老老介護 ニュース&Wiki etc.

老老介護(ろうろうかいご)、あるいは老老看護(ろうろうかんご)とは、家庭の事情などにより高齢者が高齢者の介護をせざるをえない状況のことで、日本のような高齢化社会を形成している国家ではしばしばみられるケースである。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「老老介護」のつながり調べ

  • 老々介護

    老々介護から見た老老介護

    老々介護 フレッシュアイペディアより)

  • 介護

    介護から見た老老介護

    日本の介護観は、従来「両親は息子(特に長男)や親族が面倒をみるもの」という価値観があった。だが、少子高齢化や核家族化の進行、医療の進歩に伴い寿命が延びたことにより、介護が「看取り三月」ではなくなったことなどに伴い、介護を行う家族(配偶者や子)の側もまた高齢者であるという「老老介護」の問題も浮かび上がっており、家族にとってはより重い負担となっている(著名な例では、1999年に当時の高槻市の市長・江村利雄が、妻の介護と公職の両立が出来ない事を理由に市長を辞任して議論となった)。老老介護の苦労や負担に耐え切れず、介護する子が親を殺害する(しばしば『介護疲れ殺人』などと報じられる)などの犯罪にも繋がっている。(介護 フレッシュアイペディアより)

「老老介護」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「老老介護」のニューストピックワード