323件中 71 - 80件表示
  • 羽生結弦

    羽生結弦から見たKOHH

    趣味は音楽鑑賞。好きなアーティストとして、ポルノグラフィティ、Hi-Fi CAMP(羽生の地元である仙台出身)、ゆず、BUMP OF CHICKEN、The Sketchbook、KOHH、ONE OK ROCKなどを挙げている。特に試合前に聞く『勝負曲』はワンオクの「完全感覚Dreamer」「キミシダイ列車」とのこと。羽生結弦 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生結弦

    羽生結弦から見たBUMP OF CHICKEN

    趣味は音楽鑑賞。好きなアーティストとして、ポルノグラフィティ、Hi-Fi CAMP(羽生の地元である仙台出身)、ゆず、BUMP OF CHICKEN、The Sketchbook、KOHH、ONE OK ROCKなどを挙げている。特に試合前に聞く『勝負曲』はワンオクの「完全感覚Dreamer」「キミシダイ列車」とのこと。羽生結弦 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生結弦

    羽生結弦から見た長久保裕

    1998年の長野オリンピックにおけるフィギュアスケート競技日本代表のうち、7人中4人(田村岳斗、本田武史、荒川静香、荒井万里絵)が仙台市の東北高等学校に在学中の高校生選手であり、かつ4人とも長久保裕の教え子であった。これを発端に仙台でフィギュアスケートブームが起こる。長久保や4選手が所属するコナミスポーツクラブ泉のリンク(現・アイスリンク仙台、)で1999年に佐野稔が開催した子供スケート教室に姉が通い始め、この姉の影響により羽生も4歳でスケートを始めた。同じダイエー系列の新松戸アイスアリーナが2002年1月に閉鎖になると、同アリーナを指導していた都築章一郎が仙台に移り、小学2年から小学6年まで指導を受けることとなる。都築に個人指導を受けるようになったのは小学3年からだが、友達と遊びたい時期に練習ばかりがハードになっていったため、この時はスケートが嫌になり野球をやりたいとも言い出した。しかし「好きで始めたことに屈したくない」と練習を続け、翌2004年10月に初出場した全日本ノービス(Bクラス)で優勝。9歳で初めて金メダルを獲得した。羽生結弦 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生結弦

    羽生結弦から見た都築章一郎

    1998年の長野オリンピックにおけるフィギュアスケート競技日本代表のうち、7人中4人(田村岳斗、本田武史、荒川静香、荒井万里絵)が仙台市の東北高等学校に在学中の高校生選手であり、かつ4人とも長久保裕の教え子であった。これを発端に仙台でフィギュアスケートブームが起こる。長久保や4選手が所属するコナミスポーツクラブ泉のリンク(現・アイスリンク仙台、)で1999年に佐野稔が開催した子供スケート教室に姉が通い始め、この姉の影響により羽生も4歳でスケートを始めた。同じダイエー系列の新松戸アイスアリーナが2002年1月に閉鎖になると、同アリーナを指導していた都築章一郎が仙台に移り、小学2年から小学6年まで指導を受けることとなる。都築に個人指導を受けるようになったのは小学3年からだが、友達と遊びたい時期に練習ばかりがハードになっていったため、この時はスケートが嫌になり野球をやりたいとも言い出した。しかし「好きで始めたことに屈したくない」と練習を続け、翌2004年10月に初出場した全日本ノービス(Bクラス)で優勝。9歳で初めて金メダルを獲得した。羽生結弦 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生結弦

    羽生結弦から見たプリンス (ミュージシャン)

    怪我のリハビリを経て、新たなプログラムに「観客とのコネクト」をテーマにプリンスの『Let's Go Crazy』(ショート)と、『Hope & Legacy』と名付けた久石譲の楽曲(フリー)を選択。4回転ループを含む、6本の4回転ジャンプを組み込む高難度プログラムに挑む。羽生結弦 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生結弦

    羽生結弦から見たアレクセイ・ヤグディン

    2014年3月、さいたま市で開催された世界選手権では、ショートの4回転トウループで転倒し3位と出遅れた。しかしフリーで、国際スケート連盟主催の大会で自身初の4回転サルコウジャンプを成功させる。その後の3回転フリップでエッジエラー判定を受けた以外は、ほぼパーフェクトな演技で総合首位に。総合2位の町田樹を合計得点0.33点の僅差でかわし、逆転優勝を果たした。日本男子シングル種目では、2010年世界選手権の高橋大輔以来、4年ぶり2人目の世界チャンピオンとなる。さらに「GPファイナル・冬季オリンピック・世界選手権」の主要3大会を全て制しての3冠達成は、2001-2002年シーズンのアレクセイ・ヤグディン以来、男女シングルを通じて史上2人目の快挙となった。羽生結弦 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生結弦

    羽生結弦から見たデヴィッド・ウィルソン (フィギュアスケート選手)

    協同リーダーはトレイシー・ウィルソン。スピン専門コーチはペイジ・アイストロップ。ショート振付師はジェフリー・バトル、フリー振付師はシェイ=リーン・ボーンである。(※2016-2017シーズン時点)エキシビション振付師はデヴィッド・ウィルソンの他、宮本賢二など。またNHKの「花は咲く?羽生結弦Ver.?」など、日本国内のTVプログラムやショーの振り付けを阿部が担当することもある。羽生結弦 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生結弦

    羽生結弦から見た荒井万里絵

    1998年の長野オリンピックにおけるフィギュアスケート競技日本代表のうち、7人中4人(田村岳斗、本田武史、荒川静香、荒井万里絵)が仙台市の東北高等学校に在学中の高校生選手であり、かつ4人とも長久保裕の教え子であった。これを発端に仙台でフィギュアスケートブームが起こる。長久保や4選手が所属するコナミスポーツクラブ泉のリンク(現・アイスリンク仙台、)で1999年に佐野稔が開催した子供スケート教室に姉が通い始め、この姉の影響により羽生も4歳でスケートを始めた。同じダイエー系列の新松戸アイスアリーナが2002年1月に閉鎖になると、同アリーナを指導していた都築章一郎が仙台に移り、小学2年から小学6年まで指導を受けることとなる。都築に個人指導を受けるようになったのは小学3年からだが、友達と遊びたい時期に練習ばかりがハードになっていったため、この時はスケートが嫌になり野球をやりたいとも言い出した。しかし「好きで始めたことに屈したくない」と練習を続け、翌2004年10月に初出場した全日本ノービス(Bクラス)で優勝。9歳で初めて金メダルを獲得した。羽生結弦 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生結弦

    羽生結弦から見たHi-Fi CAMP

    趣味は音楽鑑賞。好きなアーティストとして、ポルノグラフィティ、Hi-Fi CAMP(羽生の地元である仙台出身)、ゆず、BUMP OF CHICKEN、The Sketchbook、KOHH、ONE OK ROCKなどを挙げている。特に試合前に聞く『勝負曲』はワンオクの「完全感覚Dreamer」「キミシダイ列車」とのこと。羽生結弦 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生結弦

    羽生結弦から見た阿部奈々美

    阿部奈々美の指導を離れた2012年よりブライアン・オーサーに師事。トロントの「クリケット・クラブ」(Toronto Cricket Skating and Curling Club)に所属し、オーサーをチームリーダーとする"チーム・ブライアン"による指導を受けている。羽生結弦 フレッシュアイペディアより)

323件中 71 - 80件表示

「羽生結弦」のニューストピックワード