老老介護 ニュース&Wiki etc.

老老介護(ろうろうかいご)、あるいは老老看護(ろうろうかんご)とは、家庭の事情などにより高齢者が高齢者の介護をせざるをえない状況のことで、日本のような高齢化社会を形成している国家ではよくみられるケースである。高齢の夫婦や親子、兄弟において妻が夫の介護を、息子が母の介護を、妹が姉の介護をというケースなど様々なケースがあり、… (出典:Wikipedia)

「老老介護」Q&A

  • Q&A

    祖父が心不全から無理に退院するも、食事療法を無視して、家族が困ってます……。 閲覧あ…

    [続きを読む]

    回答数:3質問日時 - 2017年1月6日 02:38

  • Q&A

    遠方に住む主人の義両親を県外から呼びたいと思っています。 主人の兄夫婦が離婚寸前なの…

    [続きを読む]

    回答数:3質問日時 - 2017年1月5日 20:31

  • Q&A

    実の両親の悩みです 父は88歳 母は82歳 私は51歳です 3つ上の長男が1人います…

    [続きを読む]

    回答数:5質問日時 - 2017年1月4日 12:24

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「老老介護」のつながり調べ

  • 中山平次郎

    中山平次郎から見た老老介護

    中山は感染事故から間一髪で生還したことをきっかけに「いつ死ぬ身か分からず、家族が残されてはかわいそう」という理由で独身のままであった。軍籍にあった森彦も同様の理由で生涯独身であり、妹の小春を含めた独身三兄妹で終生同居生活を送っていた。中山が死の床に就いたときには森彦もまた隣室で病に伏しており、妹の小春は自ら70歳を過ぎて90歳と84歳の兄二人を看病しなければならない、今日で言う「老老介護」の状況で、この様子を目撃したある弟子は「偉大な学者の最後がこれでいったいいいのだろうか」と憤っている。(中山平次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 心中

    心中から見た老老介護

    一家そろって自殺する事で、家族心中・親子心中ともいう。子供に関しては、ほとんど無理心中の形であると考えられる。自分が自殺しようとしたとき、自分の子(稀に親)が現世に一人残されるのを不憫に思い、子(または親)を殺して自殺すること。実質的な無理心中だが、日本では悲劇として語られることが多かったため、分けて考えられる事も多い。ギャンブルや異常浪費で消費者金融からの多額の借金を抱える多重債務や、生活弱者家庭(一人親家庭(主に母子家庭)・障害者と同居している家庭・高齢者と子供(満15歳未満)のみの家庭)における生活保護費の減額による生活苦に陥って心中する事例もあるが、近年では老老介護の介護疲れや生活苦による老年齢の親子や夫婦による一家心中などが報道されることが多い。(心中 フレッシュアイペディアより)

「老老介護」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「老老介護」のニューストピックワード