27件中 11 - 20件表示
  • ニプレス

    ニプレスから見た肌着肌着

    本来、ニプレスは運動時などに乳首が肌着とこすれて衣擦れを起こすのを防ぐために使用する保護器具である。この用途ではジョギング等を行う者が使うことが多く、男女ともに使用ができる。ニプレス フレッシュアイペディアより)

  • 立襟

    立襟から見た肌着肌着

    戦国時代?江戸初期の日本では、南蛮貿易を通じて、主としてマカオ・マニラ経由でヨーロッパ人(特にポルトガル・スペイン人)の衣服が持ち込まれ、帽子、マント、襞襟の肌着などのいわゆる「南蛮装束」が流行した。特に当時作られた陣羽織のなかには、襟部分にヨーロッパの影響を受けた立襟の仕立てをおこなっている事例がある(素材も「ラシャ」等外来のものが用いられている場合もある)。立襟 フレッシュアイペディアより)

  • キャミソール

    キャミソールから見た肌着肌着

    インナーウェアとしては、ランジェリーまたは肌着(アウター調インナー)に分類される。身生地としては、ランジェリーの場合は、フィット感や肌触りの優れたポリエステル、ナイロン、キュプラなどのトリコットが多いが、セクシーないし繊細なテーストでは、ジョーゼット、チュールネット、サテンなど、「透け感」や光沢感のある素材が用いられる。また、ファンデーションのような補整力を与える場合は、パワーネットも部分的に利用される。肌着(アウター調インナー)としては、保温性や吸汗性の高いストレッチ天竺やフライス、リブ、スムースなどが使用される。キャミソール フレッシュアイペディアより)

  • 襦袢

    襦袢から見た肌着肌着

    長襦袢の下に着用する肌着。肌に直接触れるものであるため、晒(さらし)などの綿生地で仕立てられている。筒袖で細い衿であるのが特徴。襦袢 フレッシュアイペディアより)

  • アントレ (駅ビル)

    アントレ (駅ビル)から見た肌着肌着

    ガールズオンリー(インナーアントレ (駅ビル) フレッシュアイペディアより)

  • 袿

    から見た肌着肌着

    貴族の通常生活では単、緋袴を穿き、上に数枚の袿を重ねる袿姿が平服であった。次第に肌着として小袖が着られるようになると、もともとは肌着であった単が形式的になり、袿と共に色彩の配色美も兼ねる性格を持つようになっていった。 フレッシュアイペディアより)

  • メリヤス

    メリヤスから見た肌着肌着

    日本では昭和30年代頃までは機械織りによる薄地の編物全般をメリヤスと呼称し肌着・靴下等の伸縮性を求める衣類全般、または伸縮する生地を指した。メリヤス フレッシュアイペディアより)

  • 大野屋總本店

    大野屋總本店から見た肌着肌着

    大野屋總本店(おおのや そうほんてん)は、東京都中央区新富に店を構える、足袋や肌着、和装雑貨の製造・販売専門店。200年以上の歴史を誇り、歌舞伎役者などを顧客に抱える老舗足袋メーカー。大野屋總本店 フレッシュアイペディアより)

  • KG肌着

    KG肌着から見た肌着肌着

    KG肌着(ケージーはだぎ)は、グンゼによって製造される、キッズ・ジュニア向けの肌着(アンダーウェア)である。KG肌着 フレッシュアイペディアより)

  • 緋袴

    緋袴から見た肌着肌着

    上代に「裙(スカート様式の衣類)」の下に穿いていた肌着であった下袴が、国風文化の流れで大振りとなり、平安中期以降は表着の袴として活用されるようになった。緋袴 フレッシュアイペディアより)

27件中 11 - 20件表示

「肌着」のニューストピックワード