160件中 31 - 40件表示
  • 提灯記事

    提灯記事から見た肖像権肖像権

    特に商品・サービス・コンテンツの紹介が主柱となるメディアでは、専門雑誌の体裁を取っていてもジャーナリズム的な要素が薄く、得てして業界とマスコミの関係が情報入手ルートや関連商品の企画・出資・広告提供などを通じて密接になりがちである上、収益に対する広告収入の比率が高く、販売戦略上からは企業からのいち早い情報入手による速報性の確保が不可欠であるため、結局は読者の購買意欲を掻き立て企業の売上げやイメージアップに貢献させる(少なくとも不利益を与えない)ことを暗に目的に据えた様な内容の記事が大半となる。また、この様なメディアではコンテンツ関連企業が著作権や肖像権の使用許諾や関係者へのインタビューの許可を盾に記事の内容をコントロールして記事を書かせることも多く、コンテンツ関連企業が文章の事細かなチェックや関係者インタビューの発言管理なども掲載に至るまで徹底して行っていることも見られる。この様な事情から、マスコミ側でも批評などの思うような文面が書けないどころか、記事が総じて提灯記事に終始し、普遍的なジャーナリズムすら事実上成り立たないジャンルも少なくない。提灯記事 フレッシュアイペディアより)

  • T3Media

    T3Mediaから見た肖像権肖像権

    T3Mediaのフッテージ・ライセンス・チームは、スポーツ、ニュース、クリエイティブ、自然や動物、エンターテイメント、セレブリティなど、幅広いジャンルの映像素材を、広告制作や映画・テレビ番組制作などの映像プロジェクト向けに提供している。ユーザーはt3licensing.com上で映像素材の検索、プレビュー、購入、マスターダウンロードができる。オンラインで必要な映像が入手できない場合には、T3Mediaの営業担当者が、世界中に様々な形でストアされている映像素材へのアクセスをサポートする。また、映像に写り込んでいる対象 (肖像権等)のクリアランス (使用許諾獲得)や、使用許諾が不可能或いは現実的ではない場合には映像補償提供も行っている。クリアランスの対象は、商標、ロゴ、有名な建造物やロケーション、タレント、スポーツ選手、演技・スタント、音楽、テキスト、本、スピーチなど、肖像に限らず多岐にわたる。T3Media フレッシュアイペディアより)

  • サーティーン・ボーイ

    サーティーン・ボーイから見た肖像権肖像権

    思いかけない事から2500万円を手にしてしまい、逃亡する事になった中学生の次郎が逃亡と豪遊を通じて、幾多の苦難・災難を通じて様々な人間模様を描いた。主演の岡本健一が現在もジャニーズ事務所に所属し、更には肖像権と著作権の関係、更にはストーリー上の関係等から再放送、ソフト化が困難のためカルト的な作品である。地方局では過去に何度か再放送されている。サーティーン・ボーイ フレッシュアイペディアより)

  • 特別指定選手制度 (メジャーリーグサッカー)

    特別指定選手制度 (メジャーリーグサッカー)から見た肖像権肖像権

    この規則は、国際的に認識されたイングランド人MFデヴィッド・ベッカムのカリスマ性から利益を見込み、サラリーキャップ外での獲得を目論んだメジャーリーグサッカーのクラブによって、非公式にベッカム・ルール(the Beckham Rule)との通称が付けられていた。その後、ベッカムはロサンゼルス・ギャラクシーに入団し、この制度が適用された初めての選手となった。ベッカムの年俸は基本給が650万ドルであり、前所属のレアル・マドリードが50%を保有する肖像権、保証金、ユニフォームの販売枚数による配分、契約金などによって最大900万ドルまで昇給する。特別指定選手制度 (メジャーリーグサッカー) フレッシュアイペディアより)

  • オールナイトニッポンスーパーマリオブラザーズ

    オールナイトニッポンスーパーマリオブラザーズから見た肖像権肖像権

    現在では版権(肖像権)などの関係で、復刻・リメイク等は難しいと思われる(これらの事からか、スーパーマリオコレクションやファミコンミニシリーズでもリメイク・収録されておらず、Wiiのバーチャルコンソールでも配信されていない)。オールナイトニッポンスーパーマリオブラザーズ フレッシュアイペディアより)

