログラム13位から、フリースケーティングの演技後半に3回転アクセル-3回転トウループ-2回転トウループのコンビネーションジャンプを決めるなどして追い上げ、総合6位となった。世界ジュニア選手権ではフリースケーティングで大幅にパーソナルベストを更新して優勝。日本人男子として4人目の世界ジュニアチャンピオンになった。羽生結弦 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生結弦

    羽生結弦から見た人間科学部

    宮城県仙台市泉区出身。仙台市立七北田中学校、東北高等学校卒業。2013年4月より、早稲田大学人間科学部人間情報科学科(eスクール)へ進学予定。血液型はB型。名前は「弓の弦を結ぶように凛とした生き方をして欲しい」と父が命名した。趣味は音楽鑑賞、テレビゲーム。宮城出身ながら、幼少期からの広島カープファン。好きなアーティストとしてHi-Fi CAMP(羽生の地元である仙台出身)、BUMP OF CHICKENなどを挙げている。羽生結弦 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生結弦

    羽生結弦から見たトウループジャンプ

    2種類の4回転ジャンプ(トウループとサルコウ)を跳ぶことができる。踏み切る足でのカウンター、またはスプレッドイーグルからの3回転アクセルはGOEで高い評価を得ている。練習やアイスショーなどでは、3回転アクセル-3回転アクセル、4回転トウループ-3回転アクセルなどのジャンプシークエンスを成功させている。フリップは踏み切りがアウトサイドになる癖がありエッジエラーの判定を受けていたが、2011-2012シーズンより矯正に成功している。羽生結弦 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生結弦

    羽生結弦から見た2011年四大陸フィギュアスケート選手権

    2010-2011シーズン、シニアデビュー戦となったISUグランプリシリーズのNHK杯で、フリースケーティングで自身初となる4回転トウループを成功させ4位に入った。出場3回目の全日本選手権では4位となり、四大陸選手権の代表に選出された。初出場の四大陸選手権ではショートプログラム、フリースケーティング共にパーソナルベストを更新する演技を見せ銀メダルを獲得、男子選手としては四大陸選手権史上最年少のメダリストとなった。羽生結弦 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生結弦

    羽生結弦から見た2012年NHK杯国際フィギュアスケート競技大会

    2012-2013シーズン、フィンランディア杯ではフリーでトゥループとサルコウの2種類の4回転ジャンプを成功させ優勝。グランプリシリーズでは初戦のスケートアメリカ、第2戦のNHK杯と、2戦続けてショートプログラムで歴代最高得点を更新、GPファイナルでは2位となった。全日本選手権では初優勝を果たした。羽生結弦 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生結弦

    羽生結弦から見た転倒

    その世界選手権ではショートプログラムでは7位にとどまったものの、フリーでは中盤繋ぎの部分で転倒するアクシデントを起こしながらも躍進して2位、初出場ながらもいきなり総合で3位に入り銅メダルを獲得。また高橋大輔とともに、日本人男子2人が同時に世界選手権の表彰台に立つ史上初の快挙となった。特に技術要素点では高橋、パトリック・チャンらを上回る今大会最高の点数をマークした。なお17歳3ヶ月での世界選手権メダル獲得も、日本男子選手では羽生が最年少記録となった。4月にコーチをブライアン・オーサーに変更。羽生結弦 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生結弦

    羽生結弦から見たアクセルジャンプ

    2種類の4回転ジャンプ(トウループとサルコウ)を跳ぶことができる。踏み切る足でのカウンター、またはスプレッドイーグルからの3回転アクセルはGOEで高い評価を得ている。練習やアイスショーなどでは、3回転アクセル-3回転アクセル、4回転トウループ-3回転アクセルなどのジャンプシークエンスを成功させている。フリップは踏み切りがアウトサイドになる癖がありエッジエラーの判定を受けていたが、2011-2012シーズンより矯正に成功している。羽生結弦 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生結弦

    羽生結弦から見た2009/2010 ISUグランプリファイナル

    2009-2010シーズン、初戦のJGP トルン杯でJGP初優勝。続くクロアチア杯でも優勝し、JGPファイナルでは史上最年少(14歳)で総合優勝を果たした。全日本ジュニア選手権では2連覇を達成し、全日本選手権ではショートプログラム13位から、フリースケーティングの演技後半に3回転アクセル-3回転トウループ-2回転トウループのコンビネーションジャンプを決めるなどして追い上げ、総合6位となった。世界ジュニア選手権ではフリースケーティングで大幅にパーソナルベストを更新して優勝。日本人男子として4人目の世界ジュニアチャンピオンになった。羽生結弦 フレッシュアイペディアより)

62件中 31 - 40件表示

「羽生結弦」のニューストピックワード