160件中 91 - 100件表示
  • マリリン・モンロー

    マリリン・モンローから見た肖像権肖像権

    2008年3月31日ロサンゼルス連邦地方裁判所は、マリリン・モンローの写真を使用したTシャツを製造販売した企業と、彼女の遺産管理団体の間で争われていた彼女の肖像権についての裁判で、マリリン・モンローはカリフォルニア州民ではなくニューヨーク州民であり、同州の法律によって1962年の死亡と同時に彼女の肖像権は消滅したと判決を下した。彼女はニューヨーク市内にアパートを所有しており、そこを永住先としていたのが判決の理由となった。なお彼女の出生地であるカリフォルニア州の法律では肖像権は本人の死後100年は残る。その後アメリカの上訴裁判所は、2012年8月末、マリリンさんのパブリシティ権は存在しないとの判決を下した。マリリン・モンロー フレッシュアイペディアより)

  • 北の国から資料館

    北の国から資料館から見た肖像権肖像権

    この種の博物館にしては珍しく、来場者の館内での撮影は自由だが、著作権ならびに肖像権に配慮してインターネット上に館内の情報を流出したり、印刷物にするなどの行為を厳禁としている。北の国から資料館 フレッシュアイペディアより)

  • 近藤春菜

    近藤春菜から見た肖像権肖像権

    なお前述の通り角野の許可は得ているが、法律相談の番組にて「勝手に間違えられて否定してんだから、肖像権の侵害にはならない」とコメントしている。近藤春菜 フレッシュアイペディアより)

  • MUSIX!

    MUSIX!から見た肖像権肖像権

    番組開始当初から2001年5月19日(テレビ東京系列は同月20日)放送分までBSジャパンがテレビ東京系列より1日早い先行放送だったが、同局の著作権・肖像権の問題の折り合いから同月26日の同局での放送を中止し、翌27日(BSジャパンは6月2日)放送分から逆にテレビ東京系列がBSジャパンより6日早い先行放送に切り替えた。なお、テレビ東京系列が放送日時を変更してもBSジャパンは日時を変更せずに放送した。MUSIX! フレッシュアイペディアより)

  • すんげー!Best10

    すんげー!Best10から見た肖像権肖像権

    DVD化、VHS化を希望する声もあるが、転業者・廃業者たちの肖像権や、音効などの著作権の問題もあり、放送から10年以上経った今でも実現には至っていない。現在に至るまで再放送も皆無である。すんげー!Best10 フレッシュアイペディアより)

  • 浅尾 美和

    浅尾美和から見た肖像権肖像権

    ゴールデンタイムのバラエティ番組に水着で登場し、浅尾の知名度、人気は飛躍的に上がった。浅尾の出場試合は観客が急増し、浅尾を写真撮影しようとする観客も増えた。日本ビーチバレー連盟(JBV)は(浅尾以外の選手も含めて)選手の写真がネット上や雑誌などへ無断掲載されるのを防止、肖像権を守ることを主な目的として、2007年度から試合の個人撮影を禁止した。浅尾美和 フレッシュアイペディアより)

  • AMBITIOUS JAPAN!

    AMBITIOUS JAPAN!から見た肖像権肖像権

    肖像権に関して厳しいジャニーズ事務所であるが、このシングルのみジャケット写真がYahoo!ミュージックに掲載されている。AMBITIOUS JAPAN! フレッシュアイペディアより)

  • がんばれ!!タブチくん!!

    がんばれ!!タブチくん!!から見た肖像権肖像権

    実名選手の肖像権等の問題から映像ソフト化が難しい作品の一つだったが、田淵幸一の背番号22に合わせ2008年2月22日に東宝からDVD(「トリプルヘッダーBOX」と称したBOXと単品)が発売された。CS局のアニマックスにて2006年11月及び2007年1月に放映されている。がんばれ!!タブチくん!! フレッシュアイペディアより)

  • メタナイト

    メタナイトから見た肖像権肖像権

    性格上ストイックな人物と思われるが、意外にも面白い事好きの一面を持つ。6話でデデデが国民の洗脳目的で双方向テレビをププビレッジ中に配った際、最も良識的な人物までテレビを受け取っていたことに驚愕するフームを背に「一時の流行だ。それに、テレビ自体は悪いものではない」とテレビ観賞で盛り上がっていた。特にメタナイト卿のこうした一面を決定的付けた52話では、無断でチョコカプセルのレアフィギュアのモデルとして起用され、フームに「肖像権の侵害」で訴えるべきだと言われた時には「いよいよ私もレア物か」と笑いながら去っていき満更でもなさそうだった。ただし、流行に流されることは無く、村にオープンした回転寿司を食べに行こうと彼を誘ったソードナイトとブレイドナイトを「愚かな民の仲間入りをするのか」と制止した。メタナイト フレッシュアイペディアより)

  • 選手強化キャンペーン

    選手強化キャンペーンから見た肖像権肖像権

    選手強化キャンペーン(せんしゅきょうかキャンペーン)は、日本オリンピック委員会(JOC)が加盟団体の肖像権を一括して管理し、JOCが指定したオフィシャルスポンサー企業にだけ代理店(現状では電通)を介してコマーシャル出演を認め、スポンサー企業は協賛金をJOCに支払って選手の強化資金に活用するというシステムである。以前は「がんばれ!ニッポン!キャンペーン」といっていた(ただし、現在でも「がんばれ!ニッポン!」というフレーズ自体は使用している)。選手強化キャンペーン フレッシュアイペディアより)

160件中 91 - 100件表示

「肖像権」のニューストピックワード