160件中 51 - 60件表示
  • ヤングおー!おー!

    ヤングおー!おー!から見た肖像権肖像権

    他の1970年代製作の番組と同様、当時はVTRの規格が2インチでテープ自体が高価・編集も煩雑だったことに加え、公開番組が故に著作権や肖像権での制約も多かった事情も重なり、映像は上書き収録されほとんど残っておらず、現存するものは数本のみとされている。このうち1本(1979年4月22日放送分)は明石家さんまがトランポリンで飛び跳ねるシーンが登場するため、TBS系の番組名場面集などで放送されることもある。ヤングおー!おー! フレッシュアイペディアより)

  • サンテレビ土曜深夜アダルトバラエティ枠

    サンテレビ土曜深夜アダルトバラエティ枠から見た肖像権肖像権

    出演しているAV女優の著作権・肖像権を理由として、通常一度放送されると再放送されなかった。サンテレビ土曜深夜アダルトバラエティ枠 フレッシュアイペディアより)

  • 仁保事件

    仁保事件から見た肖像権肖像権

    仁保事件に題を得た「自白」というドキュメンタリードラマを朝日放送が1972年11月11日に放送を予定していたが、中立を欠いており、肖像権の侵害に当たるとして、前日に放送が急遽中止になった。又、同じく朝日放送が12月17日に冤罪の嫌疑を受けた男性に密着取材をした「二四時間」を放送予定だったが、これも中止となった。仁保事件 フレッシュアイペディアより)

  • まさに外道

    まさに外道から見た肖像権肖像権

    ニコニコ動画に投稿された元ゲイ・ポルノ俳優のビリー・ヘリントンを題材にしたMADムービー「本格的 ガチムチパンツレスリング」で、出演者の股間を隠す際に赤さんの顔が使用されている。2009年2月にマックスファクトリーがヘリントンのfigmaを発売した際には、付属パーツとして赤さんを付けて欲しいとの要望が有ったものの(この当時は男児の身元が判明しておらず)肖像権の問題で断念したとされている。まさに外道 フレッシュアイペディアより)

  • まだ恋は始まらない

    まだ恋は始まらないから見た肖像権肖像権

    後述の通り、高視聴率を獲得し、放送当時は、フジテレビや各地方局で再放送が行われていたが、2010年秋現在、ソフト化は実現していない。出演者の草彅剛がジャニーズ事務所所属であり、肖像権の管理に厳しいため、ソフト化の際に必要な所属事務所の許可が得にくく、迅速なソフト化への弊害になっているためであると見られている。まだ恋は始まらない フレッシュアイペディアより)

  • デザイン用語

    デザイン用語から見た肖像権肖像権

    肖像権(しょうぞうけん)デザイン用語 フレッシュアイペディアより)

  • よろセン!

    よろセン!から見た肖像権肖像権

    他のTXN系列4局では放送されていなかった。また、TXN系列局のない大半の地域での番組販売によるネットは行われていなかった。BSジャパンは音楽制作者連盟と著作権・肖像権の問題で折り合いが付かず、放送されていなかった。よろセン! フレッシュアイペディアより)

  • マリー・ローランサン

    マリー・ローランサンから見た肖像権肖像権

    徹子の部屋…テレビ朝日系列で放送中の黒柳徹子司会のトーク番組。番組のセットに1976年の第1回放送から1990年までは、マリーの作品の絵画をセットの一部に設置していたが、現在は肖像権の関係で、当時の映像が放送される際に絵画にぼかしがかけられている。マリー・ローランサン フレッシュアイペディアより)

  • ペ・ヨンジュン

    ペ・ヨンジュンから見た肖像権肖像権

    2009年2月12日、オークラ出版の雑誌『ペ・ヨンジュン来日特報 It's KOREAL 08年7月号増刊』で、大量の写真を無断掲載したとして、肖像権(パブリシティ権)侵害を理由とした損害賠償請求訴訟を東京地方裁判所に提起、2010年10月21日に東京地裁はオークラ出版に対して440万円の支払いを命じている。ペ・ヨンジュン フレッシュアイペディアより)

  • ゼロセン (漫画)

    ゼロセン (漫画)から見た肖像権肖像権

    作中の登場人物が実在の人物をモデルとしていたことから、肖像権や名誉毀損を巡る民事訴訟が起こされている。作者の加瀬は、雑誌に掲載されていた実在の人物の容姿を参考にして、「悪羅悪羅」のリーダーを描いていた。ところが、そのモデルとされた人物から承諾を得ていなかったことからトラブルとなり、当該人物が発行元の講談社に損害賠償を求める訴訟を起こした。東京地方裁判所の一審判決では、「登場人物は男性と酷似し、グループの属性も男性を連想させるもので、容姿を描写した漫画をみだりに公表されない肖像権を侵害した」として、講談社に対して55万円の支払いを命じた。ただ、判決では「読者は架空の人物と分かる」とも指摘しており、名誉棄損の成立については否定された。なお、問題のシーンは単行本では描き直しがされている。ゼロセン (漫画) フレッシュアイペディアより)

160件中 51 - 60件表示

「肖像権」のニューストピックワード