1 2 次へ
20件中 11 - 20件表示
  • 中山平次郎

    中山平次郎から見た老老介護老老介護

    中山は感染事故から間一髪で生還したことをきっかけに「いつ死ぬ身か分からず、家族が残されてはかわいそう」という理由で独身のままであった。軍籍にあった森彦も同様の理由で生涯独身であり、妹の小春を含めた独身三兄妹で終生同居生活を送っていた。中山が死の床に就いたときには森彦もまた隣室で病に伏しており、妹の小春は自ら70歳を過ぎて90歳と84歳の兄二人を看病しなければならない、今日で言う「老老介護」の状況で、この様子を目撃した弟子のひとりは「偉大な学者の最後がこれでいったいいいのだろうか」と憤っている。中山平次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 八重子のハミング

    八重子のハミングから見た老老介護老老介護

    『八重子のハミング』(やえこのハミング)は2016年の日本の映画。原作者の陽が萩ツインシネマの運営に関わっていた縁で親交があった佐々部清が映画化を熱望し、陽の同級生らで組織した製作支援萩実行委員会が資金を集めて、ロケ地でもある地元の山口県内では劇場のブッキングも佐々部が自ら行い映画化を果たした。また、佐々部は製作した経緯や理由について「10年くらい前に脚本を書いて、4年くらい映画会社を回ったが、結局ダメで、3年前から自分でやり始めた。老々介護の年齢が年々、あがっていく中、僕の母も認知症が始まった。こういう現実をちゃんと考えてもらわなければ、と思ったから。」と話している。升毅が芸能人生42年目にして映画初主演を務めた。2016年10月29日より山口県で先行上映され、2万5000人以上の動員数を記録した。2017年5月6日より全国公開され、小規模上映ながらもぴあの映画初日満足度ランキングで1位を獲得。公開初日時点では上映館数8館だったが、その後は徐々に上映館数を伸ばし、2017年9月8日時点では当初の目標だった全国30館を大きく上回る88館に達し、更に口コミで全国に評判が広がり2017年10月21日時点では上映館数累計103館にも及んだ。八重子のハミング フレッシュアイペディアより)

  • 心中

    心中から見た老老介護老老介護

    ギャンブルや異常浪費でサラ金からの多額の借金を抱える多重債務や、生活弱者家庭(一人親家庭(主に母子家庭)・障害者と同居している家庭・高齢者と子供(満15歳未満)のみの家庭)における生活保護費の減額による生活苦に陥って心中する事例もあるが、近年では老老介護の介護疲れや生活苦による高齢者の親子や夫婦による一家心中など、多様化している。心中 フレッシュアイペディアより)

  • 介護

    介護から見た老老介護老老介護

    日本の介護観は、従来「両親は息子(特に長男)や親族が面倒をみるもの」という価値観があった。だが、少子高齢化や核家族化の進行、医療の進歩に伴い寿命が延びたことにより、介護が「看取り三月」ではなくなったことなどに伴い、介護を行う家族(配偶者や子)の側もまた高齢者であるという「老老介護」の問題も浮かび上がっており、家族にとってはより重い負担となっている(著名な例では、1999年に当時の高槻市の市長・江村利雄が、妻の介護と公職の両立が出来ない事を理由に市長を辞任して議論となった)。老老介護の苦労や負担に耐え切れず、介護する子が親を殺害する(しばしば『介護疲れ殺人』などと報じられる)などの犯罪にも繋がっている。介護 フレッシュアイペディアより)

  • よろこびのうた (漫画)

    よろこびのうた (漫画)から見た老老介護老老介護

    『よろこびのうた』は、ウチヤマユージによる日本の漫画。『イブニング』(講談社)の2016年6号(2016年2月23日発売)から2016年15号(2016年7月12日発売)まで連載された。全10話。老夫妻が火葬場で心中したという現実の事件である福井火葬場心中事件をモチーフとした作品。限界集落で心中した老夫妻、その事件を追う青年記者、現地の住民たちの物語であり、限界集落における人手不足、耕作放棄、児童虐待、認知症、老老介護といった平成期の日本が抱える社会問題が盛り込まれている。よろこびのうた (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • 緑川貴士

    緑川貴士から見た老老介護老老介護

    取材現場で県内の耕作放棄地や老老介護の問題を目にし、政治の世界への転身を決める。2014年9月に秋田朝日放送を退職。大館市を拠点とし、同年12月の第47回衆議院議員総選挙に秋田2区から民主党公認で出馬するも、自民党の金田勝年に敗れ落選。緑川貴士 フレッシュアイペディアより)

  • 独居老人

    独居老人から見た老老介護老老介護

    この中には老人会のような高齢者コミュニティへの積極的参加や近所付き合いの積極化、あるいは高齢者同士の結婚(再婚)のような新しい形態の家族への参加といった行為も有効だろう。しかし高齢者同士の再婚は老老介護のような問題も派生させかねないため、訪問介護の利用などといった方向性に解決を求めることも出来る。独居老人 フレッシュアイペディアより)

  • 加茂さくら

    加茂さくらから見た老老介護老老介護

    実の妹・加茂すみれも宝塚歌劇出身(1959年入団の45期生→のち退団後、本名の大谷茂子として、女子プロボウリング選手第2期生に転向)である。1997年にさくら・すみれの実母が病気にかかり、「老老介護」をするために芸能活動を一時休養、介護とすみれが営む尼崎市でスナックの経営の手伝いをした。実母は2007年死去(享年94)したが、現在もスナック経営を手伝っている。加茂さくら フレッシュアイペディアより)

  • 平成

    平成から見た老老介護老老介護

    認知症の高齢者が2012年(平成24年)の時点で300万人を超えた。老老介護が急増して、2002年(平成14年)時点の認知症の高齢者149万人から10年間で倍増した。65歳以上の1割が認知症患者となった。平成 フレッシュアイペディアより)

  • 老老看護

    老老看護から見た老老介護老老介護

    老老看護 フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
20件中 11 - 20件表示