183件中 91 - 100件表示
  • 春日弘

    春日弘から見た肖像権肖像権

    一族には、『おくしなの人物風土記』によると長野県中野市初代市議会議長を務めた春日毎治(紺綬褒章)やその長男の春日通眼(信州中野商工会議所会頭。社団法人信濃中野法人会初代会長)、ACミラン・サッカー日本代表・本田圭佑の全世界肖像権管理会社であるHONDA ESTILO株式会社にて統括本部長を務めた春日昭宏もいる。春日弘 フレッシュアイペディアより)

  • 仁保事件

    仁保事件から見た肖像権肖像権

    仁保事件に題を得た『自白』というドキュメンタリードラマを朝日放送が1972年11月11日に放送を予定していたが、中立を欠いており、肖像権の侵害に当たるとして、前日に放送が急遽中止になった。又、同じく朝日放送が12月17日に冤罪の嫌疑を受けた男性に密着取材をした『二四時間』を放送予定だったが、これも中止となった。仁保事件 フレッシュアイペディアより)

  • 栄光のル・マン

    栄光のル・マンから見た肖像権肖像権

    日本における配給元の東和は、映画の宣伝に際して複数の会社とタイアップの契約を交わし、松下電器産業(現パナソニック)のラジオ、ヤクルトの乳酸飲料の広告にこの映画の画像が使用された。しかし自分のあずかり知らぬ商品の宣伝に、自分の肖像が無断で使われたことを不服としたマックイーンは、1973年に広告会社の電通を含めた4社を訴え、総額100万ドルの損害賠償を求めた。1978年4月には自ら来日し証言も行ったが、肖像権が一般的でなかった当時の日本ではハリウッドスターの強欲と解釈する向きも多く、マックイーンが病死した直後の1980年11月、東京地裁は「日本の慣行上問題はない」とマックイーン敗訴の判決を下した。栄光のル・マン フレッシュアイペディアより)

  • 浅尾 美和

    浅尾美和から見た肖像権肖像権

    ゴールデンタイムのバラエティ番組に水着で登場し、浅尾の知名度、人気は飛躍的に上がった。浅尾の出場試合は観客が急増し、浅尾を写真撮影しようとする観客も増えた。日本ビーチバレー連盟 (JBV) は(浅尾以外の選手も含めて)選手の写真がネット上や雑誌などへ無断掲載されるのを防止、肖像権を守ることを主な目的として、2007年度から試合の個人撮影を禁止した。浅尾美和 フレッシュアイペディアより)

  • キング・クリムゾン

    キング・クリムゾンから見た肖像権肖像権

    1995年にTOKYO FM出版は書籍『キング・クリムゾン』〈地球音楽ライブラリー〉を発行したが、キング・クリムゾンのメンバーに無断で発行したため、ロバート・フリップはパブリシティ権を侵害されたとして出版元のTOKYO FM出版を訴えた。これを「キング・クリムゾン事件」という。第1審ではフリップの勝訴となったが、控訴審ではTOKYO FM出版が逆転勝訴し、以後記載内容の多くのミスが修正されないまま2007年にも再版されている。キング・クリムゾン フレッシュアイペディアより)

  • マイク・バイソン

    マイク・バイソンから見た肖像権肖像権

    実在するプロボクサーのマイク・タイソンがモデルであるため、肖像権などの問題により、欧米版では名前をBalrog(バルログ)と変更されている。欧米でM. Bisonというと、日本版でのベガのことをさす。マイク・バイソン フレッシュアイペディアより)

  • ごんべえのあいむそ〜り〜

    ごんべえのあいむそ〜り〜から見た肖像権肖像権

    肖像権上問題がある為か(2015年現在)家庭用ゲーム機に移植されず、ダウンロード販売及び復刻版も発売されていない為、同ゲームの基板を所有する事が唯一プレイできる手段となっている。ごんべえのあいむそ〜り〜 フレッシュアイペディアより)

  • 必殺仕置長屋

    必殺仕置長屋から見た肖像権肖像権

    初期案では過去のシリーズの漫画化が考えられていたが、著作権や肖像権の問題から断念。朝日放送と松竹の承諾を得た上で、オリジナル作品として発表されることになった。必殺仕置長屋 フレッシュアイペディアより)

  • フォトモンタージュ

    フォトモンタージュから見た肖像権肖像権

    米国においては、米国憲法修正第1条(いわゆる「言論の自由」条項)により、製作者の意志が肖像権よりも優先されるとし、2002年4月17日に連邦最高裁によって、「コラージュを禁止することはパロディを認めないことであり、思想・言論の自由を侵すものである」「著作権法の引用に適合する」との判断が下された。フォトモンタージュ フレッシュアイペディアより)

  • 日本国憲法第13条

    日本国憲法第13条から見た肖像権肖像権

    第14条以下の各規定に具体的な根拠を求めにくいが憲法上の保護が認められるべき権利については、本条を根拠として憲法上保護された権利であると認められることがある(プライバシーの権利、肖像権、環境権など)。これらの権利は、比較的その権利性が重視されるようになったのが最近であることから、「新しい権利」と呼ばれるものが多い。日本国憲法第13条 フレッシュアイペディアより)

183件中 91 - 100件表示

「肖像権」のニューストピックワード