160件中 81 - 90件表示
  • ときめきメモリアル

    ときめきメモリアルから見た肖像権肖像権

    三和出版が1996年に成人向けアンソロジーコミック『ときめきALBUM』を出したところコナミ側がいわゆるキャラクター権侵害として抗議し、翌1997年に三和側が謝罪広告を出すまでになった。なお、1998年には毎日コミュニケーションズからコナミ公認のアンソロジーコミックが発売されている。ときめきメモリアル フレッシュアイペディアより)

  • 人生ゲームハイ&ロー

    人生ゲームハイ&ローから見た肖像権肖像権

    当番組が放送された当時のVTRの事情、および著作権法、肖像権の絡みなどで、番組の資料保存が制約されていた事情もあって、少なくとも『人生ゲーム』・『社長ゲーム』時代の映像は、1本も現存していないと考えられる。人生ゲームハイ&ロー フレッシュアイペディアより)

  • パリス・ヒルトン

    パリス・ヒルトンから見た肖像権肖像権

    過去にはパリスが訴えたこともある。グリーティーング・カード会社の最大手ホールマーク社が2007年初めにパリスの顔写真が印刷され、口癖である「That's Hot」が書かれたカードを発売したことに対して、肖像権の不正使用とプライバシーの侵害であると使用差し止めと10万ドル(約1000万円)以上の損害賠償を求めて同社を告訴した。ホールマーク側は同カードは有名人や政治家を風刺したシリーズの一環と説明し、「これらのカードは、パリス・ヒルトンを含むセレブリティにまつわるニュースやゴシップを風刺的に扱ったもので、当社はヒルトン氏のいかなる権利も侵害していないと考える。」としている。パリス・ヒルトン フレッシュアイペディアより)

  • 上田ちゃんネル

    上田ちゃんネルから見た肖像権肖像権

    番組の制作予算の関係上「番組として公式ホームページを作る予定はない」ことから、外部リンクにもあるように番組ファンの一視聴者が開設したブログを勝手に「公式サイト」と認定しており、番組のスクリーンショットの掲載等も容認している。キー局制作のテレビ番組は通常著作権・肖像権等に対して厳しい姿勢を取ることが多い中で、本番組の姿勢は異例といえる。上田ちゃんネル フレッシュアイペディアより)

  • 靖国 YASUKUNI

    靖国 YASUKUNIから見た肖像権肖像権

    また、撮影された刀鍛冶職人やポスターに写っている自衛官は、「内容を騙されて撮影された」「許可をしていない」などと述べたとされ、肖像権の問題も論じられた。靖国 YASUKUNI フレッシュアイペディアより)

  • バーチャルコンソール

    バーチャルコンソールから見た肖像権肖像権

    旧ハードのゲームには、本来ゲームのキャラクターではない漫画・アニメ・特撮・映画などのキャラクターを起用したキャラクターゲームや、実在の芸能人などを起用したタレントゲームも多数含まれているが、発売から10年以上経過したことで版元の事情やライセンスの方針が大きく変わり、タレントゲームにおいては肖像権の問題で許諾を得るのが難しくなっているため、あまり多く配信されていない。バーチャルコンソール フレッシュアイペディアより)

  • 馬場元子

    馬場元子から見た肖像権肖像権

    馬場 元子(ばば もとこ、1940年1月2日 - )は、ジャイアント馬場夫人(寡婦)で元全日本プロレス社長、元全日本プロレスオーナー。兵庫県明石市出身。2010年現在、ジャイアント馬場の肖像権などの管理会社である株式会社ミスタービィの社長を務める。馬場元子 フレッシュアイペディアより)

  • Google マップ

    Google マップから見た肖像権肖像権

    Google側は、肖像権については自動認識プログラムでぼかしを入れて修整することで解決する、とコメントしている。現在のところ顔やカーナンバーが表示されている箇所や誤認識されている箇所などが報告され、完全には解決していない。また、私有地内の道路、関係者以外進入禁止と明記されている道路や、女子高校敷地内の道路までも撮影を行っていること、さらには横浜市の条例に違反する行為や自動車通行止めを無視して進入した事例も報告されている。Google マップ フレッシュアイペディアより)

  • ジー・テイスト

    ジー・テイストから見た肖像権肖像権

    2006年6月 - 新日本プロレスとの間でプロレスラー・アントニオ猪木の肖像権等の使用許諾契約を締結。ジー・テイスト フレッシュアイペディアより)

  • 高見沢杏奈

    高見沢杏奈から見た肖像権肖像権

    その後はOLをしていたが、1997年にAV時代の写真が風俗店の電飾看板に使用されていたことが勤務先で話題になり、会社を辞めるはめに。これが伏線となり、1998年に6年にわたってツーショットダイヤルなどの雑誌広告に無許可で写真を利用していた業者に、総額4,440万円の支払いを求める内容証明を送りつけた。一連の経緯を報じた写真誌「フライデー」(1998年3月6日号)では、裁判に打って出る構えを見せていたが、同年の週刊誌「SPA!」(1998年6月24日号)では、肖像権をめぐる裁判の困難さに嫌気が差したとして、別の解決策を探ることを示唆しており、どのような結末になったかははっきりしていない。高見沢杏奈 フレッシュアイペディアより)

160件中 81 - 90件表示

「肖像権」のニューストピックワード