  • 自己決定権

    自己決定権から見た肖像権肖像権

    自己決定権を憲法から導き出そうとすれば、それは日本国憲法で言えば第13条の幸福追求権から導き出せるものであり、文言からすれば「公共の福祉に反しない」限りにおいて尊重される。しかしながら、ある特定の行為を自己決定権として裁判で明言することは、そのことについて権利としての先例を作ることになり、司法の側には困難が伴う。現時点で、自己決定権を正面から認める最高裁判所判例は存在しないとされる。肖像権や環境権と同じ性質の権利であり、人々の生活水準が向上した結果、「その他もろもろの権利」に当たる幸福追求権のカタログが分厚くなって、自己決定権が言われるようになったとも指摘される。国際人権規約(自由権規約、社会権規約)の各第1部第1条には集団的決定権としての民族自決(self-determnation)が明記されているが、心理学の自己決定理論(Self-determination theory)やジョグジャカルタ原則第3原則ではこの(self-determination)が個人の決定権の意味で用いれている。障害者権利条約第3条a項では「自分自身で決める権利」も含めた自己決定権(autonomy)が保障されるに到る。自己決定権 フレッシュアイペディアより)

  • ゲッティイメージズ

    ゲッティイメージズから見た肖像権肖像権

    ライツ&クリアランス:宣伝や広告に写真や動画を使う場合に、被写体の肖像権や知的財産権を事前に取得するサービス。主に被写体が著名人や有名建築などの場合に、権利保有者からの許諾取得と利用料交渉を代行する。ゲッティイメージズ フレッシュアイペディアより)

  • 展望ビデオ

    展望ビデオから見た肖像権肖像権

    一方、鉄道事業者との公式な商品化許諾契約を締結せずに、前方眺望の優れた車両において、一般客の立ち入りが制限されない場所から撮影された映像が、多くの個人やサークルなどによって作品化され、YouTubeやニコニコ動画などのインターネット上で公開されたり、インディーズ作品として映像ソフトが頒布されている。これに対して、鉄道事業者は概ね黙認しており、視聴者側からも顕著に問題視する動きは見られない。これは、展望ビデオが車窓からの風景を被写体としていることから、法的に肖像権の帰属を特定することがほぼ不可能に近いことや、撮影行為を規制することが観光客などの一般利用客への心象に鑑みて現実性から逸脱することを考慮した上での対応である。またこれらの映像作品の頒布、公開対象が専ら鉄道ファンに限定されていることや、鉄道車両や鉄道施設の公共性の高さゆえの肖像権や意匠権の主張の困難さも理由の一つである。ただし、近年、駅構内や列車内でのビデオ撮影に関して、撮影をする鉄道ファンのマナー低下や、一般利用者とのトラブルが問題視されていることを理由として、個人による撮影は規制される傾向にある。展望ビデオ フレッシュアイペディアより)

  • 日本音楽制作者連盟

    日本音楽制作者連盟から見た肖像権肖像権

    現在音制連では、インターネット上の動画共有サービスにアップロードされている動画のうち、音制連に加盟するプロダクションと契約する実演家が登場しているものについて「肖像権侵害」を理由に定期的に削除申し立てを行っている。実際2009年(平成21年)1月にはニコニコ動画にアップロードされている動画に対し同理由による一斉削除が行われ、ネット上で話題を呼んだ。日本音楽制作者連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 日本音楽事業者協会

    日本音楽事業者協会から見た肖像権肖像権

    2004年3月に青山劇場にて創立40周年記念事業としてミュージカル『スター誕生』(演出:ラサール石井、主演:今井絵理子、島谷ひとみ、仲間由紀恵)を製作した。著作隣接権、肖像権の権利確立だけでなく所属事務所タレントの保険加入等タレントの福利厚生の充実にも力を注いでいる。日本音楽事業者協会 フレッシュアイペディアより)

160件中 31 - 40件表示

「肖像権」のニューストピックワード