1 2 3 次へ
27件中 21 - 27件表示
  • 下着

    下着から見た肌着肌着

    下着(したぎ)は、服(アウター)の内側に肌に密着するように着る衣類。肌着(はだぎ)、インナーとも呼ぶ。着用する事により、その上の服を身体からの汚れから守り、体の保温、快適さ、加えて衛生を維持する。現在は吸汗性と通気性に優れた素材の追求がされている。下着 フレッシュアイペディアより)

  • ハイター

    ハイターから見た肌着肌着

    1968年9月発売。赤ちゃんのオムツや肌着など、衣類の漂白・洗浄・除菌用。ボトルは桃色で、末期は赤ちゃんの写真をラベル前面に付けていた。キッチンハイターとともに、洗浄成分配合だった。ハイター フレッシュアイペディアより)

  • 古物

    古物から見た肌着肌着

    例えば冷蔵庫・洗濯機などの白物家電であるが、これらは食品を収めたり、洗濯によって肌着などの直接肌に触れる衣服を洗う事もあるため、(気分的・感覚的な問題ではあるが)中古を嫌う人もあり、またその一方で、機能的に不備があった場合に食中毒が発生したり、洗濯物がきちんと衛生的な状態に洗い上がらないといった問題も出るため、中古白物家電は人気が無く、このため白物家電を取り扱う業者も少ない。古物 フレッシュアイペディアより)

  • サバイバル

    サバイバルから見た肌着肌着

    布 : 布は遭難初期の頃は衣服等の形で幾らでも手に入るが、時間が経つにつれて清潔な布が入手しにくくなる。布は様々に加工して利用する事が可能であるため、比較的早い段階で確保しておくのが望ましい。しかし衣服は、脆弱な人体を保護する役目があり、寒い所では保温を、暑い所では暑さから身を守る断熱効果が期待できる。また直射日光や虫・植物のかぶれから皮膚を保護するのにも必要である。このため、着ている衣服を無闇に布地として切り裂いて用いるのは良くない。出来るだけ肌着などの柔らかい布を様々な用途に利用するようにして、上着などは服のまま使用すると良いとされている。負傷時の包帯や、止血の際には圧迫用のパッドとして、また骨折時には添え木を使って患部を固定するのに使用する。また体を衛生的に保って病気を防ぐのにも布は必要である。長期間の場合、不衛生な衣服を着用し続けることはノミやダニといった吸血虫の温床となるだけではなく、擦り傷・虫刺されなど小さな傷の化膿を招くため、定期的に洗って干し清潔にしておくのも大事である。夜間が氷点下となる寒冷な地域では、吸血虫駆除のため夜間に寒風に晒すということも行われる。サバイバル フレッシュアイペディアより)

  • 越中褌

    越中褌から見た肌着肌着

    1965年(昭和40年)に肌着の自社ブランドを立ち上げた三越が、高級感を持たせるためや女性が代理購入する場合でも恥ずかしくないように越中褌を「クラシックパンツ」と命名して販売したため、他の百貨店などでもそう呼ぶようになったとの説がある。因みに、「クラシックパンツ」は和製英語で、英語表記では褌を loincloth と表する。越中褌 フレッシュアイペディアより)

  • ケイエスビー

    ケイエスビーから見た肌着肌着

    ケイエスビー株式会社(KSB Corporation.)は、大阪府和泉市に本社を置く、寝具やインナーなどの繊維製品ならびに健康関連製品を販売する企業である。ケイエスビー フレッシュアイペディアより)

  • ランジェリー

    ランジェリーから見た肌着肌着

    ランジェリーには、補正下着であるファウンデーション、肌に直接身につける肌着、パンティー、寝具であるネグリジェを含めない。また、靴下類であるパンティーストッキング(パンスト)、ガーター等で吊すストッキング、ソックス、およびガーターベルトなども含めない。ランジェリーは、ゆったりした裁断で、身体に圧迫等を加えないのが原則である。そのため、肌にぴったりとする基本的な下着や、また身体をある意味締め付けるとも言える補正用の下着であるファウンデーションは、ランジェリーに含めない。ランジェリー フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
27件中 21 - 27件表示

「肌着」のニューストピックワード