183件中 21 - 30件表示
  • デザイン用語

    デザイン用語から見た肖像権肖像権

    肖像権(しょうぞうけん)デザイン用語 フレッシュアイペディアより)

  • カオス*ラウンジ

    カオス*ラウンジから見た肖像権肖像権

    カオス*ラウンジの手法に対して、商標権や肖像権、著作権の侵害を指摘する批判がある。カオス*ラウンジ フレッシュアイペディアより)

  • チカップ美恵子

    チカップ美恵子から見た肖像権肖像権

    首都圏で、アニメーション彩色の仕事につく。その後,アイヌ文様刺繍家として生計を立て、知名度を上げる。アイヌ民族肖像権裁判で、マスメディアに登場する。1969年に出版された『アイヌ民族誌』(第一法規出版)で、少女時代に映画撮影でとられたアイヌ民族衣装のいでたちの顔つき写真が無断で使われ、見出しに『滅び行く民族』という語句がつけられた。このことを知ったチカップ美恵子は、そのページの著者の更科源蔵らに抗議する。満足する謝罪は得られず、1985年に札幌地方裁判所に提訴、『アイヌ民族肖像権裁判』として知られるようになる。その年に、更科源蔵は死去するが、出版社と監修者を相手に、裁判を継続する。1988年に、チカップ美恵子への謝罪、その他の条件で和解となる。チカップ美恵子 フレッシュアイペディアより)

  • 幸福追求権

    幸福追求権から見た肖像権肖像権

    しかし、判例が認めるのは、プライバシーの権利としての肖像権ぐらいである(京都府学連事件、最高裁判所昭和44年12月24日大法廷判決)。幸福追求権 フレッシュアイペディアより)

  • スポーツゲーム

    スポーツゲームから見た肖像権肖像権

    さらに選手に名前をつけることで感情移入を高める効果も期待できるようになった。(スポーツ選手は肖像権で保護される対象となるため)初期の頃のゲームでは現実の選手名を一文字だけ変えた「ニセモノ」の選手が設定されていたが、ゲーム業界自体が拡大すると選手やチームなどと契約することで「公認」を受け、現実世界に存在するチームのデータをゲーム中に再現するゲームが発生したのである。スポーツゲーム フレッシュアイペディアより)

  • スター誕生 (劇作品)

    スター誕生 (劇作品)から見た肖像権肖像権

    この時期、音事協は“プロジェクト21”(21世紀に向けて、音事協ができる社会貢献とは何か)というテーマを掲げ、『肖像権の啓蒙』、『音楽会館(音楽の殿堂)の開設』、『チャリティ&ボランティア』といった各種事業に取り組み、4つ目の『Music Save The Earth』(音楽こそが地球を救う)事業がこの『スター誕生』の制作につながった。当初は、映画制作、コンサート、著名人による CD 制作も候補に挙がったが、会員社の音楽的財産を有効活用できるという点から、まずはミュージカル制作ということに決まった。折からABBA の名曲を散りばめたミュージカル『マンマ・ミーア!』がロンドンやブロードウェイで評判になり始めた頃で、「これは名曲の復活の時代になるぞ」と考えた企画関係者はミュージカル実行委員会を編成し、2002年6月にプロデューサーやラサール石井らをニューヨークに派遣して現地リサーチを行なわせた。それを元に「日本オリジナルの舞台」「音楽を中心としたミュージカル」という方向性が決まった。そして『マンマ・ミーア!』に倣ってピンク・レディーやザ・ピーナッツなど単一アーティストの作品を軸に構成する案も出されたが、最終的に各会員社のヒット曲をベースに構成することと決まった。石井は脚本・演出を手掛けるにあたり、単なる歌謡ショーになってしまわないよう、また奇をてらわずミュージカルとしてはオーソドックスな構成になるよう心掛けたという。スター誕生 (劇作品) フレッシュアイペディアより)

  • バーチャル俳優

    バーチャル俳優から見た肖像権肖像権

    通常、映画に登場するバーチャルヒューマンは「シンセスピアン」「バーチャル俳優」「バクター」「サイバースター」「"silicentric" actors」と称される。実際の俳優をデジタルクローンすることに際し著作権や肖像権に関する法的問題が複数存在する。シミュレーションとしてデジタルクローンされた著名人にはビル・クリントン、マリリン・モンロー、フレッド・アステア、エド・サリバン、エルヴィス・プレスリー、ブルース・リー、オードリー・ヘプバーン、、ジョージ・バーンズがいる。皮肉にもアーノルド・シュワルツェネッガーのデータセットはバーチャルアンドロイド(少なくとも頭部)を製作するために既に作成されている。バーチャル俳優 フレッシュアイペディアより)

  • BLACK OUT

    BLACK OUTから見た肖像権肖像権

    また、テレ朝チャンネルにて何度か放送された際、第1話「DNA」は放送されていない。これは、ゲストの稲垣吾郎に関する「権利上の都合」(ジャニーズ事務所が肖像権に厳しい)の為である(ジャニーズ事務所も参照)。なお、1990年代の地上波の再放送においては、当該エピソードも放映されていた。BLACK OUT フレッシュアイペディアより)

  • デコトラ

    デコトラから見た肖像権肖像権

    前者は戦国武将と並んで十二単や花魁も好まれる。後者はバニングでも見られるように特定の芸能人のファンに見られるが、肖像権の問題がある。デコトラ フレッシュアイペディアより)

  • ぼくの姉キはパイロット!

    ぼくの姉キはパイロット!から見た肖像権肖像権

    地方局で再放送されていたものの岡本健一ら男闘呼組が当時ジャニーズ事務所所属であった事やスターダストレビューが挿入歌を歌っていた事から肖像権と版権と著作権の絡みでDVDソフト化されていない作品。ぼくの姉キはパイロット! フレッシュアイペディアより)

183件中 21 - 30件表示

「肖像権」のニューストピックワード