前へ 1 次へ
10件中 1 - 10件表示
  • グンゼ

    グンゼから見た肌着肌着

    グンゼ株式会社()は、大阪府大阪市北区に本社を置く、男性用肌着・インナーを主とする日本の繊維メーカーである。グンゼ フレッシュアイペディアより)

  • スリーマー

    スリーマーから見た肌着肌着

    スリーマー(英 Slimmer)は、女性・女児用の肌着の一種。ニット地のシャツで、裾の丈はスリップより短い。袖の丈は長袖から半袖、ラン型など様々である。スリム(Slim)が語源であり、ウエスト部をゴム編みにして、細身に見せる工夫を施したものもある。「ババシャツ」と言われることもある。スリーマー フレッシュアイペディアより)

  • 晒

    から見た肌着肌着

    素材として用いることもある。適当な大きさに縫い合わせ、布オムツや布巾とする。布巾は更に刺し子をして飾り布巾とすることもある。近年は乳児用の肌着の素材としても用いられていたが、現在はガーゼや天竺といった素材に取って代わられている。和服着用時、襦袢の下に着る肌襦袢も晒を縫い合わせた物である。 フレッシュアイペディアより)

  • 東日本大震災に対する物資の提供

    東日本大震災に対する物資の提供から見た肌着肌着

    東京都:毛布166,360枚、アルファ化米259,000食、ラッカー102,620食、飲料水10,000本、肌着19,100枚、応急水袋800枚、哺乳瓶1,020本。調整粉乳10,008缶、遺体収容袋4,700袋、医薬品、医療機器、マスク152,010枚、ハンドタオル500枚、安全靴200足、作業着2,000枚、防水防寒コート985枚、ベッドマットレス250枚。東日本大震災に対する物資の提供 フレッシュアイペディアより)

  • 西欧の服飾 (13世紀)

    西欧の服飾 (13世紀)から見た肌着肌着

    上質な麻か薄絹製で袖と襟もとと裾に刺繍を施した肌着と、脛丈の麻のブレーにウールの長靴下、そして輸入品の上等な薄地の毛織物か絹を使ったコットと毛皮の縁がついたシュールコーが流行している。完全に足を覆い床に引きずる丈の衣服が普通になっており、13世紀末にはボタンで取り外しできる引き裾が現れている。ブリオーは13世紀の初めまでコットと混在して使われていたようだが、徐々に消えていった。ブリオーのベルトが尻の上あたりというかなり低い位置でゆるやかに結び垂らされていたのに対して、コットのベルトは自然なウエストの辺りかハイウエストでしっかりと締められていた。また、動きやすいようにシュールコーの裾をからげてベルトに挟むこともあった。西欧の服飾 (13世紀) フレッシュアイペディアより)

  • 袿

    から見た肌着肌着

    貴族の通常生活では単、緋袴を穿き、上に数枚の袿を重ねる袿姿が平服であった。次第に肌着として小袖が着られるようになると、もともとは肌着であった単が形式的になり、袿と共に色彩の配色美も兼ねる性格を持つようになっていった。 フレッシュアイペディアより)

  • KG肌着

    KG肌着から見た肌着肌着

    KG肌着(ケージーはだぎ)は、グンゼによって製造される、キッズ・ジュニア向けの肌着(アンダーウェア)である。KG肌着 フレッシュアイペディアより)

  • 越中褌

    越中褌から見た肌着肌着

    1965年(昭和40年)に肌着の自社ブランドを立ち上げた三越が、高級感を持たせるためや女性が代理購入する場合でも恥ずかしくないように越中褌を「クラシックパンツ」と命名して販売したため、他の百貨店などでもそう呼ぶようになったとの説がある。因みに、「クラシックパンツ」は和製英語で、英語表記では褌を loincloth と表する。越中褌 フレッシュアイペディアより)

  • アントレ (駅ビル)

    アントレ (駅ビル)から見た肌着肌着

    ガールズオンリー(インナーアントレ (駅ビル) フレッシュアイペディアより)

  • アメリア・ジェンクス・ブルーマー

    アメリア・ジェンクス・ブルーマーから見た肌着肌着

    彼女は正規の学校教育を2年だけ受けた。後に彼女は1849年に創刊された「リリー」に於いて自らの視点を示す。22歳になった時、弁護士のデクスター・ブルーマーと結婚し、彼の提言でセネカ・フォール郡の特使として彼の新聞の執筆を始めた。彼女が推進した運動の一つに女性に於ける服飾面での自由さへの変化がある。彼女は当時に於ける現代分野でスカートより短いものの、足首に届く肌着を支持した。結果的にその足首丈の肌着は彼女にちなんでブルマーとして知られる事となった。後に彼女はアイオワ州に1852年に移り、1871年から1873年までアイオワ州女性選挙権協会の会長を務めた。アイオワ州にて死去。76歳。アメリア・ジェンクス・ブルーマー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 次へ
10件中 1 - 10件表示

「肌着」のニューストピックワード